誕生日占い

【誕生日占い大全】7月2日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは7月2日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

7月2日生まれの人は「愛を与える癒しのサポーター」です。常に誰かの役に立ちたい・助けたいという気持ちが強く、困っている人にはすぐに手を差し伸べる優しさ・勇気を持っています。見返りを求めない無償の愛を実践できる人です。

単独で行動するよりも集団の中にいる方が安心するタイプです。リーダーとして人を引っ張っていくよりも、陰でみんなを支える縁の下の力持ち的な存在です。

必要な時には単独で行動することもありますし、自分の意見もハッキリ主張します。何かを判断する際にも、基本的に独りよがりになることなく、周囲の意見を聞いて総合的な結論を出します。

周囲の人に合わせて行動でき、その場の空気も敏感に読み取って柔軟な対応をします。穏やかな性格でケンカや争いごとを好まないので、周囲の人も安心して接することができる人物です。

緊迫した空気になっても和やかなムードに切り替えてしまう才能も持っています。癒し系キャラでもあるので、あなたの周りに人も自然に集まってきます。

人の役に立ちたいという気持ちが強い人で、奉仕活動やボランティア活動にも熱心です。無償の愛を人に与えることに喜びを感じます。小さな動物や自然環境を大切にし、自分を犠牲にしてでも活動に励むことがあるでしょう。

ただし、豊かな生活にあこがれている部分もあります。「無償で人の役に立ちたい」という自分のポリシーに反することもあって、しばしば自分の中で葛藤することもあるでしょう。実際に経済的に恵まれた生活をしていれば、自分に罪悪感を覚えることがあるかもしれません。

移り気で飽きっぽいところがあり、一つの物事に長く集中できないことがあります。さらに、次から次へと現れる選択肢にあれこれと迷ってしまう優柔不断な面もあります。

自分では1つに決められず、最終的には周りの人間の意見で決まってしまうことも。自分にとって最も重要なことは自分で決めるといった心の強さも必要です。

周囲の人に合わせようと人の顔色をうかがうようなこともあります。特に対人関係に不安を抱いている時に多いかもしれません。普段は自分らしさを守りつつ周囲に協調していますが、そういった際には無条件で人に歩調を合わせることに腐心します。

実際に人間関係のことで悩み始めると、強いストレスを抱くことがあります。人から悪く見られることを極度に恐れていることもあって、自分のマイナス感情を外に吐き出すことができません。そのため、自分の中に悩みを抱え込んでしまうことになります。

7月2日生まれの隠れた本質や使命

周囲の人に合わせるのか、自分のこだわり・スタイルを貫くのか、迷ってしまうことが多々あるでしょう。さらに、自分を犠牲にしてまでも社会に貢献しようという気持ちが強いです。しかし、自分の感情や主張を必要以上に押さえつけてしまっても、結果的に思わしい結果にはなりません。

ただ、この日生まれの人は2つの相反するものをうまく調和させる力を持っています。どちらか一方に偏ることのない妥協点を見出すことで、自分にも他人にも最良の選択を見出すことが可能です。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

対人関係で悩み、自分らしさ・自分のスタイルを保つのが難しい局面もあるでしょう。しかし、そんな時には集団・グループから一時的に離れることも必要です。すべての人から「いい人」と思われることは土台無理な話です。

自分の本心を素直に打ち明けられる人が必要です。自分のことをよく理解してくれる友人や恋人・パートナーの存在が重要になります。

誰かの役に立つことを誇りに思っています。しかし、自分が必要以上に頼られることで相手の依存を深めてしまうこともあります。

困っている人を助けるのはもちろんですが、彼らの一人ひとりが自分で問題を解決できるよう「自立」をサポートするのが最終目標です。延々と要求された都度応じるのではなく、徐々に自立という方向に持っていくことが大切です。

7月2日生まれの恋愛時の資質や注意点

自分と同じように社会に貢献したいという気持ちのある相手に惹かれます。ボランティア活動などを通して知り合うかもしれません。お互いにいい意味で刺激し合い成長できる相手を欲しています。

しかし、移り気で優柔不断な面があるため、なかなか恋人候補・結婚相手を一人に絞り切れません。決定するのに他人の意見を尊重することや、判断に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

恋愛に対しては基本的に受け身でいること、さらには恋愛=結婚と考えることもあり、それが慎重さを生み出していることも。

特定の相手が決まって落ち着けば、愛する相手に一途に尽くします。ただし、喜怒哀楽の感情が激しく、特に激情的な部分がある相手と一緒になってしまうと、いつも相手のご機嫌を伺いながら行動してしまうことも。

また、結婚後は周囲の人からの評判を気にするようになります。特にパートナーの親族からの評価には必要以上に神経質になってしまうかもしれません。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

優柔不断な面があって、なかなか結婚に踏み切れないこともあるでしょう。しかし、結婚という節目はあなたにとって非常に大切なライフイベントです。人の意見は参考程度にとどめ、後悔しないためにも自分で決断することが大切です。

いつも相手の顔色を気にしてしまう癖があります。そのため、自分の感情をしっかりコントロールできる相手が理想です。さらにあなたのそういった面を理解し、悩み事を心置きなく打ち明けられる、信頼できる相手が理想です。

周囲からの評判に対して神経質になってしまうことがあります。自分のやり方・スタイルについて干渉されることもありますが、あまり深く考えずに受け流すような心の余裕も必要です。自信がないことには自分で自信をつけるための努力も必要です。

7月2日生まれの仕事の資質や適性、注意点

どんな環境の職場にも溶け込み、人になじみます。周囲に合わせて一緒に行動するので、職場でも好かれることが多いでしょう。周囲への細かい気配り・配慮や、臨機応変な対応を高く評価されます。自分ひとりで作業するような仕事よりも、人との関わりがある仕事を好みます。

コミュニケーション能力や思いやりの気持ちもあるので、部下・後輩の面倒を見ることもあるでしょう。自分が楽しいと思える仕事であれば、あなたの持ち味は最大限に活かされます。

感性が高いこともあり、芸術や文学といったクリエイティブな仕事にも適性があります。また、サポート的な業務としては秘書や裏方的な業務、医療関係であれば看護師や介護士といった仕事も向いています。

ただ、神経質な面があり、特に気難しい上司の下で働いている時には、必要以上に神経をとがらせて顔色をうかがってしまうこともあるでしょう。そのため、これまで以上にストレス・疲労を溜め込んでしまう可能性があります。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

感受性が高いことや、誰かの感情に左右されてしまうこともあって、人一倍ストレス・疲労を溜め込みやすいタイプです。自分の悩みを人に打ち明けることも大切ですが、悩みを打ち明けるのは口の堅い信頼できる人物を選びましょう。人選を誤るとかえって人間関係が悪化してしまうことも。

また、ストレスや疲労を感じたら、適度に休息・リフレッシュなども取り入れるようにしましょう。

親しみやすいこともあって、人から頼られることも多いでしょう。相手を自分に依存させるのではなく、自分で解決できる方向に持っていくようなサポートをするように心がけましょう。そうすることで相手も成長できますし、あなた自身も本来力を入れるべきところに集中することができるようになります。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

金運は安定しています。収入と支出のバランスを保ち、コツコツと堅実に貯金を行っていくタイプです。巨万の富を築くよりも、貯蓄や資産運用などによって時間をかけて財を築き上げていきます。

お金の管理には非常に長けていますが、注意しておきたいのはお金が絡む人付き合いです。周囲の人に合わせようとする性格なので、浪費の傾向がある人と関わると同じようにお金を使ってしまいます。

逆に、倹約家と一緒に行動すれば同じように、出費を極力抑えるようなお付き合いになります。

さらに、人の役に立ちたいという気持ちが強いこともあって、困っている人にお金を貸す・寄付するといったこともあります。その際には、まとまった金額になってしまうこともあるので注意しましょう。

7月2日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月19・28日、2月9・18・28日、3月8・17・26日、4月6・16日、5月6・20日、6月5・16日、

7月4・27・31日、8月3・22・30日、9月2・10・29日、10月1・10・21日、11月8・18日、12月8・17日

【仕事・対人関係】

1月17・29日、2月16・27日、3月15・25日、4月5・14・23日、5月4・21・31日、6月19・30日、7月2・30日、8月1・10・28日、9月9・18・26日、10月8・17・26日、11月7・16・22日、12月7・15・24日

【ソウルメイト】

1月7・12日、2月5日、3月3日、4月1・9・21日、5月2・29日、6月1・4・27日、7月24・25日、8月23日、9月21日、10月19日、11月17・20日、12月15日

7月2日生まれの誕生花と誕生石

  • カラー(白)
  • バリスサイト

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • ヘルマン・ヘッセ(作家)
  • 小柳ルミ子(歌手)
  • 西川きよし(タレント)
  • 三宅健(タレント)
  • リンジー・ローハン(女優)