星座占い

双子座と蟹座の相性を解説

双子座と蟹座の基本的な相性はどう?

双子座と蟹座の二人は束縛を嫌う

交友関係の広い双子座と人見知りな一面のある蟹座は、行動範囲や動くスピードが違います。関係を良好に保つには、お互いの気遣いが不可欠と言えるでしょう。特に、独占欲からくる束縛には注意が必要です。自由とコミュニケーションを愛する双子座は、好奇心の赴くままアクティブに行動します。一方の蟹座は身内意識が強く、家族や仲間、自分だけの趣味の世界を大切にしており、自分のテリトリーを守るために行動します。どちらも行動に制限をかけられることを嫌うため、相手を束縛しないお付き合いがベターです。相手の世界を尊重することで、お互いを補い合える関係へ発展するでしょう。

双子座と蟹座の二人は話し合えば打ち解け合える

正反対の要素も持っている双子座と蟹座ですが、全く理解し合えない関係ではありません。お喋り好きな双子座は、誰からも慕われやすく、蟹座の人もじっくり話をすることで双子座のユーモラスで楽しい人柄を知り、相手を受け入れるようになります。そもそも蟹座の人は、一旦自分の側に取り込めた人とはぶれずに親しく付き合うことができ、双子座の人も、蟹座の人の親身になるところや、人を身近に惹きつけてしまう力を羨ましく感じることもあるでしょう。双子座の知性は、蟹座の「相手の心を開かせる力」の価値を理解できるとも言えます。

双子座と蟹座の二人は正反対の性格

蟹座の人は、双子座の人のように、自由に物事を捉え、さっさと進んでいくところに、尊敬することもあれば、やや抵抗を感じることもあります。それは関係性が近いほど、負担に感じる傾向が強くなります。双子座の人は、物事を重々しく捉えたくなく、いつも軽妙に、ユーモラスな状況であることを好みます。一方蟹座の人は、感受性が強く、ちょっとしたことでも傷つきやすく、後々まで引きずってしまいがちです。また、現状維持を好み、例え相手と険悪になっても心変わりをしないことが多いのです。ただ、双子座の人がいつも自由気ままに振る舞い、それが度を越してしまうと、蟹座の人はついていけなくなるでしょう。

双子座と蟹座の二人の恋愛相性はどう?

二人の相性は40%

保守的で、なかなか相手に自分を曝け出すことのない蟹座の人は、あっけらかんとした双子座の振る舞いに羨ましさを感じながらも、理解してもらえない、と感じる気持の方が大きく働いてしまうでしょう。双子座も、朗らかで気前のいい蟹座の良い一面は理解するものの、時には蟹座の人だけが良い人と思われることに、不愉快な気持ちを覚えることもあります。蟹座の人は、「拒む」ということに対し、基本的に申し訳ない、感じてしまう傾向があるため、時に双子座の自覚のない我儘な言動のいいなりになってしまうこともあり、ストレスを抱えやすいと言えます。

うまくいく秘訣はしっかりと自分の意見を伝えること

双子座の人はいつでも身軽に外に飛び出していこうとし、蟹座の人は、時に自分の気持ちを邪険にされているかのような思いをすることもあるでしょう。それでも蟹座の人は、一旦愛情に結ばれたなら、それが自分に不利に働いたとしても、なかなか自分から心変わりをするようなことはありません。自分の気持ちを押し殺してしまうことも多く、自らを犠牲にしがちになります。双子座の人は、会話すること自体は嫌がらないので、あまりに自己中心的に行動するような時には、蟹座の人が、いかに自分の気持ちをうまく伝えていくかが大事になります。

双子座と蟹座の二人が注意したいのは適度な距離感を保つこと

双子座の人は、蟹座の人と恋愛関係にあったとしても、いつも愛情を感じていたい蟹座の人と違い、密接な時間を共に過ごす時間は必要ないと考えます。根底にしっかりと絆が結ばれていれば安心で、いつでも戻ってくる場所さえあれば孤独を感じることは少ないからです。蟹座の人が、元気に飛び回る双子座の人の習性を理解できていれば、安心を感じ、相手に振り回されることなく待つこともできます。お互いがいつも適度な距離を置いて過ごすことを習慣づけることで、いい関係性を保つことができます。

結婚の相性は相手の価値観を理解することで家庭円満

双子座と蟹座の二人は、お互いの価値観を認識していれば、どちらも平和志向であるため、争い事には発展しません。ただし、双子座の広い交友関係に、蟹座が嫉妬心を感じることもあり、一定の自由を認め合う関係が長続きする上で大事である、との理解は必要になるでしょう。蟹座の人が、自分と同等に愛情を求めてしまうと、双子座の人は息苦しくなります。双子座の人の場合は「人間愛」的な感情で、休日には家族とレジャーを楽しみたいとも考え、いつも家族全員のことを気にかけています。そのことを頼もしく感じ、いつでも帰る場所を明るく整えておくことで、双子座の人は、身も心も安らげる、快適な家庭生活に喜びを見出すでしょう。

合わせて読みたい