星座占い

牡羊座と蟹座の相性を解説

牡羊座と蟹座の基本的な相性はどう?

牡羊座と蟹座の二人は役割分担をしやすい

牡牛座と蟹座の相性はまさに最高です。お互いを相互に援助しあい、上手に役割分担ができる関係性です。蟹座の方は、相手のことを思いやり慈悲深く、さらに人のことを引っ張って行こうとするタイプです。他の人を自分が守っていこうとするタイプですね。逆に牡牛座の方は、自身もマイペースでイケイケの人物だけでなく、ドーンと大きく構えた包容力の高い人間を好みます。また、リーダー気質のある蟹座の方は、おっとりマイペースな牡牛座の人のペースメーカーとして、また牡牛座の方は、蟹座の安住の地として機能し、互いを補完し合えることでしょう。

牡羊座と蟹座の二人は正反対の性格

牡羊座と蟹座の二人は、ともに第一印象が柔和で誠実感があり、親しみを感じやすい者同士と言えます。ですが、牡牛座の人の、さっぱりしたストレートな面が、時に感情表現に労りを感じなかったり、表面的な物言いでしかない、と思ってしまうと蟹座にとっては受け入れがたくなり、時には「敵視」のように感じられてしまうこともあるでしょう。この摩擦が生じると、蟹座の人のほうで、牡羊座の人をシャットアウトしてしまう傾向があります。また、牡羊座の人も苛立ちを感じてしまい、二人の関係を放棄してしまうこともあるでしょう。どちらも短気になった時に「正反対」の性格が浮き彫りになります。

牡羊座と蟹座の二人は一緒に行動すると知識と行動範囲が広がる

牡羊座と蟹座は一緒に行動することによって色々な知識を学ぶことができつつ、行動範囲もかなり広がるため、ビジネスパートナーや友人同士としての相性は良いものとなっています。牡羊座はチャレンジ精神が旺盛であり、挑戦してみたいことがあれば臆すること無く行動に移しつつ、チャレンジしていく力を持っていて探究心も強めです。一方で蟹座は知的かつ頭の回転も早く色々な情報や知識があるため、支援役として力を発揮しつつ、新たなに知識を覚えたり技術を磨いたりできます。

牡羊座と蟹座の二人の恋愛相性はどう?

牡羊座と蟹座の相性は二人の相性は40%

牡羊座と蟹座の相性は良いように見えて実は微妙な感じとなっていて、相性は10段階中の間でいうと4段階ほどであり実は微妙な相性なのです。牡羊座は自己主張とかも少し強めのタイプでありつつ、自由奔放な部分があり、浮気に逃げる性格を持っていたりします。蟹座は主張や発言をするのが苦手であり聞き手にまわることが多いけど、強めでガツガツこられるとストレスを溜め込んでしまい相手の浮気を許すことができない性格でもあります。そのためお互いの性格とかをしっかりと把握する必要があるのです。

うまくいく秘訣はそれぞれの得意分野で協力すること

牡羊座と蟹座の恋愛における相性は、少し難しいものとなっています。この二人がうまくやっていくためには、それぞれの得意分野で協力すること、これが重要です。愛情深く、一途な思いを持つ蟹座。そして、牡羊座の方は、比較的直感的な恋愛を好む傾向があります。蟹座の方はそんな牡羊座を包容力で包みあげること。これが重要になっていきます。しかしながら、そんな蟹座の方も時として不安になってしまうことがあります。そんなとき牡羊座の方が、少し歩み寄ってあげることが重要でしょう。

牡羊座と蟹座の二人が注意したいのは束縛をしない

牡羊座と蟹座の男女が恋愛をした場合、気をつけたいのはお互いを束縛しないことであり、牡羊座は恋をすると周囲がまったく見えなくなってしまいうので恋する相手のことしか考えられなくなり相手を束縛しやすくなってしまう傾向に陥ります。蟹座はいかなる環境や相手を受け入れようとするため色々な場面で溶け込むことができる性格であり、押しとかにも弱いですが、一番気をつけたいのはしつこくつきまとうような行為や束縛といったことを激しく嫌うのタイプであります。そのため、牡羊座と蟹座が交際をする際は適度な距離を保ち、お互いのプライベートや時間を大切にしてあげるのが恋愛をうまくすすめるコツとなっています。

結婚の相性は夫は仕事中心、妻は家庭中心の考えを理解できるか

牡羊座は、勢いのよい星座で、「勝負」ということが常に念頭にあり、他者におもねらない強さと打たれ強さで、仕事でも頭角を表していくでしょう。牡羊座は、時に仕事が勢いにのって面白くなっていくと、家庭のことは蟹座に任せきり、という事態も起こり得ます。なにしろ、蟹座は家庭的で愛情深いので、愛する人のために「家庭のことは任せて」、と支える傾向は強いと言えます。お互いが得意分野をわきまえ、尊重できていれば、うまくいくことも多いでしょう。

合わせて読みたい