花言葉

【花言葉辞典】牡丹の花言葉一覧!色別・怖い・風水的な意味や贈り方・飾り方のポイントを解説!

牡丹の花の特徴や名前の由来

牡丹のお花は、小さな花びらと小粒の花の形が印象的なお花です。中国原産で、楊貴妃のシンボルでもあります。楊貴妃といえば、美の象徴として女性にとってはあこがれの存在でもあります。今でも多くの方に愛される楊貴妃を感じらせるのが牡丹です。

牡丹の花言葉の意味とその由来とは?

≪牡丹の花言葉≫「富貴」「権威」「花王」

牡丹は絹のような見た目ながら触ってみると意外に1枚が分厚く、その花の1枚1枚が重なっていく事で他の花よりも圧倒的な存在感を放ってはいますが、目立ちすぎる事もない、親しみのある美しさを表したその様子から「権威」や「花王」、「富貴」という花言葉が付いたと思います。

≪牡丹の花言葉≫「美人のシンボル」

牡丹の花言葉は、「富貴」「権威」「花王」として知られていますが、じつは美人を象徴するお花でもあります。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ということわざを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ボタンは、そこにあるだけで美を感じさせてくれる美人を象徴するお花として長い間親しまれてきました。

≪牡丹の花言葉≫「思いやり」「恥じらい」

牡丹の花ことばは思いやり、恥じらいなどがあります。その花ことばを象徴するように、花弁がまるで自分を隠すように、中央に向かって生えています。恥ずかしそうに顔を隠しているようなので、花ことばが恥じらいとされたのかもしれません。西洋ではピオニーとも呼ばれ、人気があるお花です。

≪色別≫赤色や白色、ピンク色の牡丹の花言葉

牡丹は色別の花言葉は特になく、牡丹の種類によって分けられているので、花言葉は牡丹全体と同じ「王者の風格」、「恥じらい」、「人見知り」、「誠実」という花言葉になります。他の花よりも風格や凛々しさがある中に少しだけ人見知りや恥じらいという弱い部分があるので他の花よりも目立つ存在なんだと思います。

≪品種別≫冬牡丹の花言葉

冬牡丹は普通の牡丹に比べて花自体の大きさ、花の色が薄くなっています。牡丹の花は本来暖かい季節に咲くので花びらの1枚1枚が大きくなりますが、冬牡丹は寒い冬に人工的に育てているので、中国では暖かい季節に咲く牡丹が冬にも咲くことで幸せを運んでくるという縁起物になっています。

≪品種別≫寒牡丹の花言葉

寒さに強い寒牡丹は、健気で凛とした雰囲気があるので、周りの空気を引き締めるような美しさが感じられます。花ことばは、風格や富貴と、まさに気品にあるれるお花の雰囲気にぴったりです。春と初冬に花をつける二季咲きの牡丹は、冬の寒さに耐える強さを感じます。

【贈り方】牡丹を渡す時のポイントとは?

牡丹は身分が上の人に贈るのに最適

大輪の豊麗な花と上品な色彩をもつ牡丹は、見る人に格調高い印象を与えます。
その姿の通り、牡丹には「高貴さ」や「王者の風格」といった威厳のある意味が込められています。
牡丹は、尊敬をする上司や社長、年上の女性など、目上の人に贈る花として最適といえるでしょう。

女性に贈るならピンク色

牡丹を女性に贈るならどの色がいいか迷うところです。そんな時は、ピンクの牡丹がおすすめです。可愛らしくて可憐な牡丹ですが、なかでもピンクはやさしくて高貴な印象です。女性にはぴったりの華やかさもあり、プレゼントしたら喜ばれることまちがいありませんよ。

男性に渡すならオレンジ色

何枚にも花びらが覆い重なりゴージャスな花というイメージがある牡丹。普段目にすることの多いピンク色のほかにオレンジ色の牡丹もあることはあまり知られていないかもしれません。ビタミンカラーの代表でもあるオレンジは、見る者の気分を前向きにしてくれるだけでなく、自分自身の中にある社交パワーも格上げしてくれる色。そのパワーを自分だけに使うのはもったいない!例えば「最近元気ないなぁ」という男性へ贈るプレゼントとして牡丹を使ってみましょう。ピンクのような女性らしい色ではなくあえて男性ウケも狙えるオレンジ色を選んで贈れば、牡丹そのものが持つパワーにプラスしてオレンジが持つ朗らかさと軽やかさが彼に勇気と自信を取り戻させてくれるはずです。

【風水効果】牡丹を飾る時のポイント

ヤマユリ 「山百合」
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と言う諺があります。美しい女性を花で表現した言葉でです。
ヤマユリは一番花びらが大きいため、綺麗な女性の歩く姿がユリに例えて女性の姿がゆりのようだと言われています。
花言葉は「威厳」「荘厳」「甘美」「純潔」と色々な意味があります。
人に送るときは気おつけて送ったほうがいかもですね、誤解をうみかねません。

≪恋愛・結婚運UP≫ピンク色の牡丹

好きな人がいる、結婚したい人がいる、交際中の彼がいる、そんなかたにおすすめなのがピンク色の牡丹です。みためも可愛らしく、お部屋に飾っておくだけで恋愛や結婚の運気が上がりそうです。良縁を運んできてくれる幸せなお花として人気です。

≪健康運UP≫赤い色の牡丹

真っ赤な牡丹は、情熱や元気、パワーの象徴です。見ているだけでも元気が出てきそうです。小さくて可憐な花なのに、どこにそんな元気があるのだろういつも上を向いて前向きは印象のお花です。お部屋の北や西に飾ると生命力があふれてきます。

≪仕事運UP≫白い牡丹を北西に置くと◎

仕事で失敗をしてしまったり、思うようにはかどらない、上司に怒られたなど、仕事上で気になることがあれば、白いボタンをお部屋の北西に飾ると仕事運が上がります。転職を考えている方や就職活動を始める方も白のボタンをお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい