花言葉

アスターの花言葉や由来|色別(赤色・ピンク・白色・青色・紫色)の意味から怖い意味まで丸わかり

アスターの花の特徴や名前の由来

アスターは本来の名を「エゾギク」といいましたが以前アスター属に分類されていたため園芸関係者の中ではアスターと呼ばれています。(現在はエゾギク属に分類)花弁がびっしり詰まった花とそれを覆う葉の様子が冠のように美しい花です。

アスターの花言葉の意味とその由来とは?

≪アスターの花言葉≫親孝行

「親孝行」ときくとつい他の花を連想してしまいがちですがアスターの花言葉の一つとは驚きですね。この花は仏前に供える花としても活躍する種類ですから御先祖さまや親御さまに向けて気持ちを伝える為ならピッタリという事なのかもしれません。

≪アスターの花言葉≫優美

アスターの花言葉は「優美」です。夏から秋にかけて咲き、花冠が大きく美しいアスター。このことにちなみ、学名の「Callistephus(カリステプス)」は、「美しい冠」を意味します。色彩豊かで、品種改良によって様々な種類があります。

≪アスターの花言葉≫健やか

庭を彩る花としても、切り花としても人気のあるアスター。多くの品種があり、花の色もバラエティに富み、さまざまな咲き方で楽しませてくれる夏の花です。性質も強健で育てやすいことから、「健やか」という花言葉があります。

≪アスターの花言葉≫私の愛はあなたの愛より深い

黄色い芯の周りに、あざやかな色合いの花弁をつけるアスター。恋占いにも使われる花で、恋愛にまつわる花言葉が多く伝えられています。その一つが「私の愛はあなたの愛より深い」というものです。アスターを贈れば、自分の想いの深さを相手に伝えることができるでしょう。

≪アスターの花言葉≫あなたを信じているけど心配

アスターはキク科の花で供養花としても人気があります。白、紫、青色など可愛い花色が揃っています。そして「あなたを信じているけど心配」という花言葉には、一緒にいたいのに居られない、もどかしく不安な気持ちも伝えることができます。浮気を心配することもその一つですが、遠距離や単身赴任など相手を恋しく思う気持ち、こんなにも寂しいんだという自分の気持ちを、この青色の花に込めて送ってみてはいかがでしょうか。青色のアスターには「信頼」というもう一つの花言葉もあります。

≪色別≫赤色のアスターの花言葉

アスターと呼ばれるエゾギクは、咲き方の種類や花の色が豊富です。一重咲きであったり八重咲きであったり、またポンポン咲きになったりと、多様です。このように色々な咲き方や色をすることから、特に赤色のアスターには「変化を好む」というのがあるのです。

≪色別≫ピンク色のアスターの花言葉

あでやかなピンク色のアスターは、華やかで女性らしい印象を与える花です。恋にかかわる花言葉を多数もつアスターですが、ピンクのアスターの花言葉は「甘い夢」。恋人どおしで見る甘やかな夢のなかでふんわりと美しく花開く優しい花です。この花を贈れば、やさしいひと時を共にできるでしょう。

≪色別≫白色のアスターの花言葉

アスターは色んな色がありますが白いアスターの花言葉は「信じる恋」古くから恋占いに使われていたことにちなむといわれます。白くポンポンと咲く小さなこの花は可憐純粋なで少女の恋する気持ちの様ですね。

≪色別≫青色のアスターの花言葉

色とりどりの花を咲かせるアスター。その中で青色のアスターの花言葉は「信頼」です。青色が持つ、誠実・信頼といったイメージによるものです。また、マーガレットに似た咲き方をするアスターは古くから恋占いに使われていました。そこから「信じる」といったイメージが定着したのです。

≪色別≫紫色のアスターの花言葉

みやびな雰囲気の紫色のアスター。どこか気品を感じさせる上品な花です。花言葉は「恋の勝利」。意中の人と思いを通わせあう喜びをあらわす花言葉です。恋の行方を占うときに、想いが叶うことを強く願ってこの花を使えば、お目当ての人の心を勝ち取れるかもしれない…と思わせてくれる花です。

ウラソエ限定♡無料オーラ診断

誰しもが生まれ持つオーラからは、運命将来待ち受ける未来がわかると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、オーラから分かる真実を知りたくはありませんか?

そんなオーラ診断が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがですか?
RELATED POST