手相

月丘の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説が分かる!

手相占いにおいては、線とともに丘と呼ばれる手の盛り上がり部分も大切な鑑定ポイントです。手の平には大きくわけて9つの丘があり、その中でも月丘は親指と反対側の手首から上のエリアにあたります。月丘(げっきゅう)は感性や人間関係、コミュニケーションなどを司りますが、丘の膨らみやハリ・線の出方、そしてそこに表れる紋やマークなどで解釈は違ってきます。どういったポイントに注意して鑑定すればよいのか?また、よくない結果の時にはどうすれば改善されるのかについて詳しくお伝えしましょう。

【手相占い】月丘の位置や膨らみ方、基本的な意味とは?


月丘(げっきゅう)は手首の上の部分、感情線の始まり部分の下の第二火星丘(感情線から下の指一本分のエリア)のさらに下になります。月の女神であるアルテミス(ダイアナ)の司るエリアで、想像力やひらめきといったクリエイティブな能力を表しています。
また、月丘は自分の生まれ育った環境から離れた場所(外国など)、さらに自分の血縁者以外の人との縁についても示しています。ちなみにこれとは逆に、自分の故郷や血縁者との縁を表しているのは親指の付け根にある金星丘です。
さらに、自分の理想や夢、それに対する姿勢についても知ることができます。夢や理想を追い求めるロマンチストか、あるいは現実を重んじるリアリストかどうかも月丘の状態から判断できます。

膨らみが適度にある状態の意味

月丘の膨らみが適度にある状態なら、理想と現実のバランスがとれている人です。自分の抱いた夢や希望も高すぎず、低すぎずといったところで、自分の身の丈にあった目標設定をする人です。自分の目標を達成するための金銭感覚も優れています。
初対面の人と人見知りすることなく誰とでも打ち解け、環境に適応できる能力を持っています。
普段の生活の中でクリエイティブな部分が発揮されると、内面的にも豊かになれ、周囲の人々にもよい影響を与えるでしょう。おしゃれで美的センスの持ち主です。

膨らみが異常に発達している時の意味

月丘の膨らみが異常に発達している時は、クリエイティブな能力が人並み以上に優れています。芸術・音楽・文学といった分野で際立った才能を発揮するでしょう。
ただし、イマジネーション力が強いために、現実よりも理想や夢を重視するタイプかもしれません。現実からかけ離れたことを空想するような部分もあるので、もう少し現実に寄り添った考え方をするとバランスがとれるようになります。
夢や目標の達成のためにお金をつぎ込んで、収支のバランスが取れなくなることもあるので注意しましょう。

発達していない時の意味

月丘にハリ・弾力がなく発達していない場合には、夢や理想よりも現実を重視します。しかし、現実に甘んじてしまう傾向もあるので、目標や向上心といったものが必要かもしれません。目的のある貯金よりも、必要以上にため込む傾向があるようです。
また、環境の変化にうまくなじめずに苦労することもあります。もっとさまざまなものに関心を抱き、外に飛び出していくような勇気を持つように努力すると自分の世界が広がり、内面的にも豊かになれます。

月丘の見方・見るべきポイント①丘にある紋やマーク

紋やマークがクリエイティブな才能や社会性(人との関わり)を表す月丘にある場合、まず紋やマークそのものの意味を知る必要があります。
一般的に紋・マークのほとんどはラッキーな意味があり、その丘の象徴する意味を強めると考えます。しかし、他の丘ではラッキーな意味があるのに、月丘ではいい意味を持たない場合がありますので注意しましょう。
悪い意味が出ていてもあなたの努力次第では、開運につながっていくのでガッカリしないことが大切。
また、月丘に紋・マークが出ていても、月丘から出ている線が生命線・運命線や影響線といった線とつながっている場合には、その線の意味を強める・弱めることになります。その際は線の意味を優先して解釈するようにしましょう。

スター(星・アスタリスク)がある時の意味と見方


スターとは、短い3本以上の線が星形(アスタリスク)のような印を作っている相で、一般的にはスターがある丘の意味を強めます。
このスターが月丘にある場合には、クリエイティブな感性が豊かなので、想像力やひらめき・アイディアなどが仕事に活かされやすいでしょう。実際にクリエイターとして仕事・活動している人なら、仕事・作品が注目されて活躍できるかもしれません。
また、コミュニケーション力も高く、どんな人々ともうまくやっていけます。

トライアングル(三角紋)がある時の意味と見方


短い線が三角形を作っているのがトライアングルです。基本的にどの丘に表れていても吉兆なので、月丘に出ている際もラッキーです。クリエイティブな才能が発揮されやすく、ビジネスなどで成功を収めることがあるでしょう。
さらに、コミュニケーション能力にも恵まれているので、どのような環境にいても人間関係は円満です。困ったことが発生しても、周囲の人々がサポートしてくれるでしょう。ただし、月丘に表れている影響線などにトライアングルが現れている場合には、線の持つ意味を打ち消してしまいますので、判断する時には注意しましょう。

スクエア(四角紋)がある時の意味と見方


短い線が四角形を作っているのがスクエア(四角紋)です。丘に表れている場合、その丘のマイナス的な意味を補ってくれます。
膨らみのない月丘にスクエアがある場合には、月丘の意味を強めます。そのため、膨らみやハリがある人と同じように、クリエイティブな才能やコミュニケーション力に恵まれることを意味します。
また、月丘にあるさまざまな線(影響線など)の上にあれば、その意味を強めます。薄い線・切れ切れになっている線があっても、悪い意味を打ち消す作用があります。

十字紋(×印・クロス)がある時の意味と見方


十字紋とは短い線がクロスしている相です。一部を除いて、この十字紋がある場合にはその丘の意味を弱める作用があります。
月丘に十字紋がある場合には、現実に甘んじやすく、不平不満を抱きやすいタイプかもしれません。自分から人生を切り開いていこうとする積極性、人生における夢や目標といったものが必要でしょう。
また、対人関係で苦労しているかもしれません。相手に好かれたい・認められたいという気持ちの方が勝っているようなので、もっと相手を理解しようとする姿勢が必要です。

格子紋(グリル)がある時の意味と見方


数多くの縦線と横線が重なりあって格子のようになっている相です。この格子紋に関しては、出現している丘によってよい意味にも悪い意味にもなります。月丘に格子紋が出ていると、イメージ力やひらめきといったものが得にくいことを示しています。
しかし、イメージ力は自分で伸ばすことも可能です。イメージトレーニングに励み、イメージ力が付くようになると、自分の夢や・目標がかなったシーンを思い描く(イメージする)ことができるようになります。
そうすることによって、実際に夢・目標が実現しやすくなるでしょう。

フィッシュ(魚紋)がある時の意味と見方


なだらかな短いカーブが交差して魚のような形を作っていることがあります。これがフィッシュ(魚紋)です。とてもめずらしい相ということもあって、それだけにラッキーな度合いも高まります。特に生命線から月丘に伸びている「旅行線」にこのフィッシュがあると、思い出に残るようなよい旅行が楽しめる、旅行先で何らかのビッグチャンスが得られる可能性があります。しかし、悪い相の「シマ(島)」とよく似ているので、判断する時には注意しましょう。

ほくろがある時の意味と見方


想像力を象徴する月丘にほくろがある場合、想像力が度を過ぎて空想癖や自分の世界に引きこもりがちになるようです。また、被害妄想を持ちやすく、冷静に現実を見極めることができないことがあります。
自分の中のひらめきに従って行動する時には、他人が理解できるように説明できるかどうか考えてから行動に移すようにしましょう。
直感やインスピレーションで行動することもしばしばあります。しかし、第六感のようにきちんと論理的に説明できないことは、現実離れしていないかどうか、口に出す前によく考えるようにしましょう。

五芒星がある時の意味と見方


五芒星(ごぼうせい)は5本の線から成り立っている星の形をした印です。五芒星もスターと呼ばれることがありますが、先ほど紹介した米印(アスタリスク)のスターとは違いますので注意しましょう。
五芒星を持つ人はめったにいないので、非常にレアな手相です。そのため、この五芒星の手相を持っている人は、人とは異なった人生を送るともいわれています。
火星平原(手のひらの中央部分)に表れることが多いとされますが、月丘にも現れることがあります。
月丘に五芒星が現れている人は、世界規模の大きなチャレンジに挑む可能性があります。また、クリエイターとしても大成功を収めるでしょう。どんな困難な状況が訪れても冷静に判断・対応し、援助・サポートする人々にも恵まれます。

月丘の見方・見るべきポイント②丘にある線

月丘には手相を占う上で重要な線が存在するエリアです。生命線・運命線といった主要な線、影響線・旅行線・放縦(ほうじゅう)線といった補助線にも存在します。
これらの線が月丘にある、月丘から伸びている・入ってきていることで、月丘が象徴する意味と線の意味を組み合わせて考える必要があります。
これらの線がハッキリ出ている時はその線の意味が強まりますが、薄い・切れ切れになっている時にはその線の意味が弱められます。悪い意味が出ていても、あなたの努力次第で線の状態が変化し運が開けることもありますので、決してあきらめないで。
また、月丘からどこまで伸びているのか(突き抜けているか)によっても意味が異なってきますので注意しましょう。

横線がある時の意味と見方


月丘の中央から下の部分にある横線は「放縦(ほうじゅう)線」と呼ばれています。
放縦とは「自分の思いのまま」という意味で、手相においてはヴィア・ラシビア線とも呼ばれています。ヴィア・ラシビアとはインド語で自由や雲を意味します。言葉の通り、自由気ままに奔放に人生を楽しんでいる人によく見られる線です。
また、仕事に没頭して過労気味の場合にも現れやすい線です。特に日常生活において生活リズムがくずれがちなタイプが多いので、規則正しい生活や体調管理が必要です。線が濃く、生命線近くにまで伸びている場合ほど注意が必要です。

縦線がある時の意味と見方


月丘の縦線はハッキリしているか、それとも細い線かで解釈が変わってきます。ハッキリした縦線の場合には、感性豊かで美的センスに恵まれていることを示しています。ひらめきやアイディアも豊富で、ビジネスに活かせば成功を収めることがあるでしょう。
月丘に細かい縦線がある場合には体の不調が考えられます。特にストレスを抱えやすく、ストレスが原因で体調を崩しやすくなっています。無理をせずに十分な休息やリラックスが必要かもしれません。

斜め線がある時の意味と見方


月丘に斜め線があり、この線の先端が運命線に向いているなら「引き立て線」です。名前の通り、人に引き立てられて運気が上がっていることを示します。ピンチに陥っても、上司や先輩・友人たちに助けられることが多いでしょう。
また、あらゆる意味で人との出会いに恵まれています。特に恋愛面でよい出会いが期待できますが、中でも友人や知人などの紹介に頼るとチャンスに恵まれるようになります。
また、生命線から月丘に伸びている斜め線の場合は「旅行線」です。旅行に縁が深く、旅することで何らかのチャンスをつかみやすいタイプです。海外に関することにもツキがあります。
線が短かれば短期間の旅行や滞在が多いことを、長ければ海外などに長期滞在や移住する可能性があります。

月丘から運命線に伸びる線(影響線)がある時の意味


月丘から運命線に伸びる線を「影響線」と呼びます。人生において人から助けられることが多いタイプです。どこに行っても対人関係で悩むことは少ないでしょう。月丘から延びる線が運命線に届いていれば足元の土台がしっかりした人生が歩めます。
さらに、影響線の状態で結婚運を見ることができます。影響線が運命線に届いていれば、経済的に恵まれた相手と結ばれそうです。
影響線が運命線にまで達しない場合には、結婚に至る確率が低いことを、途中から運命線に並行している場合は腐れ縁になりやすいとされます。
また、影響線が運命線を突き抜けている場合は将来的に別れる可能性もありますが、夫婦で共同事業を始める・妻が大黒柱といったケースであればうまくいくようです。

運命線が月丘から伸びている意味と見方


運命線が月丘から伸びている場合には、自分の故郷や血縁者よりも、それ以外の人々と強い結びつきがあることを示しています。さらに、海外に縁があるので長期滞在や移住の可能性もあります。
人見知りすることなく、最初から誰とでも親しく打ち解けられるタイプです。コミュニケーション力のお陰で、生まれ育った環境がどんなに違っても、あらゆる人から受け入れられ、どのような環境下であっても順応できるでしょう。芸能人にも多く見られる手相です。
特に結婚後は舅・姑ともうまくやっていけます。自分の生まれ育った土地や親元から離れることで、人生がより切り開かれていくタイプです。

太陽線が月丘から伸びている


太陽線が月丘の上部から太陽丘(薬指の下)に向かっている場合、偶然のラッキーに恵まれやすいタイプです。別名「幸運線」とも呼ばれています。特にクリエイティブな才能が成功に結びつきやすいでしょう。
しかし、ただラッキーが自分のところに転がり込んでくるのを待っているだけではダメ。積極的に自分からチャンスを探しに外に出ていく姿勢が大切です。そうすることで自分にとってよい出会いやチャンスに恵まれるようになります。
また、自分の実力不足でせっかくのチャンスを取り逃がさないよう、しっかり対策をしておくことも必要です。

月丘から弧を描く線(直感線)が伸びている


月丘から水星丘にむかってカーブを描くような線が直感線です。直感やインスピレーションに優れているので、危険な出来事を事前に察知することもあれば、ラッキーチャンスの到来を前もってキャッチすることもできます。
観察力や洞察力にも優れているので、人の心に通じています。クリエイターとしてはもちろん。占い師・ヒーラーや心理学者といった仕事が向いているようです。
人が何を求めているのかをしっかりキャッチできるので、ビジネスに活かせば大きな成功を手にすることもあります。経営者やコンサルタントにも多くみられる手相です。

まとめ

月丘は9つの丘の中でも金星丘(親指の付け根部分)に次いで広いエリアということもあり、生命線・運命線といった主要な線や、さまざまな補助線が含まれている重要なエリアとなっています。
そのため、紋やマークの解釈ではこれらの線と接していないか、線の解釈では月丘からどこまで伸びているのかなどによって意味が変わってきます。
月丘は芸術的な感性や美的感覚を表すので、クリエイティブな仕事・活動をしている人には大切な部分です。さらに、コミュニケーション力を示しているので、人間関係などに悩んでいる人にとっては注目すべき部分であると言っていいでしょう。
自分の長所・短所を手相で知る・再確認することによって、よりよい人生を歩めるように努力していきましょう。

合わせて読みたい