手相

直感線(水星環)の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

【手相占い完全版】直感線(水星環)の見方とは?基本の意味と見るべきポイント

みなさんが珍しい手相と言われて思い浮かべるのはどんな手相ですか?恐らく「マスカケ線」や「覇王線」などが有名で珍しい手相として挙げられると思います。今回ご紹介するのは、そんな一般的に珍しいと呼ばれる手相よりもさらに稀な確率で現れる「直感線(水星環)」です。

手相の中でも滅多に見ることのできない直感線。その線が表す意味とは、神秘的とも言える人並みはずれたシックスセンスが備わっているという証です。そんな直感線が持つ効力や見るべきポイントを、詳しく解説していきます。

もくじ

【手相占い】直感線(水星環)の位置や基本的な意味とは?女性・男性の違いは?

直感線は、月丘(掌上にある小指の最下部で手首上部分の膨らみ)から水星丘(掌上にある小指のすぐ下の膨らみ)に位置し、緩やかなカーブを描いている線です。

この稀な手相を持つ人の特徴は、直感的なひらめきが非常に優れており、人並外れた反射神経を持つトップアスリートや、ここぞという時の決断力を持つ実業家や経営者に見られる手相の一つです。また、何となくの感覚で予感を的中させ、周りを驚かすこともしょっちゅうあるようです。

直感線において男女の効力の差はほぼなく、どちらも優れた第六感を持っているという意味になります。ただ、霊的感覚や直感という能力だけでいうと、男性より女性が優れているとされており、人の本心を汲み取り、より良い対人関係を築きやすいという特徴があります。

直感線(水星環)が現れる場所とは?月丘から始まり水星丘で終わるのが一般的

直感線の正確な形は、月丘から感情線に向かって伸びている湾曲した線で、長い線であれば小指の付け根まで伸びています。はっきりと現れる人は非常に稀で、綺麗に繋がっている線を持つ人は数万人に一人と言われるほどです。

また、直感線は生まれつきあることが多い線とされ、後からは出にくい手相としても知られています。もし生まれたての赤ちゃんにこの手相があれば、将来はどの分野でも活躍できる有能な人物になれることを示しています。

この手相を見るときは、複数の薄い細かな線から成り立つ形状が多いので、非常に見つけにくいといえます。直感線とよく間違えやすい線は、財運線です。月丘から水星丘を直線的に伸びる線であれば、それは長い財運線なので、間違えないように注意しましょう。

直感線(水星環)の見方・見るべきポイント①線の長さ・短さ

直感線の長さは、その能力を発揮できる期間の長さを表しています。もし現れている直感線が長ければ、長期的に能力を維持できることを表しているので、それを活かせる職業に就き活躍するのも良いでしょう。

例えば、人の感情を読み取ることに長けているため、カウンセラーや心理学者として癒しや安らぎを与えられる仕事。または直感を信じて進んでも選択を間違うことはないため、株の世界やコンサルティング業も適職と言えます。

直感線が短い場合は、人生でその直感力を得られる期間も短いことを表しています。安定してその効力が供給されず、過信して選択をしてしまうと後から後悔してしまう結果になりかねません。短い直感線は儚く、その効力がたった1日で終わってしまうこともあるようです。

線が伸びてきたように感じる

手相は、生きている間その人の行動次第でどんどん変化していきます。直感線が伸びた時は、日頃の行いから直感力が鍛えられたことを意味し、人生において直感力を得られる期間が伸びたことを表しています。

他人の決定に身を委ねず自分で判断し、選んだ道を突き進むという強い意志を持とうとする思考が、直感力を磨く近道です。そして普段から自分の直感を冴え渡らせるように意識して生活することも、直感力を鍛えられる行いの一つです。

直感線(水星環)の見方・見るべきポイント②線の濃さ・薄さ

線の長さと同様、線の濃さでも手相の表す意味には違いがあります。線の「長さ」では、その効力を受けられる期間を読み取り、線の「濃さ」では、その効力自体の強さを読み取ります。線が濃いものは手相の溝が深いもので、線が薄いものは手相の溝が浅いもののことです。

手相は今置かれている自分の状況を映し出すものです。もしあなたの手に直感線があり、それが濃くなった時はその効力が強まっていることを表し、薄くなっていたら、現時点で直感線の効力が少し落ち込んでいると読み取れます。

このように、手相が表しているメッセージを正しく読み取ることで、行動を起こすタイミングを見計らったり、決断を下す日を調整したりなど、日々の生活に役立てることができます。

はっきりと濃く表れている時は直感線の効力も強い

直感線が濃い場合は、その効力も濃く現れることを意味し、直感力が普通の人よりも一段と優れていることを表しています。人の感情の動きをいち早く察知し、その都度フォローをしたり、気配りをしたりと、周りからは気の利く人と捉えられやすいです。

また、優れた直感力で何をやってもすぐにコツを掴み、飲み込みが早いという特徴もあります。それに加えて抜群の反射神経も持っているため、特に運動能力においては類い稀なるセンスを発揮するでしょう。

薄く表れている時は直感力の効力も弱まる

直感線が薄く現れている場合、常人よりも優れた勘や直感が働きやすいですが、格別に強いわけではありません。日常生活の中で、「よくアイデアが浮かぶ」や「なんとなく閃く機会が多い気がする」など、曖昧な認識程度の効力でしょう。

特に直感線の効力が表立って出る身体能力の面では、ほぼほぼその効力は期待できないでしょう。人よりも対人関係を築くのが上手であったり、何と無くやってみたことがちょっとした成功を呼び込んだりする人には、薄い直感線があるかもしれません。

線が濃くなってきたように感じる

直感線が濃くなった場合は、元々持っている直感力がさらに強くなったことを意味しています。日常的に直感を冴え渡らせていると、稀に濃くなることがあるようです。

直感線が濃くなったと感じた時は、今現在の行動や思考が直感力を鍛えるのに適している証拠なので、維持することによりさらにはっきりとした存在感のある直感線になる可能性も十分にあります。今、直感線があるラッキーな人は、ぜひその線が濃くなるような行いを心がけてみてください。

直感線(水星環)が無い場合は直感力がない?

直感線がなくても、直感力がないわけではありません。むしろ大多数の人に直感線は現れていないので、ない方が当たり前くらいの感覚で全く問題ないです。もしあれば、それは特別な力が備わっているという魅力的な手相という認識になります。

どうしても直感線が欲しいという人は、金色、もしくは銀色のペンで線を書き足すと、その線が現れやすくなると言われているので、ぜひ試してみてください。

また、直感線以外にも掌の上に縦にできる手相は、良い意味を持つものが多いとされています。ぜひこの機会に他の縦の手相の線も探してみてはいかがでしょうか?

直感線(水星環)の見方・見るべきポイント③左右の手の違い

手相を読み解く時、左右どちらの手を見れば良いか、分からないという人も多いでしょう。手相では、利き手が現在から未来を表しており、利き手ではない方が生来の資質や過去のことを表しているとされています。

どちらをみても間違いはないのですが、現在とこれからのことを知りたいのであれば利き手を。自分の生まれ持った素質や本質を知りたいのであれば、利き手ではない方を見るとそれらがわかります。

利き手に現れる手相は、その人の行動次第で日々目まぐるしく変化していきます。もし直感線がこれから現れるのであれば、それは利き手に現れる可能性が高いといえます。また、左右どちらの手に直感線があるかで、授かった直感力を維持できる力などに少し違いがあるようです。

右手に表れている線は普段の行動から身についた直感力の強さ

利き手を右手として読む場合、その人の思考や行動によって自然と身についた直感力が優れていることを表しています。また、その人に備わっていた直感力が、何かの拍子に呼び起こされ、能力が強まったことも意味しています。

利き手に現れる直感線は、日頃の行いで後天的に現れるものと読み取れるので、その状態を継続すれば、長く維持することも難しくありません。そういった部分では、先天的に授かっている人よりも直感線を活かすコツが分かっている人といえます。

ですが冒頭でご紹介した通り、直感線は後天的にはなかなか現れにくい線として知られているので、相当な巡り合わせがない限り、現れてくれる手相ではないでしょう。

左手に表れている線は生まれつき特別な力を持っている証

利き手ではない方を左手として読む場合、生まれ持った直感力や反射神経、霊的感覚が人並みはずれた能力として備わっていることを意味します。中には、予知夢を見たり、透視能力を持つ人など、科学では説明できないほどのパワーを持つ人もいます。

ただ、利き手ではない方に現れている場合は、先天的にその力を授かっているため、維持の仕方が分からず、行動や考え方次第でその力を失う可能性もあります。幼少期だけにある特別な力とはよく聞きますが、もしかしたら直感線が関係しているのかもしれませんね。

直感線(水星環)の見方・見るべきポイント④他の線や丘との関係

手相を見る時は、その近くにある線やマークにも注意を払わなければなりません。なぜなら、それらがその手相の意味を増幅させたり、減退させたりなど、非常に重要なメッセージを持っているからです。

手相は、その線だけで完全に独立し、成り立つことは基本的にはないといえます。様々な線やマークが付近に存在し、その影響を受けることで、その手相の効力を補助、もしくは妨害することもあります。正しく手相を読み取るためには、必ず見ておきたいポイントの一つといえます。

ここからは、直感線に関わる3つのマークについてご紹介いたします。これらのマークが意味することを正しく理解し、それに合わせて的確な行動を取ることが必要となるでしょう。

線上にスター(星・アスタリスク)がある

スターとは、3本、4本の線が重なっていてアスタリスクのように見えるマークのことです。スターは手相において幸福の訪れを意味する吉兆の印で、持っていると非常にラッキーな手相といわれるものです。

直感線上にスターがある場合は、その直感力を活かすことで大きな幸運が舞い込むことを意味しています。自分の直感を信じて進んでも間違った選択をする可能性は低いので、大きな決断をする機会を伺っている人は、このスターがある内に決定してしまうと良いでしょう。

線上にトライアングル(三角紋)がある

直感線の上に三角形のトライアングルがあった場合は、優れた直感力や反射神経が鈍ることを表しています。手相の線上に現れるトライアングルは凶相とされ、その線の力を減退させるマイナスの力が働きます。

トライアングルが現れている期間は持ち前の優れた直感力や本質を見抜く眼力が衰えているので、答えを性急に導き出すことは控え、論理的に物事を考え判断するように心がけましょう。自分の能力を過信しすぎず、時には時間をかけて熟考し、決断するということも大切なのかもしれませんね。

線上に十字紋(×印・クロス)がある

手相における十字紋は凶暗示であることが多いとされています。スターと似ていますが、その効力は真逆です。直感線の上に現れる十字紋も例外ではなく、その効力を弱める妨害線としてみなされます。

このマークが現れた際には、なんらかの障害やトラブルが起こることを予兆しており、その線の力を失うという風にも読み取られることがあります。待ち構える困難に耐え、乗り越えた暁にはいつの間にか十字紋が消えているという可能性もあるので、このマークが出ている期間は穏便に、安定した生活を送ることを意識しましょう。

直感線(水星環)の見方・見るべきポイント⑤線の形状や状態

手相は、その線が1本の綺麗な線で描かれているという状態の方が少ないといえるでしょう。大抵は薄かったり、切れ切れであったり、二股に別れていたりするものが多いものです。

そんな手相の形状や状態の違いで、読み取れる意味にも違いが出てきます。ここからは、直感線と接しやすい線や、間違えやすい線などの具体例を5つ程ご紹介していきます。

手相を読み取る際の見るべきポイントは数も多く複雑で、何通りの答えがあるか検討もつきませんが、それを読み解いていく面白さを感じていただければと思います。

線が二股に分かれている

直感線が小指に向かって二股に別れている場合、「財運線」と繋がっている形状の可能性があります。この形が表すのは、類い稀な直感で大金を呼び込む強い金運を持っているということです。

直感線だけでもかなり珍しいですが、この財運線とつながる形状はそれよりさらに稀な確率でしか現れない、超レアな手相であるといえます。この相が現れた時に、一念発起してビジネスを立ち上げたり、大きな構想を実行してみたりすると、予想もしないほどの大金が舞い込んでくるかもしれません。

線が二本・三本と複数ある

直感線が複数あるように見える場合は、健康線や運命線が直感線に接している可能性があります。健康線が直感線に接している場合は、その研ぎ澄まされた危機察知能力から、これからかかりうる病気を早期発見できたり、怪我を負う可能性が高い道を選択肢から外す行動がとれたりなど、自分の身を守る力にも長けていることを表します。

運命線が直感線に接している場合は、その優れた直感が自分の運命に大きな影響を与えるということを暗示しています。また、ビジネスシーンでの直感が冴え渡り、企画・立案などの分野で力を発揮するでしょう。

線の始点・終点が枝分かれしている

直感線の一般的な形状は、複数の細かな線が集まって成り立っていることが多く、一本の綺麗な線で繋がっているパターンはほぼありません。それ故に、存在の有無が判断しにくく、見つけづらい手相だといえます。

直感線の始点の方が枝分かれしているように見えるのであれば、人気線や放縦線と。線の終点の方であれば財運線と接している可能性があります。直感線がある位置は、様々な手相が現れる場所でもあるので、丁寧に探してみましょう。

線の途中にフィッシュ(魚紋)がある

手相の線上にフィッシュが現れた時は、その線の意味に結びつく幸福が訪れることを意味します。この特殊紋は、スターと並ぶ大吉相としても有名で、線が濃くなればなるほど、幸福の訪れが近いとされています。

直感線上にこのフィッシュが現れた時には、その人の直感が仕事面での成功を呼び込んだり、大金を得られるチャンスが巡ってきたりすることを予兆しています。掌のどこに現れても幸運の印とされているフィッシュ。現れる場所によって若干意味が異なるので、自分の掌に見つけた場合は、ぜひ詳しくを調べてみてください。

線の途中に島がある

島はアイランドとも呼ばれ、フィッシュと似ている形状をしていますが、こちらは大凶の相として知られています。直感線上にあった場合は、持ち前の鋭い勘が衰え、大きな失敗をしてしまうことを暗示しています。

線上に現れている島の数が多いほど、直感力の安定を狂わせ、問題を起こしやすくなると言われています。また、物事の本質を見抜いてしまうことにより、それが原因となって大きなトラブルを招いてしまうこともあるようです。

まとめ

直感線を持つ人に、唯一の注意点があるとすれば、「時には論理的な思考も必要」であることを心に留めておくと良いでしょう。あまりにも直感任せに物事を判断してしまうと、状況によっては損をしてしまうこともあります。何かを決める際に、一度原点にたちかえり思慮することで、新しい答えが見つかるかもしれません。

直感線は、神様に選ばれた人にしか出現しないと言われるほど大変珍しく、縁起の良い手相です。この手相がある人の周りには、悩みや悲しみを抱えた人が集まりやすい傾向があります。それは、「この人なら救ってくれる」という気持ちが沸き立つほど、理論では説明できない神秘的な力を周囲に感じさせているからです。

その特別な力を自分のためだけに使うのではなく、周りの人を助けるために活かすのであれば、より大成できる人生を歩むことができるでしょう。

合わせて読みたい