夢占い

【夢占い】龍の夢の意味15選|白い・乗る・食べるなど状況別に夢診断

【夢占い】龍が出てくる夢の基本的な意味とは?

龍は神の使者としてあがめられるスピリチュアルな存在です。龍の夢は基本的には吉夢で、運気の急上昇を意味し、さらに経済面からも精神面からもサポートしてくれる人が現れる予兆です。

また、どのような龍がどういった状態なのか・夢の中であなたが抱いたイメージなどに注目します。龍の色が白や金、青といった明るい色の場合には吉夢ですが、黒い龍にはいい意味がありませんので注意しましょう。

夢に出てくる龍に対して、明るい・よいイメージを抱くのであれば、吉意の高い夢となります。一方で龍が暴れているといった悪いイメージの夢の場合は、運気の低下を暗示しています。龍の夢の中で水の印象が強い場合も、あまりよい意味ではありません。

白い龍の夢は、高位の自己を守る存在があることを示唆します。

「龍」はこの世に存在しない、架空の生き物ですが、この夢の場合、そうした恐ろしさを感じる「大蛇」ではなく、霊的ニュアンスのほうが強い生き物と言えます。

表現を変えると、夢の白い龍はあなたの高位の自己を守るものであり、成長を遂げてきたあなたとの統合を図ろうとしています。

けれど、あなたがそれを実現するためには、更なる体験が必要でしょう。何しろ、この龍を見続けることができるには、強い心が必要だからです。それはあなたの気づきを待つクンダリーニパワーとも言えます。現実世界の中で、あなたは孤独、悔しさ、悲しみなど、荒れ狂う感情を嫌わず、体験することが必要なのです。そして、そのことにに今、気づき始めています。

素晴らしい吉兆を示す龍に乗る夢

龍に乗る夢は、社会人が見た夢ならば、実力相応な名声を得ることや、出世をするなどの大きな幸運を意味します。
乗っている龍が大きく立派であればあるほど、目標の達成や周囲からの評価が大きくなります。

子供や十代の若い人がこの夢を見た場合は、自分の環境や状況を変えたいと努力しながら悩む、青春の悩みから見ている場合があります。
自分や母親を援助してくれている人など、権力のある人からの協力や助けがあり、その存在を強く感じていることを示しています。
性的エネルギーの高まりも表れています。

富や名誉の象徴である吉夢、金の龍の夢。

金の龍の夢は、富や名誉の象徴として表れます。
思わぬ大金を手にしたり、立身出世や高い地位を手に入れる可能性があります。
大きい金の龍が間近に近寄って着たり、輝くような金色が印象的な時は、幸運度は増しています。
下から上方へ向かって登っていく登り龍であると、文句なく吉夢です。

せっかく金の龍の夢を見て見ても凶夢となってしまうのは、龍の色が褪せた金色やくすんだ暗い色、印象の良くない夢の時です。
虚栄心や見栄、傲慢さで自意識過剰となっていることを表しています。
質素、謙虚に言動に気をつけた方が良い時です。

有り余る勢いが難点ながら大吉運、龍になる夢。

龍になる夢は、立身出世、社交界にデビュー、事業の成功や昇進、学問での名誉など、大きな成功が得られることを表しています。
自分が変化を遂げた龍が、大きく立派であるほど最終的に到達する目標や成功も高く立派なものとなることを示しています。

成功はほぼ掌中にあると見て良いのですが、勢いに任せて自信過剰になっていることを戒める意味もあります。
龍の力は強大であり、一人の人間の身には有り余るほどのエネルギーを持っており、時としてその力に飲み込まれ身を滅ぼすことになりかねない勢いがあることを心して、言動に注意を払う必要があります。

やる気満々情熱的な勢いを示す、赤い龍の夢。

赤い龍は、情熱やエネルギー、やる気、意志の強さを表し、気力や体力に溢れた状態を示しており、燃えるような真っ赤な濃い赤色ほど、潜在的な情熱の大きさを表しています。
積極的に困難に立ち向かえることを示していますが、やる気のあまり空回りしそうな程勢いがあることに注意が必要です。

人間的には魅力にあふれているため、周囲から頼りにされています。
やる気がみなぎっているため、新しいことを始めたり、勝負事をするには良いタイミングです。

一方で、自分を取り巻く環境が大きく変わり、大きな不安を感じていることも暗示しています。

絆や縁を暗示する、神社で龍と会う夢。

現実でも神社では龍が祀られていたり、神使と祀られる神社も多くあることから、神社で龍と会う夢は、霊的な意味合いの多い夢です。
家族の絆の深まりや、他人との縁を暗示している吉夢です。
心の安らぎや知識の深まりを暗示しています。
夢の中で会った龍がどのような姿(i色など)でどのような行動をしていたかにより解釈も変わります。

龍神様からお告げをもらった場合は、飛躍的なパワーを得るための手段や場所を示しており、現実でその取りに行動を起こすとそのパワーを手にすることができます。
ただし強力すぎるパワーのため、試練などリスクを伴います。

もっと詳しく知る:
>>神社の夢の意味

心の状態が映し出される、龍の置物が出てくる夢。

龍の置物が出てくる夢は、龍の意味する生命力の上昇や潜在能力の恩恵を受けるという暗示です。
置物には、自分の心の状態が映し出されています。
美しい龍の置物は、魅力的であり周囲から好意的に目で見られている象徴です。
また、龍の像には驕りの意味もあり、自分の豊かさや権力を他の人に誇示したい願望が高まっているという表れでもあります。

頼れる存在や知識など、自分にとって後に武器や守りとなるものを得ることや、精神的な成長も表しており、本人の自覚だけではなく周囲からも認められています。
大人としての責任が与えられ、年下の人達のお手本になるような生き方が推奨されます。

強くてやさしい癒しの予兆、緑の龍の夢。

緑の龍の夢は、豊かさや安定の象徴です。
心や生活が大変良い状態に向かう事を示しています。
溜まっていた疲れが癒され、心が安定した日々を送れるようになります。
現在孤独な生活で辛い思いをしていたのなら、これまでにない大親友や理想の頼もしい恋人となる人に出会え、心が安定する予兆です。

気力や体力が充実してくるため、これまで不可能であったことを可能にするパワーも沸いてきます。
落ち着いた判断ができ、勘もさえるため、仕事や勝負事で良い結果が期待できます。
綺麗な緑色は吉兆を暗示します。

雲の中を飛ぶ龍の夢の意味

雲はもやもやしている現状を、飛ぶという行為は解放や独立を、龍は強大なパワーやエネルギーを表しています。
「雲の中を飛ぶ龍の夢」というのは不確かな現実を打破できる強力な権限を手に入れられるという幸運の兆しを示しています。今の場所からのステップアップや昇進などが期待できそうですので、その場所に見合うだけの実力をもっと得るべく今から準備して自己研鑽しておくべきでしょう。
飛び方が不安定だったり雲が黒かったりすると少し悪い兆しとなる解釈ともなります。

もっと詳しく知る:
>>雲の夢の意味

霊的な象徴が示される龍を食べる夢

龍を食べるという事は、さまざまなトラブルへの警告です。
今のままでは挫折を伴う出来事が起き、願望が達成できないことを暗示しています。
食べた龍の味が不味く、気持ち悪い場合も、良くない現状を暗示しています。

龍を食べた後に、死んだはずの龍が元気になり、舞い上がっていくのなら一転運気上昇を示す吉兆です。
何かを食べるという行動には、龍の示す潜在的な才能や幸運を吸収する、もしくは不足を表している意味があるため、霊的に才能の目覚めがあるか促されている暗示です。

もっと詳しく知る:
>>食べる夢の意味

龍が竜巻を起こす夢を見た人は、自分の能力を発揮できる場所に行こう!

龍が竜巻を起こす夢は、夢を見た人の能力の高さを表すと共にそれゆえの孤立感も象徴しています。
しかし、その能力の高さは周囲から理解されておらず、奇想天外で風変わりな人物と見られ孤立した状態です。
特に激しい竜巻の中にいる龍は、自分自身でも自分の能力が理解できていないことを示しています。
このような夢を見た場合では、自分の能力を発揮できる場所に行った方が良いという意味合いがあります。

龍が暴れている印象を受けた場合は、軌道修正が必要なパワー暴走を意味しています。
周囲に対しても強硬な姿勢になっている時です。
たとえ成功を収めても、信用を失いかねません。

もっと詳しく知る:
>>竜巻の夢の意味

自分から揉めてはダメ!龍がたくさんいる夢

龍がたくさんいる夢は、自分と周囲の人間関係を表しています。
基本的には、集団行動で成功をおさめることを示していますが、龍同士が暴れて絡み合っている様子であれば、グループ行動の輪を乱すような問題発言や行動を自分がとっていることを表しています。
現実では、慎重な言動を心がけなければならないという警告です。

たくさんの龍が飛んでいる場合には、多くのチャンスがありながらそれを手にすることはできないという意味があります。
チャンスをチャンスだと気付かなかったり、たとえ気づいていても不安で一歩踏み出せず、見送ってしまっています。

様々な恩恵を表す吉兆、カラフルな龍。

虹色のように、見るからに多色が美しいカラフルな龍は、調和を表します。
職場や家庭に関わる周囲の人との調和がとれた状態で、お金や人に恵まれ様々な恩恵を受けられる兆しです。

様々な色の龍が何匹も同時に夢に出てきてカラフルに感じる場合は、龍の色一つ一つに象徴される潜在的な才能や幸運等の意味があります。
龍が頭上高く飛び立っていくのなら、願望達成や運気上昇、才能開花を示しています。
龍が話しかけてきたり、目前に近寄ってきて何かを伝えてきたのなら、強いメッセージです。
龍の色や話の内容に象徴されたことで、何かに気付くよう促しています。

龍の夢は縁起がいいとはいえ龍の影には不吉な暗示の可能性あり

龍は昔から神の使いや、聖なる生き物として、崇められてきた縁起のいいものです。夢では潜在的な能力、凄まじいパワーを象徴します。だから、夢の龍はあなたが気づいていない、秘めた底がないような才能やパワーがあることを、教えてくれているのでしょう。た

だ、夢で龍自体が出てくるのではなく、龍の影が出てきたなら、解釈は変わってきます。夢で見る影もまた、あなたの潜在的な意識で、気づいていない自分の黒い感情を示しています。

そんな黒い感情が影となって形を成す龍は、激しい怒り、恨み、嫉妬によって突き動かされることで、大出世したり栄光を手にできる可能性があることを、あなたに教えてくれているのでしょう。

ただ、黒い感情を原動力にのし上がるということは、人を騙したり蹴落としたり貶めたりするということです。出世欲があっても、周りに恨まれるのは嫌だと思えば、秘めた感情を秘めたままにしておいたほうがいいのかもしれません。

合わせて読みたい