夢占い

【夢占い】叫ぶことに関する夢の意味7選!

金縛りにあって叫ぶ夢は恐怖の予兆です

寝ている間に金縛りにあって叫ぶ内容の怖い夢を見てしまったら、近いうちに恐ろしい出来事に遭遇する可能性があります。見て見ぬ振りをしていても、背後から恐怖が忍び寄ってくる暗示として捉えられるでしょう。いつでも対処できるように、心の準備をしなければなりません。驚きのあまり、正常な判断が出来なくなってしまうリスクがあるのです。冷静さを保てるように、揺るぎの無い心の状態をキープすべきことを忠告する夢なのです。

助けてと叫ぶ夢には責められる未来が暗示されています

助けてと叫ぶシーンが夢の中に出てきたら、周囲から責め立てられる未来が暗示されています。悪いことをしていないはずなのに、いつの間にか恨みを買っている可能性があるのです。他者からの嫉妬が悪意となって表されるリスクがあるので、注意して過ごさなければいけません。大丈夫だろうと安易に考えていると、次第にエスカレートしていきます。時には強い態度で接することも必要です。甘く見られたら付け込まれてしまうでしょう。

叫ぶ声が出ない夢は身動きできない状況を意味します

普通に過ごしているだけなのに、叫ぶ声が出ない状況に追い込まれる夢は、周りの忠告を受けて身動きがとりずらくなっている現状を示しています。多角的に現状を見つめて、新たにチャレンジしたいという気持ちが上手く伝えられないのです。周囲からの賛同が得られない中で、無理に意思を通そうとしても先は暗いままになります。勇気だけではどうしようも出来ないことに対して、取り組み方をより慎重に見つめていくことの大切さが暗示されています。

夢の中で叫ぶのは心の疲れが原因。

叫んでいた夢を見たときは何かストレスや不安感を抱えていたり体が弱っていることを予知しています。あまり無理をし過ぎず身体を休めてあげて下さい。更にストレスの原因を取り除く事も大切です。もし夢の中で叫んだ後、スッキリしていたならそれは吉夢です。今抱えている不安感から解放されることを意味しています。周りの助けなどがありあなたの抱えているものが自然と消えていくのであまり考え過ぎず周りに頼りながら過ごしてみて下さい。

怒って叫ぶ夢は追い詰められることを予知している。

怒って叫ぶ夢はこれから今まで以上に追い詰められる事が起こるという悪い夢です。このままだとかなり精神的に疲れることになりそうです。あまり思い詰めず、もし何か嫌な出来事が起こったらすぐに周りの人に助けを求めて下さい。これ以上は対処できない、耐えられないとあなたが判断した場合はその出来事から逃げるのも一つです。無理して対処しようとせず諦めてでも回避して今後に期待しましょう。逆に言えば今が一番辛いときです。これを乗り切れば必ず良い事が起こるでしょう。

名前を叫ぶ夢は相手への嫌悪感。

名前を叫ぶ夢を見た場合、その名前の相手に嫌悪感を感じるまたはその相手にこれから更に嫌いになる出来事が起こることを予知しています。特に仲の良い人の名前を叫んでいた場合はその人が裏切りを行うことを予知しているので注意しなければなりません。もし今、既に嫌悪感を抱いている相手なら距離をとって関わらないようにしましょう。無理に仲良くするとあなたの心に負担が生じます。これを機にいつもと違う人と仲良くするのも良いでしょう。そうすることで今まで以上に仲間の輪が広がりあなたにとって良い影響を与えてくれるでしょう。

怒り叫ぶ夢には理不尽な想いが込められています

怒り叫ぶ内容の夢を見てしまった場合については、これまでに感じた理不尽さへの憤りが反映されています。納得いかない出来事が多く、自分の中で消化しきれていない現実が浮き彫りとなっているのです。ぶつける相手がいない想いを、いつまでも閉じ込めておくわけにはいかず、叫ぶことで解消しようと試みています。いくらか精神的に楽になれば、それで良いのです。自分なりの方法で怒りを鎮めていく姿勢が強く求められているのです。

合わせて読みたい