夢占い

【夢占い】地図の夢の意味9選|もらう・描く・迷うなど状況別に夢診断

地図の基本的な意味

地図はさまざまな場所の位置を教えてくれるアイテムですが、夢の中に出てきた場合は、地図=自分の人生の地図だと捉えてください。地図の夢の大きなポイントは、地図を見たときに目的地があったかどうかです。
もしも地図を見ていて目的地を明確に見つけられたなら、あなたがきちんと人生設計ができるということを示しています。もしも地図上に目的地がなかったり、目的地がどこだかわからず迷っていた場合は、あなたが人生の目標を見失っていることを意味します。さまざまな選択に迷っているのではないでしょうか。
地図が破れたり一部見えなくなっていたりする夢は、人生設計をやり直した方が良いという警告夢になり、地図を見ながら歩いても目的地につかない夢は、目標にたどり着くまでのやり方が間違っているという暗示となります。
地図の夢は地図をそのままあなたの人生と捉えることで、意味が見えてきやすいでしょう。

地図をもらうのは、普通の一日を意味します

「地図をもらう夢」を見た、あなた。今日は普通の一日が過ごせます。え?、と思った方もいますよね。もっとドラマティックな展開を期待していましたか?実は私たちは、毎日毎日新しい地図を夢でもらっています。しかし、それより刺激的な夢を人間は覚えていて、それの意味に夢中になるだけです。今日過ごす普通の日を、家族や友人・大事な人と笑顔で過ごせる日を大事に過ごしてください。一日が終わった時、どうぞ周りの人への感謝を忘れずに眠ってください。

古い地図が出てくる夢は、断捨離を意味します

「古い地図が出てくる夢」を見た、あなた。今、あなたに必要なのは断捨離です。一大ブームになった、この言葉。身近な不用品を捨て去ることで、心身の安定をはかれるとも言われています。あなたはいろいろな悩みを抱えて、動けない状態になっていませんでしたか?考えても答えが出ないことに、囚われていませんでしたか?古い地図=解決できない問題から、解き放たれてください。それには、身の周りを整理することがとても有効です。

地図を描くとは、今までを振り返ること。

「地図を描く夢」を見た、あなた。今日、あなたは今までのことを冷静に、じっくり振り返ってください。これから新しいステージに飛び立つ(=地図を描く)、あなた。その前に、過去の整理が必要です。自分はどのような人で、どのようなことが好きなのか?なぜ、そのように考えるのか?忙しい日常の中では、忘れがちな今までのこと。今日の夢は一度それを棚卸をしてみることを示しています。家の中で好きな飲み物と音楽でも聞きながら、じっくりと「今までの自分」について考えてみませんか?

地図を見る夢には再起を期す未来が示されています

地図を見るシーンが出てくる夢は、これまでの失敗を忘れて、新天地で一から努力を続けていける未来が暗示されています。心機一転、新しい自分の可能性を追い求めることの大切さを示す夢としても捉えられるでしょう。過去の経験やプライドを捨てて、まっさらな気持ちで新たな環境に飛び込んでいく勇気が得られるので、チャンスも大きく広がっていきます。自分でも未知数な可能性を、どんどん切り開いていく姿勢が大切になってきます。

地図を頼りに歩く夢の意味合いとは

地図を頼りに歩く夢の意味には、まず地図はこれからの展望や生き方の指針を示しています。地図を頼りにしているのは、今後大きな心の指針を持ちたい欲求があります。今現在、何かに迷っている時には心の不安を払拭する何かを求めたくるものです。自信を持って歩んでいくには、本当に自分が求める理想や目的を持つ必要がありそうです。地図が目的を知らせてくれるアイテムとなるように、指針を見つめ直すチャンスである可能性が高いでしょう。

もっと詳しく知る:
>>歩く夢の意味

「外国の地図を見る夢」が持つ意味とは。

地図を見る夢というのは、あなたが今いる場所とは別のステージへ羽ばたこうとしていることを暗示しています。見た地図が、近くの場所ではなく世界ともなると、かなりの高みを目指してステップアップしようという決意が表れています。そして、今その時がやってきていることを夢が伝えてくれています。これからの人生をより良くしていくするためにはどうするべきか、考える時期が来ています。夢に出てきた地図の場所が今後の人生に関わってくる場合もあるので、この先自分がやりたいことを、夢に出てきた場所と絡めて考えてみると良いでしょう。

もっと詳しく知る:
>>外国の夢の意味

地図などを見ながら道に迷う夢を見たとき

基本的に道に迷う夢というのは、夢占いでは自身の物事の進め方や選択に対して迷いや不安がある場合や、その決断に対して迷いがある場合などによく見る夢として知られております。ただしこれは悲観的になることではなく、地図を見て懸命に正しい道を探している状態においては新たな進路や方法を自身で模索している状態であり、そしてその可能性を十分に秘めている状態を表します。ただし、地図を見て迷っているという事は一人で悩み事を抱え込んでいる傾向がありますので、周りの方の力も借りることも大切です。

もっと詳しく知る:
>>迷うことの夢の意味

地図を見ながら探検をする夢は快活な未来の暗示です

地図を見ながら探検をするというシーンが夢に出てきた場合には、楽しみながら人生の旅路を行く未来が示されています。待ち受けている未知の出来事に対して、怖がることなく楽しみながら向き合っていくことが出来るのです。無難な立ち回りをするだけでなく、自分のセンスを生かした計画を立てていく姿勢も見せられるでしょう。地図は、与えられたものではなく、自ら探り出す手がかりの象徴です。気分次第で自由に決められる将来の暗示と言えます。

合わせて読みたい