夢占い

【夢占い】札束の夢の意味9選|見つける・もらう・拾うなど状況別に夢診断

札束の基本的な意味

札束の夢を見たら、金銭運アップを期待してしまいそうですが、夢占い的な観点では札束の夢は直接金銭運とは結びつきはなく、エネルギーや感情などの象徴となります。札束の夢は、あなたが札束に対してどのような印象を抱いたかを思い出してみましょう。
札束を手にして嬉しかったのなら、エネルギーが満ち足りてきたり、愛情に溢れる可能性があります。しかしそれを独占しようとしていたなら、一気に健康運や金銭運など、あらゆるエネルギーが低下することを意味します。逆に札束をみんなでわけようとしていたなら、楽しい仲間に囲まれて幸運が訪れるでしょう。
札束を手にしても不安でいっぱいだったり、居心地が悪かったなら、あなたが正体不明の不安にかられて気持ちの面で不安定になっていることを意味します。良いものさえ良いものと受け取れず不安がっていてはもったいないという夢からの忠告ととらえるといいでしょう。

札束を見つける夢は生活の安定を意味します

札束を見つける夢は、日々の暮らしの根幹をなしている金銭的な余裕が出来る暗示となります。必要なものを気兼ねなく手に入れられる状態が訪れるでしょう。不安感無く暮らしを営めるイメージとして、札束が自分の夢の中に表されています。夢や目標の実現に向けた取り組みを続けていくための、前提条件がしっかりと整えられる兆しでもあります。真っすぐ前だけを見つめて、思うがままに努力を継続していくことが可能となるでしょう。

財布に札束が入っている夢の意味とは

夢の中での財布というのは、自分自身の希望や期待、または愛情を表します。その財布に札束がはいっていた場合、希望が叶うことや努力が実り結果が出ることを表しています。それから、恋愛運の上昇で自分の心が愛情に溢れ、満たされることを予知しています。しかし、隙間もないほどにぎゅうぎゅうに詰まっていた場合や、財布が小さく感じる場合は、逆に金運が低下していることを示しており、思わぬ出費や浪費、また金銭の貸し借りによるトラブルなどが考えられます。

もっと詳しく知る:
>>財布の夢の意味

札束を見つける夢は散財してしまう暗示です

札束を見つける夢は、思わぬ形で手に入れた富を、すぐに使い果たしてしまう暗示となります。気が大きくなって、普段なら出来ないような思い切った使い方をすることとなります。自制心が効かずに、思うがままに振舞ってしまうことでしょう。札束は散財の象徴として表され、いつまでも手元に置いておけないシチュエーションの中で映し出されています。誰かに注意してもらうことがあれば良いものの、独占欲が勝って幾許もなく散財するのです。

札束をもらう夢はその時の態度が大事

札束をもらう夢は、愛情を受けることを意味しています。札束をくれたのが顔見知りの時は、その人が好意を寄せている可能性があります。異性の時は交際を申し込まれたり、アプローチを受けそうです。また札束をもらったとき素直に喜べたなら、うれしい愛情の到来を意味します。しかし迷惑に感じた時は、歓迎できない愛情を意味します。この時札束をもらっていやな感じになるときは、自分にとって不要な愛情を注がられると感じている時です。不要と感じた時は、きちんとお断りすると良いです。

札束を数えるための夢とその影響は

札束を数える夢は、仕事で成果が出ている事です。これまでの地道な努力が、実を結ぶことになります。そして数えきれないような大金ならば、お金を使い切ってしまうことになり注意が必要です。また数えている時に十分足りている感覚ならば、上手くいっている証拠です。足りないと思っている時は、まだ時期ではなく注意したほうが良いということです。そして恋愛面でも、人生に影響する転機が訪れる可能性が高くなります。しかし金額を覚えていない時は、結婚の予定はまだという事です。

封筒に札束が入っている夢は開運の兆しです

封筒に札束が入っている夢には、これから訪れようとしている大きなチャンスが暗示されています。幸運を得ることに繋がる機会が増えていくでしょう。逃すことなく、一つ一つをしっかりと掴み取る意欲が求められます。封筒の札束は、将来的な豊かさの暗示にもなります。得られた富を有効に活用して、どんどん増えすことが大切です。散財することなく、自分たちの可能性を広げることに投資すべきであることが強く示されているのです。

札束を拾う夢は新しい恋の始まり

札束を拾う夢占いは、新しい愛と出会うということです。恋人のいない人には、とても嬉しい出会いがあります。恋人のいる人は、新しいトキメキを感じたり新しい進展があります。今の恋人との関係に行き詰まりを感じていたら、今の恋の精算し新しい愛に進んでいくことです。せっかく拾った札束を失くしてしまったときは、せっかくのチャンスを失うことです。また札束の量が多ければ多いほど、出会いの期待が多くなります。しかし期待が大きいほど上手に行かない時は、落ち込んでしまうこともあります。

もっと詳しく知る:
>>拾うの夢の意味

札束を渡す夢は独占欲が消える兆しです

札束を渡す夢には、自分一人だけで幸せな思いをしていることに対する罪悪感が見て取れます。周りに対しても、お裾分けすることで満足感が得られるでしょう。独占欲に満ちていた日々から、周りと調和を保つように意識が変わっていく暗示なのです。札束は、金銭的余裕を象徴するものとなって夢に出てきています。溜めこまず、自分の意志で他者に渡す行為は、欲が薄れることを意味します。大人の対応が出来る未来の姿が描き出されているのです。

札束を捨てる夢は価値観が変わる暗示です

札束を捨てる夢を見た場合には、凝り固まった価値観が大きく変容して、精神的な豊かさに重きが置かれるようになる兆しを見て取れます。物質的な豊かさばかりを求めてきた状態から、より内面的な部分にフォーカスしていくのです。捨てられた札束は、物欲が少なくなっていくことの象徴となります。人間関係や、知的好奇心を満たしていくことによって、人間的にも一回り大きくなれるのです。人として大切なものを再認識出来る暗示なのです。

合わせて読みたい