夢占い

【夢占い】カーテンの夢の意味 13選

カーテンの夢の基本的な意味

カーテンは、外からの光を遮断したり、外から家の中が見えないようにするアイテムです。ですから夢の中でカーテンが印象的だった場合は、隠したい秘密、心の壁などを象徴するものとなります。カーテンが印象的な夢を見た場合、カーテンがどうなっていたかを思い出してみましょう。
カーテンが開いている夢だったなら、あなたはそれほど人に対して壁を作っていないようです。秘密にしたいこともそれほどないでしょう。逆にカーテンがしっかり閉まっている夢なら、あなたの心の壁が厚いことを意味します。誰にも本音で付き合えなかったりはしないでしょうか。または、誰にもバレてはいけない秘密を抱えている場合もあるでしょう。
カーテンを開けようとする夢なら、あなたが周囲に対してもう少し自分を見せよう、さらけ出そうとしていることを表しています。逆にカーテンを閉じる夢だったなら、周囲から距離を置こうと思っているのでしょう。

カーテンを買う夢は素敵な人と出会うことを表す

カーテンを買う夢は素敵な人と出会うことを意味しています。カーテンは人間関係を表し、それを購入するということはあなたにとってとても良い人と出会うことを表します。あなたのピンチのときに助けてくれるような人と出会えたりあなたのタイプの異性と出会えたりあなたにとって嬉しい出会いがありそうです。異性対人関係の運勢が上がっているのでできるだけ多くの人と関わるように心がけてください。もし何かトラブルが起きても焦らず周りの人に相談するとうまく解決するでしょう。

カーテンを変える夢は運気が良い方向に変わる

カーテンを変える夢は運気が良い方向に変わることを意味しています。現実世界でもカーテンを変えると気分が変わってスッキリとした気持ちになります。夢でも同じで今まで上手くいかなかったことが驚くほど順調に事が進みあっという間に問題が解決してしまったり、あなたにとって良いことがたくさん起こるでしょう。実際にカーテンを変えてみたり部屋の掃除をしたり断捨離をすることによってさらに気持ちがスッキリして運気が上がるでしょう。

カーテンを開く夢は問題が解決することを表す

カーテンを開ける夢は問題が解決することを意味します。今まで悩んでいたり問題を抱えたままだった状況がカーテンを開けて急に明るくなるように素早く解決することを表します。あなたの直観力が大切です。自分自身が出した答えに自信を持って発言したり行動すると一筋の光が入り込んだかのような世界が広がるはずです。周りの目を気にしすぎず自分の手で今までの問題を解決させるという意気込みが大切です。もしカーテンを開けたのが他人ならば周りの人の発言や行動で風向きが変わるでしょう。

カーテンが燃える夢は激しいジェラシーを表している

カーテンが燃える夢は、あなたの付き合っている男性や女性、または夫、妻が浮気をしているかもしれないと、あなたが勘ぐっている精神状態を示しています。夢の中において、燃えるという事は、自分自身の中に秘めた激情のようなものを示しており、カーテンは自分の心を覆うものですので、カーテンが燃えるという事は、自分が常日頃心の奥で密かに疑っていた事が強い気持ちとなって溢れ出している状態を指し示しているといえます。心に激しいジェラシーの感情が湧き出ているのかもしれません。

カーテンが揺れる夢の占いの意味

カーテンが揺れる夢は、あなたがこれから今後積極的に変わらないといけないような重要な
変化が訪れる可能性があることを暗示しています。
それがたとえどんな状況になったとしてもじっと堪えて冷静に対処する必要があります。
あなたがもし、誰にも心を開けずにいるとしたら、その状況から脱出できたり
何らかの変化が訪れる兆しでもあるので、それを素直に受け止めていけば
良い方向に進んでいけるので、心にゆとりを持ち余裕を作ってあげる事で今後の運勢が変わっていくでしょう。

カーテンを閉める夢は周囲の雑音から逃れたい心の表れ

カーテンは夢の中では、あなたの内面の部分を示しています。そのカーテンを閉める夢を見たという事は、あなたが周囲との人間関係に疲れ、周りから聞こえてくる雑音から心をシャットアウトしたいという願望の表れといえます。また、何か人には相談していない迷い事がある場合は、一人でゆっくり考えたい、自分自身を静かに見つめ直したいという欲求を指しています。カーテンを閉めた時の部屋の暗さは、心の明るさを表していますので、その部屋が暗い場合はストレスが溜まっている状態といえそうです。

カーテンに隠れる夢は、問題から逃げたい気持ちを示している

カーテンに隠れる夢は、あなたが今抱えて困っている案件から逃げ出したい、できるならば目を背けたいという気持ちを表しています。カーテンに隠れるという事は実際のかくれんぼでも簡単に隠れる事ができる方法ですが、すぐに見付かってしまう可能性が高いです。この事から、本当は投げ出す事ができない問題、最終的にはやらなくてはならない事案と自分で理解できているのですが、できる事ならば取り組みたくない、放置してしまいたいという願望が夢に出てきている状態です。

カーテンから明るい光が射している夢

夢占いでは、カーテンはあなたの精神状態や覆われている心を表しています。カーテンから明るい光が射している夢を見たあなたは、吉兆の光に包まれ、運気が上昇するでしょう。射し込む光は、希望の光であり、明るい未来を暗示しています。現実でも、光に気付いてカーテンを開けてみたら、きっとあなたに良い結果がもたらされることでしょう。カーテンを開けることで、今まで見えなかった違った景色が見えるかもしれません。幸運の光に包まれ、一歩踏み出してみましょう。

白いカーテンが出てくる夢の意味

白いカーテンが出てくる夢の意味や暗示としては、あなたの心がオープンになっている事を表しています。白いカーテンの色には心の状態が透き通っている事を意味します。カーテンが開かれているなら更に良い夢です。透き通った白いカーテンがこれからの人間関係においての吉を示しています。あまり人間関係が上手くいっていない場合には心を開く事で良好な方向へ向かうでしょう。周りにいる方々に感謝の気持ちで接してみると吉です。

茶色いカーテンが出てくる夢は、遮断か開放を暗示

カーテンは、開かれたカーテンか閉められたカーテンかで解釈が違います。
開かれたまたは開こうとしているカーテンは、「解放」を意味します。
反対に閉められたまたは閉めようとしているカーテンは、「遮断」を意味しています。
ニュアンスは、そのままなので分かりやすいと思います。

次に色ですが、茶色は諸説ありますが、今回は「大人」を紹介したいと思います。
「大人」なイメージです。
例えば包容力があるとか、安定感があるとかです。

ですので、茶色のカーテンが閉められていた場合、他人の力を借りず自分ひとりで何でもしなくてはいけなくなるかもしれません。
反対に開けられていた場合は、あなたを頼って大勢の人の信頼を勝ち取ります。

カーテンが破れる夢にはどんな意味があるの?

カーテンが破れる夢は、夢占いでは自分のプライバシー崩壊の暗示です。
カーテンは、外部から来る光や人の視線を塞ぐ役割があるため、人間がカーテンに抱く印象はプライバシーを守るアイテムになりがちです。
そのため、カーテンが破れる夢を見た時は『自分自身のプライバシーを維持できていない』という現れで、現実的にプライバシーの侵害に悩んでいる可能性が高いです。
プライバシーは秘密事にしたい内容がほとんどのため、カーテンが破れる夢を見る人は周りに図々しいタイプの人間がいる可能性も考えられます。

ボロボロのカーテンが暗示する夢ってなに?

カーテンには誰にも知られたくない秘密を持っていることを表しています。
カーテンの材質や色、状態などによって隠されている秘密の重要性も違ってくるのです。
ボロボロで今にも向こうが見えそうなカーテンが暗示する内容は、今にも秘密がバレそうな状態、もしくは誰かがあなたの秘密を暴こうとしている可能性を示しています。
もし、破れたカーテンの隙間から知り合いの顔が見えた場合、現実社会においてもその人物には十分に注意することが大切です。

合わせて読みたい