手相

太陽環の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

太陽環は薬指の付け根にある「太陽丘」に刻まれる半円の手相線です。非常に稀有な手相線とされており、太陽環を持つ人はバイタリティ旺盛で独創性や非凡な能力に優れています。そのため、周囲への影響力も強いものがあり、特定分野のカリスマと崇められることもあります。世界的に活躍する場合もあり、若い内に名声と地位を得る場合もあります。また、濃く太い太陽環を持つ人は後世に名を残す成功を収める強大な運気を持っています。

【手相占い】太陽環の位置や基本的な意味とは?女性・男性の違いは?

太陽環が現れる場所は薬指の根本「太陽丘」に出ます。非常に薄い線で視認が難しいことが多く、しかし大変珍しい大吉相の手相線です。そんな太陽環の基本的な運勢は「社交性」「独創性」「芸術」「成功です。太陽環が現れる太陽丘は人間関係を円満に運ぶ能力、美意識、独創的なセンスを司る場所です。ここに太陽環が現れると人気を独り占めにするほどのカリスマ性を発揮したり、周囲に絶大な影響力を与えるとされています。また芸術やひらめく才能に優れているためその方面で活躍し、世の中に名を残す成功を収めることもあります。成功や出世に貪欲なため、早いうちに地位や名誉を掴むでしょう。さらに目上からも引き立てられる運気もあり、社交性を活かすことで周囲からも好意を寄せられます。男性の手相に太陽環が刻まれると特に仕事面での成功を望めます。女性の場合は控えめな性格が多くなり、男性よりも周囲への影響力が大きくなります。貪欲に物事に取り組んだり、芸術方面への才覚が発揮される面では男女共通です。

太陽環が現れる場所とは?薬指を囲う環が太陽丘に刻まれるのが一般的

薬指を囲う環が太陽丘に刻まれるのが一般的です。肉眼で太陽環を探すのは難しいほど薄い線が多いのが特徴ですが、薬指の下の太陽丘に弧を描いて現れている手相線を太陽環とみなします。めったに見られない手相線で、この手相を持っている人はめったにいません。太陽丘が盛り上がり、太陽環が刻まれていると大吉相とみなされます。大きな幸運をつかみやすく貪欲な努力家という意味があるため、大きな目標を難なく達成したり人が羨むような成功を収めるでしょう。人格者に太陽環が出現するともされていて、人格に伴い周囲からの人望も厚くなります。強烈な個性やカリスマ性を現す太陽環ですが、人柄は派手な人よりは控えめな人が太陽環の手相を持っている場合もあります。

太陽環の見方・見るべきポイント①線の濃さ・薄さ

太陽環がどれほど濃いか、または薄いかも重要な要素です。手相線の濃さ薄さは、得られる運気を強めたり弱らせるという意味を持っています。太陽環が濃いほど太陽環のもつ社交性、芸術的な才能や独創性が強く発揮される傾向があります。大衆へ知らしめる力も広範囲に波及するため、世間に名が知れ渡るような名声や発見をすることがある強運の手相線です。肉眼では見落としてしまいそうな太陽環の場合、それらの運気が弱まるとされています。人気や社交性は弱まり、特定範囲で一目置かれる存在になるでしょう。芸術的な方面で力を発揮しきれないこともあります。しかし、太陽環がない手相よりも成功する確立は高くなるため、濃い太陽環よりも運気が弱まるとしても吉相と判断します。

はっきりと濃く表れている時は貪欲に成功をつかむ

明らかに肉眼でも確かめられるほどに刻まれている場合、貪欲に功績を掴み取る強運の持ち主です。現れるだけでも珍しいうえに、意味が強められる濃さや太さのある太陽環はより人々への影響が世界に及んで有名になる、歴史を塗り替えるような大発見や事業を成し遂げるほどの大きな財産をつかむことでしょう。太陽環を持つ手相の人は努力家で真面目な性格が多い傾向があり、意欲や向上心が非常に貪欲です。大勢に無謀と批判されるような高い理想をかかげて叶える才覚を備えています。

薄く表れている時は特定分野でのカリスマになる

薄く表れている時は特定分野でのカリスマになることが多いでしょう。濃くて太い太陽環と比べると運勢は劣りますが、特定の分野や狭い範囲で人気を集め、素晴らしい実績を収めます。しかし、本人の努力次第で太く濃い太陽環まで深まる可能性は十分あります。太陽環が現れた場合、目指す方向は間違っていないという証明でもあります。手相線が出たから結果はこうなのだ、ではなく、太陽環をはじめ手相線は可能性を現しています。よって、これまで以上に目標に取り組むことで太陽環はより深みを増すでしょう。

太陽環が無い場合は別の線で幸運を観る

太陽環が無い場合は別の線で幸運を観ます。太陽を半円にした環はめったに現れない手相線です。現れないことが一般的です。しかし、太陽環と同様に珍しい手相線を観ることで運気を読み解きます。太陽の半円環と同様のまれな手相線に、人差し指の下の「木星丘」に現れるソロモンの環(木星環)があります。ソロモンの環を持っている手相の人は第6感と呼ばれる直感を備えているとされています。強いカリスマ性と優れたリーダーシップの能力の素質があり、周囲から信頼も寄せられます。自分の代で財産と名声を手にすることもあります。

太陽環の見方・見るべきポイント②左右の手の違い

太陽環が左右の手、どちらかに表れたかの違いを解説します。右手の手相は生まれつきの素養や製剤的な能力、祖先からの恩恵を意味しています。左手の手相は本人の努力次第で手相線は活発に変化します。右手の手相線は変わりにくく、左手の手相線は常に変化し続けると手相学では定義されています。右手に太陽環が現れている場合は、先天的に非凡な才能を秘めている運勢であると見ます。生まれつき大きな物事を成し遂げることが運命付けられているでしょう。左の手に太陽環が刻まれた場合は、本人の非常な努力によって現れたと見ます。また、いま取り掛かっている物事や事業が正しい方向であることを示しています。太陽環が薄くとも努力次第で深みが増していくでしょう。

右手に表れている線は生まれついての天才

右手に表れている線は生まれついての天才です。祖先から非凡な才能を引き継いでいます。幼少期より人々を魅了する雰囲気を持って、周囲からの人気と人望を集めます。さらに、周りに強い影響力を及ぼすため、人目を引く存在感を醸し出します。独創性やセンスに優れていて、目上からの引き立ても得られやすいため、若いうちに名誉や地位を得ることもあります。また、芸術的な方面や研究分野などで世界的に活躍する可能性を秘めています。

左手に表れている線は努力の成功者

左手に表れている線は努力の成功者と言えます。左手の太陽環は後天的な本人の努力によって現れる手相線と判断します。高い目標を達成するために、貪欲に挑んでいる分野で自身の能力をいかんなく発揮していると左手に太陽環が現れる傾向があります。左手に太陽環が現れるときは社交性を活かして経験を積み、人格者に到達していることもあります。そのため、大衆から強い羨望と信頼を集め、晩年に後世に名を残すような成功を残すでしょう。

太陽環の見方・見るべきポイント③他の線や丘との関係

太陽環を読み解くには、他の線や丘との関係の意味も大事なポイントです。。太陽環の環紋に「島」がある場合は障害を意味します。芸術的な才能や成功するための能力は備わっていても周囲からの理解や評価を得られなかったり、妬みやそねみを買って妨害されることがあります。また予期していなかったトラブルやライバルの出現を意味していることもあります。環紋に「フィッシュ(魚紋)」がある場合、予想していなかった幸運や突然の成功を意味します。環紋に「スター(星)」が現れると、人間関係の運気が強まります。さらにいままで行ってきたことが評価されたり、大きな成果を生むなどの幸運を意味します。また、「スター(星)」は人生の転換期を迎えているときに刻まれることもあります。

太陽環の見方・見るべきポイント④線の形状や状態

太陽環の見方・見るべきポイントの重要なポイントとして線の形状や状態があります。太陽環が二重の場合、すでに刻まれている太陽環がもつ運気が二倍に高まると読み解きます。周囲への影響力は凄まじい強さになります。何をやっても計画通りに進み、周囲から厚い信頼を集めるでしょう。また、他人との縁によって成功を掴むともされています。太陽環が切れ切れの場合、能力を出せるかどうかはそのときどき次第という不安定さを示しています。人々への影響力や社交性は若干落ちますが対人運は悪くありません。太陽感の途中にすき間がある場合、スランプを意味します。一定期間、能力を発揮できない時期が訪れると見ます。

まとめ

太陽環は非常に稀有な手相線のため、滅多に見られるものではありません。それだけに、とても強力な運気を備えていると言っても過言ではありません。持って生まれた宿命もあれば、生きながら太陽環を背負うほどの運命を歩む人もいます。特定分野のカリスマになるということはそれ相応の努力や覚悟が必要とされます。同時に地位や名声を得ることもありますが、太陽環を持つ人にとってそれは副産物でしかありません。なぜなら、太陽環を持つ人は後世に名を残すほどの偉業を成し遂げる役割があることを示しているからです。太陽環という珍しいそして強力な手相線はその線を持つ人の運命を翻弄することもあるでしょう。しかし、それに挫けないほどのバイタリティを持っていることも事実です。太陽環を持つ人は与えられた役割を卑下したりせず、思うがままに能力を発揮することを求められていると言えます。

合わせて読みたい