手相

頭脳線(知能線)の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説が分かる!

人は、何が知りたくて手相を見るのでしょうか。恋愛、人間関係、仕事、将来、健康、自分の性格…など、手相を見るとその人に関する様々な情報を読み取ることができます。
一見、何の意味も持たないように見える線も、手相を知れば、ある法則に基づいて刻まれているということがわかるでしょう。さまざまな線がある中でも特に、「頭脳線」は主にその人の能力、仕事、性格、知性を司どっています。頭脳線の基本の意味とみるべきポイントをご紹介しましょう。

もくじ

【手相占い】頭脳線(知能線)の位置や基本的な意味とは?

頭脳線とは、親指と人差し指の間から手のひらの真ん中あたりを横切る線を指します。頭脳線にはその人の個性や性格、能力があらわれており、適職や適性をみるのに重要な線です。
頭脳線が上向きになっているほど物質的な性格で事業や商売で成功するタイプ。逆に頭脳線が下向きになっているほど精神的で芸術に秀でています。
頭脳線がよわよわしかったり、薄かったり、悪い相が出ている場合はその他の線も複合的に見て判断することが大切です。
仮に、頭脳線上で健康上の問題を暗示されていても、生命線でその部分を補っている場合もありますし、やる気や集中力に欠けると出ていても、木星丘や第一火星丘のふくらみで補っている場合もあります。

頭脳線(知能線)は親指と人差し指の間から始まり薬指の下辺りで終わるのが一般的

一般的な頭脳線は、親指と人差し指の間の生命線の始点と同一点から始まり、斜め下方向になだらかに下がり、薬指の中間あたりまで伸びているものです。
一般的な頭脳線と比べて、その人の頭脳線が長い・短い、乱れている・乱れていない、下がっている・下がっていない、カーブしている・まっすぐと、特徴的な部分を見つけることで、人と比べて秀でている面や気を付けるべき特徴をよみ取ります。
手相の中でも、頭脳線は特にその人の能力や仕事、知性を示しており、仕事や適性で悩んでいる人がいればまずは頭脳線を見てアドバイスをしてあげましょう。細かいポイントは次の項目でご紹介していきます。

頭脳線(知能線)と流年法・運命線との交差の意味とは?

手相を見て、いつ・何が起きるかを知ることができる方法を流年法と言います。
頭脳線のスタート位置を15歳、終点を100歳(終点とは、線が伸びている/いないにかかわらず、手のひらの側面部分)とみます。その中間地点が35歳です。4分の1の地点を23歳、4分の3の地点を55歳と見ます。そのほかの年齢は、上記地点をもとに割り出してください。
運命線と交差する時期に、才能を発揮する出来事が起きると言われているので、チャンスを逃さないようにしましょう。

頭脳線(知能線)の見方・見るべきポイント①線の長さ・短さ

たまに、頭脳線が長いから頭がいい、頭脳線が短いから頭が悪いなどという人がいますが、それは間違いです。知能線が終わるところの年齢で、過酷な知的活動が終わることを示しており、頭脳線の長短で示すのは、何歳まで勉学を追及し続けるか・何歳まで知的活動をするかということ。その後も知的活動は継続しますが、より穏やかなものになっていきます。
何歳になっても知的活動を好む人の頭脳線は長い傾向にありますが、もともと短い頭脳線の持ち主でも、知的チャレンジを続けることで伸びてくることもあります。

平均よりも長い場合はよく考えて行動する人

平均よりも長い頭脳線の持ち主は、物事を深く考え、組織的に動くことが得意です。複雑な問題をじっくり解いたり、あらゆるパターンについて考えたりと、思慮深く、物事を決定するまでに時間をかけるので、優柔不断と思われることもあります。
また、頭脳線が長い人は年齢を重ねても知的好奇心を失わず、常に何かを勉強していることが好きな人が多いです。

平均よりも短い場合は直感型人間!

平均よりも短い頭脳線の持ち主は直感的に動く人で、あれこれ考えるよりはテキパキと物事をこなしていく能力に長けています。頭の回転も非常に早く、ひらめき力が抜群です。くよくよ悩まない性格で、長い会議が苦手でしょう。性格的には短気な人も多く、攻撃的な一面もあり、スポーツ選手などに多い相です。
知能線が極端に短い(中指までも届かない)場合は知的好奇心が薄く、目先の利益に飛びつきやすい面があります。

頭脳線(知能線)の見方・見るべきポイント②線の濃さ・薄さ

頭脳線が濃いとはどのような状態を指すのでしょうか。
他人と比べて自分の線が濃いのか薄いのかの判断をするのは難しいですよね。どの相が濃いかというのは、自分の手のひらの他の線とくらべることで判断をすることができます。基本的には、他の三大線(生命線・感情線)と比べて、頭脳線が濃いのか・薄いのかということを確認します。
全部の線が濃い場合と、頭脳線だけが濃い場合で示す内容も異なっています。

はっきりと濃く表れている時はスポーツよりも勉強に向いている?

生命線や感情線と比べ、頭脳線だけが濃いのは、肉体よりも知能を使ったことを好むことをあらわしており、スポーツよりも勉強や研究に興味を持つ人が多いです。感情的になるよりも、理性的に考え、危機的状況でも落ち着いて行動をすることができるでしょう。また、この相の持ち主は、優れた集中力を持ち、キビキビとしており、行動力があり、思考が冴えていて、安定した判断力があります。目的に向かって粘り強く挑戦できるタイプです。

薄く表れている時は集中力がなくなっているかも

生命線や感情線と比べ、頭脳線だけが薄いのは、落ち着きに欠け、集中力にムラがあることをあらわしています。ストレスに弱く、忍耐力のなさや根気のなさが目立つことも。また、自分に自信がなく、思っていることをはっきりと主張することが苦手です。思ったように物事を進められないことが多々あり、それが更に大きなストレスをもたらしています。

頭脳線(知能線)が無い場合はマスカケ線かも?

稀に「私には頭脳線が無いんです」という人がいますが、たいていの場合は、自分がないと思っているだけで実際にはとても薄い線を持っているか、マスカケ線のことが多いです。マスカケ線とは、感情線と頭脳線が1本になり、手のひらを右から左まで横断しているような線のことで、別名「天下取りの相」と呼ばれています。マスカケ線の持ち主は変わり者と言われることが多く、度胸があり、ここ一番のチャンスをしっかり掴める人です。波乱万丈な人生を送ることも多いです。

頭脳線(知能線)の見方・見るべきポイント③左右の手の違い

手相を見る時は左右どちらの手を見ればいいのでしょうか。手相家の間でも意見が分かれることが多く、「利き手を見る」や、「両手を組んで、上にきた方の手を見る」という説を用いている場合もありますが、基本的には両方の手を見ます。

左手は先天運や精神的変化をあらわし、右手は後天運や現実的変化をあらわしています。
ただし、これははっきりと分かれているわけではなく、何となくこのように分かれているという風に捉えてください。

右手に表れている線は外面をあらわす

右手にあらわれている頭脳線は、あなたが表向き、仕事などで見せている面をあらわし、実際に仕事として使っている能力や才能を示しています。
右手は「今」のあなたをあらわす相です。したがって、その人の現在を見たいときは右手の手相を確認しましょう。

左手に表れている線は内面をあらわす

左手にあらわれている頭脳線は、あなたが家やプライベートで見せている面をあらわしています。例えば、仕事が終わって家に帰ってから物思いにふけるときのあなたの考え方や、まだ現実世界では発揮できていない隠れた能力を示していることもあります。「本当はこういうことがしたいのに、現実世界では実現できていない…」といった人の左右の手相を比較すると、全然違う形状の線がでていることも。
左手はあなたの「潜在力」を教えてくれます。隠れた能力や、知らなかった才能を発見できるでしょう。

頭脳線(知能線)の見方・見るべきポイント④他の線や丘との関係

頭脳線は、向かう先の丘の影響を強く受けます。
例えば、頭脳線がまっすぐで第二火星丘に向かっている場合は、あなたの知的活動にも第二火星丘の特徴(現実的で行動力がある)があらわれます。逆に、曲がっていて月丘に入っている場合は月丘の特徴(想像力が豊か)があらわれるでしょう。

頭脳線(知能線)と生命線が離れている

頭脳線と生命線の始点が離れている人は、男女ともに非常に行動力・独立心があります。人の言うことを聞かないので頑固だと思われることもしばしば…。
考える前に行動をしてしまうことも多いので、無計画なところもあり、失敗することも多いですが、本人は失敗してもけろっとしているようなタイプです。
周囲からは常識外れだ、何を考えているのかわからないと言われることもありそうなので、たまには人の意見も聞き入れてみるのが良いでしょう。

頭脳線(知能線)と生命線がくっついている・つながっている

頭脳線と生命線の始点がくっついている人は、常識的な人です。
ただし、重なりが大きい(生命線と知能線が出発点から途中まで重なっている/生命線の途中から頭脳線が出ている)場合は、石橋を叩いて渡るタイプで、警戒心が強く、神経質で内気です。慎重に行動するため、失敗は少ないのですが、考えすぎてチャンスを逃してしまうことも。時には勇気を出してはっきりと自分の意見を言い、ここぞという時には即座に判断することも必要です。

頭脳線(知能線)と結婚線がくっついている・つながっている

結婚線が頭脳線とくっついているのは、結婚線がかなり下降している状態です。結婚線は基本的に上向きが良いとされ、下に向けば向くほど、相手との関係性が悪くなっていることを示しています。結婚線が感情線を越えて頭脳線まで下降している場合はかなり深刻な事態が起きている証拠。裁判沙汰や警察沙汰になることもあるので注意しましょう。

終点が小指の下(水星丘)に向かっている

終点が水星丘に向かっている人は現実的で、金銭感覚に優れています。物事を合理的に考え、無駄なことを好みません。政治家、経営者、実業家に向いており、何事も器用にこなすのでサラリーマンなどでもある程度の成功を収めるのは難しくありません。
ただし、損得勘定で動きすぎるところがあり、面白みに欠ける人だと思われることもありそうです。

終点が月丘の上部に向かっている

頭脳線の終点が月丘の上に向かっている人はバランスが取れたタイプで、現実的な面と直感的な面を合わせ持っています。ロマンチックな面もありますが、現実の厳しさも分かっているタイプで、金銭感覚もバランスがとれています。
見栄や虚勢を張らないので人間関係も円滑に進み、趣味などにも精を出して人生を楽しめるタイプです。

終点が月丘の奥に向かっている

頭脳線が月丘の下の奥の方まで伸びている人は、豊かな想像力の持ち主です。月丘(直感力、芸術、空想家)の影響を強く受けているので、芸術家の資質があります。長く、月丘下部まで伸びる頭脳線の持ち主は、クリエイター、アーティスト、音楽家、スタイリストなど、芸術関係の仕事に就くと大いに満足した人生を送ることができるでしょう。

線上にスクエア(四角紋)がある

スクエアとは、4本の短い線が組み合わさってできた四角形の形をした印のことです。
ライン上にスクエアがある時期は、守護神に守られているような運の良い時期を示しています。ただし冒険を好む人にとっては、いまいち面白くない時期だと感じられることも。特に頭脳線上のスクエアは学ぶべき師との出会いを示しています。こちらも、教えに従順になりすぎて、自由な発想を忘れてしまいがちになるかも…という暗示もあります。

線上にトライアングル(三角紋)がある

トライアングルとは、3本の線が組み合わさってできた三角形の形をした印のことです。
ラインが他の短い2本の線と結びついてトライアングルになっているのは吉兆の印。特に頭脳線上にトライアングルが表れた場合は知的な活動に対しての吉報をあらわします。勉学、研究が認められ、更なる飛躍の場が与えられることを予期しています。

線上に十字紋(×印・クロス)がある

十字紋とは、短い2本の線が合わさって十字型になっている印のことで、アクシデントやショックな出来事が起きることを暗示する印です。あらわれる場所により、吉凶は異なりますが、そのほとんどが悪い意味を持ちます。特にライン上にあらわれた場合は、進行中の恋愛や計画が途中でストップする予兆です。頭脳線上にあらわれた場合は、勉学や仕事の一時停止期間をあらわします。これは、悪い意味だけでなく、進むべき方向を自分でもう一度考えなおすチャンスととらえることもできるでしょう。

線上にスター(星・アスタリスク)がある

スターとは、3本以上の短い線が合わさって、星型のようになっているものを指します。
基本的な意味は大きな変化や強いショックをあらわし、スターが出ている場所によって吉凶が変わります。
ライン上にあらわれた場合、その時を境に運命が好転することを示しています。これまでの勉強や仕事とは全く違う分野の勉強・仕事に従事することになりそうです。この時点から人生ががらっと変わる人も。

頭脳線(知能線)の見方・見るべきポイント④線の形状や状態

頭脳線の形状や状態でその人の基本的な考え方や、適性が分かります。
例えば、頭脳線上に細かな上向き線が多数ある場合は積極的な性格、細かな下向き線が多数ある場合は内気です。また、まっすぐに伸びているか、曲がって月丘の下の方まで伸びているかでその人が現実的か・空想的かといったことを判断することができます。

頭脳線(知能線)の途中に上向き・下向きの枝分かれ(支線)がある

頭脳線上に上向きの細かい線が出ている場合、積極的な性格で、何か新しいものを作ったり、新境地を開拓することが好きな性質をあらわします。
逆に下向きの細かい線が出ている場合は、消極的な性格をあらわしています。マイナス思考で、物事を悪い方向に考えがちな人も…

頭脳線(知能線)が二本・三本、またはそれ以上にたくさんある

頭脳線が二本、三本とあることを「二重頭脳線」と呼びます。二重頭脳線の持ち主は才能にあふれていて、頭脳線の数だけ才能があることを示しています。
この相の持ち主は、多方面で活躍できる人で、本業だけでなく副業などでも大きな成功を収める可能性が高いです。性格はかなり勝気な人が多いでしょう。

線の途中に島や大きな島がある

頭脳線上の島はノイローゼや憂鬱だったり、大きなストレスを抱えている時にあらわれます。イライラしたり、頭痛に悩まされたりすることが多いでしょう。頭脳線上に島が出来たときは、知的活動でのスランプで視野が狭くなっています。明るい夢や理想を描いたり、うちに籠らず社会や世界に関心を向けるなどという気分転換をしましょう。

線の途中にフィッシュがある

フィッシュは、魚が泳いでいるような模様の相です。島と似ているので間違えられることが多いのですが、島とは違ってフィッシュは「ラッキーの前兆」と呼ばれる、幸運の印です!
頭脳線上にあるフィッシュは特に仕事での幸運や成功を示しています。特に今までの努力が認められるような、継続して頑張ってきたことに対して、何か良いことがあるということの予兆です。また、何か新しいことを始めた人の頭脳線上にフィッシュがある場合は、その選択肢がまちがっていないことを示しています。

終点が二股・三股・それ以上に分岐している

頭脳線の終点が二股、またはそれ以上に分かれているのには、いくつかのパターンがあります。

▽支線が水星丘(小指方面)に向かっている場合
お金に興味がある人で、実業で成功しやすいことを示しています。

 

▽支線が太陽丘(薬指方面)に向かっている場合
芸術や芸能関係で成功しやすいことを示しています。

 

▽頭脳線がまっすぐで、支線が月丘(小指の下の方のエリア)に向かっている場合
絶えず何かをしていたい行動派なことを示しています。現実と理想の区別がきちんとしています。

 

▽終点が3本以上に分かれている場合
明るく楽天的で、大きな野心を持っている人に現れています。大きな成功を暗示しています。

途中で切れている・途切れ途切れになっている

頭脳線が途中で切れている場合は、その時に神経や脳に障害があらわれることを暗示・警告しています。頭脳線の途切れに重なって新しい頭脳線がある場合は、転職や、その時期にその人の考えが大きく変わることを示しています。
頭脳線が途切れ途切れになっている人は、集中力がなく、飽き性です。何かを成し遂げるには、人一倍の努力が必要になるでしょう。

頭脳線(知能線)がギザギザ(のこぎり状)になっている

頭脳線がギザギザの場合は、神経が落ち着かない状態をあらわしています。からだの調子が悪かったり、家庭内が不和になっていたり、恋人とうまくいっていなかったりと精神的にイライラしている時にあらわれます

線が鎖状になっている

頭脳線が鎖状になっている相は、気が散りやすく、熱しやすく冷めやすいことを示しています。勉強や仕事に対して根気が続かず、「決断できない」「考えがまとまらない」と言った優柔不断な状態をあらわします。
頭脳線だけでなく、感情線も鎖状の場合は、恋愛にも気まぐれで異性関係でトラブルが起きやすいことを暗示しています。
頭脳線上の鎖部分が大きければ大きいほど悩みも大きなものということをあらわしています。

頭脳線(知能線)に縦線がでている

頭脳線からでている縦線は、どの丘に向かうかで意味が異なります。

①木星丘(人差し指の下)に向かう線
プライドが高く、向上心・責任感がある人。

②太陽丘(薬指の下)に向かう線
芸術面にすぐれた人。若くして成功する可能性も高い。

③水星丘(小指の下)に向かう線
頭脳優秀で、商才のある人

頭脳線(知能線)が急降下している

頭脳線が急降下している場合は、くよくよしたり、落ち込んだりしやすいことを示しています。頭は良い傾向にあるのですが、思い込みが激しく、物事を悪い方向に考えがちです。頭脳線が下へ向かえば向かうほど、空想的、芸術的なものに強く惹かれる人で、想像力が豊かで幻想的な空想をするのが好きなロマンチストです。この相の持ち主は、一人で本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたりと一人で過ごす時間を大切にします。

まとめ

頭脳線はあなたの能力、才能、個性を教えてくれます。長いから頭が良い、短いから頭が悪いというものではありません。
手相を見ることで、自分自身も知らなかった一面を知ることができるでしょう。それは、自分でも望んでいない意外な一面かもしれません。しかし、自分の能力、才能、個性を知ることで、悪いことが起きないように先回りしたり、良い部分をさらに伸ばすことで、人生をより豊かで実りあるものにしましょう。

合わせて読みたい