手相

成り上がり線の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

<タイトル>【手相占い完全版】成り上がり線の見方とは?基本の意味と見るべきポイント

世の中には、巨額の富を築き上げた大富豪や大成功を収めた実業家が存在しますが、そんな人の手に現れる「成り上がり線」について、今回はご紹介していきたいと思います。この手相は大変珍しい大吉相として知られており、全体の約9パーセントの人にしか現れないと言われています。

成り上がり線の特徴は、言葉通りどん底や最下位からの大逆転。今までの人生をひっくり返すほどの強力なパワーを持つ起死回生の手相です。この記事では、成り上がり線の形状や特徴によって違う見るべきポイントを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

【手相占い】成り上がり線の位置や基本的な意味とは?女性・男性の違いは?

成り上がり線は、親指と人差し指の間から、中指の付け根に向かって伸びており、緩いカーブを描いている線です。この線が表す意味とは、これまでの努力が報われ大きな成功を手にすることや、大金を得られる機会が巡ってくることを予兆する吉相として知られています。

男性にこの線が現れた場合には、仕事で大きなプロジェクトや大役を任されるなど、ビジネス面での影響が大きく、一気に昇進や栄転できるチャンスが舞い込んでくることを暗示しています。

女性にこの線が現れた場合には、仕事運の上昇はもちろんのこと、金運にも良い影響を与える成り上がり線の効力により、玉の輿に乗れるタイミングが訪れることを意味しています。この間の恋愛にはどんどん積極的になって良いといえるでしょう。

成り上がり線が現れる場所とは?生命線の起点あたりから始まり中指の付け根で終わるのが一般的

成り上がり線の正確な位置と形は、親指と人差し指の間、つまり生命線の起点あたりから中指の付け根に向かって弧を描き、湾曲しながら伸びている線です。この場所は、他の手相もよく現れる場所なので、見極める際には注意が必要です。

この線からは、生命線の起点からぐんと右肩上がりに上昇している形から、見ているだけでもパワーをもらえそうな力強さを感じ取れます。まさに、成り上がる様を表現しているかのような印象を見る人に与える手相です。

この線を持つ人の特徴は、カリスマ性とポジティブな思考を併せ持ち、人を惹きつける力を持っています。また、困難に立ち向かえる粘り強さと根性が備わっているので、経営者や芸能人に多い線でもあります。

成り上がり線の見方・見るべきポイント①線の長さ・短さ

成り上がり線の長さは、その効力の強さそのものを表しています。線が長いものほどより強い力を授かっていると読み取ることができます。長い成り上がり線とは、線の湾曲がたっぷりと深く、緩やかに中指の付け根まで伸びているものです。

そして短い成り上がり線は、生命線の起点付近から右上に向かって真っ直ぐと直線を描き、中指の付け根まで到達しないものです。この形状の場合は、成り上がり線の効力も多くは得られず、努力が中々実を結ばないこともあるようです。

この特徴の違いから運気の強さを読み取ることで、普段何を意識して行動すべきかという道標が見えてきます。ただ意味を理解するだけではなく、読み取った内容から自分のとるべき行動を見出し、生活に役立てていくと日常はどんどん好転していくでしょう。

平均よりも長い場合は少しの努力でも良い結果に結びつく

長い成り上がり線を持つ人は、自分の行ってきた努力が実を結ぶ瞬間がすぐ目の前まで来ていることを暗示しています。それがたとえ少ない努力であっても、それなりの成果が返ってくるでしょう。

また、線の長さは効力の持続期間も表しており、長いものであればその恩恵を受けられる期間も十分にあるということを示しています。コツコツと努力することを忘れず、向上心を持って物事に取り組む姿勢を忘れなければ、その成功を長期的に継続することも可能です。

平均よりも短い場合はその効力も弱い!

短い成り上がり線を持つ人は、負けん気やチャレンジ精神が人一倍強く、とてもアグレッシブであるという特徴があります。しかし、線が短いということは、運気の強さはほどほどであることを表しています。

持ち前の行動力で必死に努力し、結果を得ようとしますが、時にはそれが実らず空回りしてしまうこともあります。何事にも全力で取り組める人なので、やってくるチャンスは必ず物にしますが、何事もタイミングを見極めることが大切だと日頃から意識しておきましょう。

線が伸びてきたように感じる

成り上がり線が伸びて来たように感じるときは、普段の行動の指針や思考回路が、成り上がり線の効力を向上させるものであったことを意味しています。無意識にそれができている人は、いずれ立派な成り上がり線が手に現れる日が来るかもしれませんね。

手相は、自分の考え方やこれまでとって来た行動次第で、どんどん変化していきます。早いサイクルだと、2週間?3週間ほどで、全然違う手相になっていることもあります。普段の行いを良くしようと意識することで、良い手相が現れる確率も高くなるのです。

成り上がり線の見方・見るべきポイント②線の濃さ・薄さ

成り上がり線の長さは効力の強さを表しますが、線の「濃さ」で成り上がり線を見るときは、その人の精神面であるモチベーションを表しているとされています。

なので、線の濃い・薄いを見るときは、運気が良いなどの判断材料にするのではなく、今の自分が物事に対して、どのようなモチベーションで取り組んでいるかということを知りたい時に見るべきポイントといえます。

これを確認することで、改めて自分を客観視することができ、より成功を掴みやすい行動に方向転換することも可能です。

はっきりと濃く表れている時は今までの努力が実を結ぶ予兆

成り上がり線とは努力の象徴です。これがはっきり濃く現れているということは、その人が相当な努力を積み重ねて来た証といえます。これまでの行いが全て実を結び、大きな花を咲かせ大成することを表しています。また、メンタル面もかなり強化されている時期なので、ちょっとやそっとではくじけない、粘り強さを持っていることも読み取れます。

必死に頑張っていた日々から一気に頂点へ駆け上がるため、最初は急激な環境の変化に困惑するかもしれませんが、掴み取った成功はそれを凌駕するほどの喜びと幸福をもたらすことでしょう。

薄く表れている時は精神的にネガティブな状態

成り上がり線が薄い場合は、本来持っているはずのハングリー精神や野心が減退していることを表しています。この状態が続くとせっかくの幸運に気付かず、目の前を通り過ぎてしまいかねません。

そんな時は、エネルギーを引き出そうという意識を日頃から持つことに注力しましょう。そうする内に線の太さが戻り、本来のパワーを取り戻せることもあります。立ちはだかる壁から逃げるのではなく、乗り越えようとする気持ちが、成り上がり線の力を増幅させてくれます。

線が濃くなってきたように感じる

成り上がり線が濃くなってきた時は、その人の精神力がとても強くなっていることを表しています。今置かれている状況も合わせて読み取ることが必要ですが、何かの重圧に耐えつつ乗り越えようと励んでいる人は、濃い成り上がり線が現れやすいといえます。

日常の環境や自分の考え方に変化があった時、手相も大きく変わるタイミングとなります。成り上がり線も、精神力が鍛えられることで濃くはっきりしたものに変わっていく可能性も十分にあります。

成り上がり線が無い場合は努力をしても成功できない?

成り上がり線は数ある手相の中でも極めて珍しいもので、むしろ現れている人の方が少ない手相です。なので、成り上がり線が無いからと言って努力をしても無駄であるということは決してありません。

また、何としても成り上がり線が欲しい!という人は、その線をペンで書き足してみましょう。そうすることにより、日頃からその線を意識して行動できるようになるため、手相に発現しやすいと言われています。ぜひ、試してみてください。

成り上がり線の見方・見るべきポイント③左右の手の違い

手相を見る時に左右どちらの手で見れば良いか分からない。そんな経験はありませんか?手相は、利き手が現在から未来の運勢を表し、利き手では無い方が生来からの素質と過去の運勢を表していると言われています。

利き手に出る手相は後天的に授かることが多いとされ、その人の行動や思考の仕方により変化も激しいといわれています。利き手では無い方の手相は、その人の本質や秘めたる能力が現れているとされています。その時何を知りたいかによって見る方の手が変わるということです。

また、もし成り上がり線が両手にあった場合は、生まれ持った努力家の素質と強力な運気が合わさり、生涯その効力の恩恵を受けられることを表しています。まさに大器晩成。順風満帆な輝かしい人生を送れるでしょう。

右手に表れている線は大きな成功を手にする前触れ

利き手を右手としてみた時に成り上がり線があった場合には、その人の努力で授かった強い運気が宿っていることを示しています。何事にもコツコツと真面目に取り組むことで成功を呼び寄せ、大きな実績を残したり、大金が舞い込むことを予兆しています。

利き手に成り上がり線が現れた場合は、その行動の結果から得られた運気なので、そのまま得られた成功に驕ることなく、また次の目標に向けてコツコツと努力をすれば、さらに大きな成功を掴める可能性も高いです。

左手に表れている線は生まれながらの努力家

利き手では無い方を左手として見る場合、生来の素質である努力を惜しまない性格が成功をもたらしますが、その成功は人生に大きな影響を与えるほどのものではありません。

そして、何ごとにも一生懸命に取り組むことで成功を手にしてきた実績から、あえて無理なチャレンジやリスクを冒そうとはしません。それ故に、せっかく巡ってきた大チャンスを見逃してしまうということも少なからずあるようです。時には思い切った決断も必要かもしれませんね。

成り上がり線の見方・見るべきポイント④他の線や丘との関係

手相を見る時に、その線の周りに現れている線やマークも非常に重要なポイントとなります。その形状によっては、手相の意味を補助するもの、あるいはマイナスにしてしまうものもあるからです。

ただ手相がある・ないだけで見るよりも、このポイントをしっかり抑えておくことで、より正確に手相のメッセージを知ることができます。これから起こりうる出来事に対して的確な行動を取れるよう心の準備をしておくことで、いざという時に物事がスムーズに運びます。

たくさん種類がある線やマークですが、ここでは成り上がり線に関係する3つの相についてご紹介いたします。ちなみにこの相は、どの手相にも関係してくるメジャーなものなので、ぜひこの記事を機会にいろんな手相のパターンで調べてみてください。

線上にスター(星・アスタリスク)がある

手相にスターがある場合、それがどこに現れていても幸運の前触れ。とても良い吉相として知られています。3、4本の線が交差するように重なっており、アスタリスクに見えるような形のものをスターと判断します。よく十字紋と間違えられやすいので注意して探しましょう。

成り上がり線上にこのスターが現れた場合は、金運が最高レベルに良い状態であることを表しています。降って湧いたように幸運が訪れ、ラッキーな出来事や思いがけない収入が舞い込んでくることを予兆しています。

線上にトライアングル(三角紋)がある

トライアングルは、手相の線に接していると良い意味を持つものが多いのですが、線上に重なって現れる場合、それはマイナスの力へと逆転することがあります。この相は小さく細い線で現れやすいので、なかなか気づきにくい特殊紋です。

成り上がり線上にトライアングルが現れた場合も、運気やモチベーションの低下など、マイナスの力が働きます。成り上がり線の持ち味であるハングリー精神やポジティブなメンタルが喪失するなど、効力自体が落ち込んでしまう状態を表しています。

線上に十字紋(×印・クロス)がある

手相における十字紋は、トライアングルと同様、現れる場所によって良い意味のものと、悪い意味のものがあります。2本の線が交差し重なっている形をしており、見えづらい細かな線までカウントすると結構数があるように思いますが、十字紋として数えるのは、濃くはっきり現れている明瞭なものだけです。

この相が成り上がり線上に現れた時は、頑張って努力した成果が水の泡になるなど、大きなトラブルや問題が起こることを暗示しています。

成り上がり線の見方・見るべきポイント⑤線の形状や状態

手相は人によって千差万別で、同じ手相でもその出方や形状のパターンは複数存在します。その違いごとに表す意味も異なり、読み取る際にも注意して見ていく必要があります。

成り上がり線にも形状ごとに様々な意味があり、ここでは5パターンの形状をご紹介して行きます。様々な角度から合わせて見ることで、その人だけのピンポイントなメッセージが読み取れる手相は、あなたの人生を幸福へと導くヒントがたくさん込められているのです。

線が二股に分かれている

成り上がり線が二股に分かれて見える場合、二重の成り上がり線の可能性があります。二重であるということは、その手相が意味する力も2倍であることを表し、あるだけでも大変運気の良い成り上がり線の力をさらに強力にする大吉相です。

運気はもちろん、向上心や野心といったエネルギッシュな精神が燃え盛り、どんなことにも意欲的に取り組めるメンタルを持っています。もし障害があったとしても、絶対にやり遂げるという気持ちが強いため、大成功を納められる可能性も一段と高まります。

線が二本・三本と複数ある

成り上がり線が複数存在する場合、その本数分運気やエネルギーも2倍、3倍となることを表しています。先ほど紹介した二重のものでさえかなり珍しい相なのですが、このパターンはさらにその上を行き、本当にごく稀にしか見れない、大変めずらしい手相です。

複数の線は、たくさんの幸福を呼ぶ暗示。その数だけ、その人に訪れる良い出来事が多いと言われています。この手相があった場合は、今すぐ何か行動を起こすことをオススメします。叶えたい夢や、なし遂げたい事がある人には必ず良い結果を運んでくれるはずです。

線の始点・終点が枝分かれしている

成り上がり線の端が枝分かれしている場合は、木星丘(掌の人差し指下部の膨らみ)に出る他の線に接していると読み取れます。成り上がり線の始点が枝分かれしている場合は、リーダー線と接している可能性があり、この線を持つ人は指導者や人の上に立つ才能があることを示しています。

逆に終点が枝分かれしている場合、社交線と接している可能性があります。この線は、その人が明るく天真爛漫で、人との関係を築く能力に長けていることを表しています。

線の途中にフィッシュ(魚紋)がある

フィッシュのマークは、手相において吉兆の印とされており、関係する線の効力を高めてくれる相として知られています。成り上がり線にこのマークが出た時は、近い将来に幸運の訪れや、今までの努力が実り成功を納められることを予兆しています。

普通に日常を過ごすだけでも、ちょっとした幸運に恵まれやすくなる時期ではありますが、そんな中でも努力を怠らず、自分を律しながら生活を送ることにより、さらに大きな成果や結果を残すことも不可能ではありません。

線の途中に島がある

線上に島がある場合、その線に良くない意味を与える妨害線として読み取ります。結果を残そうと突き進む道半ばに大きな障害が立ちはだかったり、トラブルに巻き込まれて行く可能性があることを示唆しています。

そんな状況でも目標に向かって邁進し、必ずやり遂げるという信念で障害を乗り越えた時には、島も消えているはずです。最後まで自分を信じ、今まで積み重ねてきたことを無駄にしないように強い気持ちを持って物事に取り組みましょう。

まとめ

 

成り上がり線とは、どんな困難に見舞われてもひたむきに成功を信じ続け、努力のできる人に現れる手相です。その人が自分で掴み取った幸福は、線の効力により増幅され、さらなる栄光を呼び込むでしょう。

滅多に見れない珍しい手相ではありますが、目標に向かってコツコツと努力を積み重ね、何事にも一生懸命に取り組むことによって、この強力な運気を呼び込む手相があなたの手に現れる日が来るかもしれません。

手相は今の自分を映し出す鏡です。そこから未来を予想し、今の自分が成すべきことや将来のためになる行いを知ることができます。そんな人生の指針ともなり得る手相をうまく活用し、輝かしい未来へと繋げられるように、ぜひ役立ててみてください。

合わせて読みたい