手相

【手相占い完全版】地丘の見方とは?基本の意味と見るべきポイント

地丘(ちきゅう)は手首の付け根のちょうど真上にある膨らみのことです。月丘や金星丘にはさまれた狭い部分です。ただし、運命線の出発地点ということもあり、手相で運気をチェックする場合には見逃せない部分です。
地丘はスピリチュアル的なことや先祖との縁の強さなどを表しています。地丘の状態によっては、これらの意味が強められたり弱められたりすることになります。地丘の状態や現れているサインをチェックして、いっしょに開運のポイントを探ってみましょう。

【手相占い】地丘の位置や膨らみ方、基本的な意味とは?

地丘は手首のちょうど中央の部分、月丘と金星丘の中間にあたります。地丘はギリシャ神話の海の神・ネプチューンや、冥府(めいふ)のハーデス(プルート)の象徴とされ、未知の世界やあの世を意味する丘です。
生死や「あの世」に関すること・先祖との縁、そして生まれ育った環境を意味しており、よい意味が強い場合には、愛情にも経済的にも恵まれた環境にいることを示しています。
さらに、霊感・直感などの第六感や洞察力を意味しています。他の人には見えないものが見える・カンが当たりやすい・ひらめきが大いに役立ったなどということも少なくないでしょう。
また、手の中央を通る運命線の一般的な起点(起点位置は人により異なる)に当たる部分で、運の強さや足元の土台の強さを見る場合でも、欠かすことのできない地点です。

膨らみが適度にある状態の意味

地丘の膨らみが適度にある状態なら、先祖の守護が強いため困難やトラブルに遭遇しても助けられることが多いタイプです。霊感といった第六感も強く、他の人には見えないものを見ることがあります。霊感や直感によって危機を逃れることもあれば、大きなチャンスをつかむこともあります。
また、家庭という土台がしっかりしているので経済的にも安定していることの方が多いでしょう。経済的な面で心配することが少ないので、内面的にも落ち着きがあります。

膨らみが異常に発達している時の意味

地丘の膨らみが異常に発達している時は、精神的にタフで強運の持ち主です。先祖はもちろん血縁者との縁も強く、困った時には援助が期待できます。
しかし、ややわがままなところがあり、周囲の人を振り回してしまうかもしれません。幼少のころから周囲の愛情に恵まれ、経済的な不自由をしていないために、自分と異なった境遇に育った人を理解するのが難しいこともあるようです。
さまざまな人に出会い、積極的に自分の見識を広げていきましょう。

発達がしていない時の意味

地丘が発達していない時は、先祖とのつながりを強める必要がありそうです。お盆やお彼岸には先祖の墓参りをするように意識するといいでしょう。
人にだまされるようなことが少なくないかもしれません。よく知らない相手を簡単に信用するのではなく、相手を冷静にチェックすることも必要です。
経済的な面が不安定で、お金の心配をしていることが多いようです。内面的にも落ち着かないことの方が多いかもしれません。
なぜ経済面が安定しないのか?を考えて改善することが大切です。経済面が安定すれば心も落ち着くようになり、よりよい人生を歩み始めます。

地丘の見方・見るべきポイント①丘にある紋やマーク

地丘は金星丘と月丘の間にはさまれたエリアです。ごく狭いエリアではありますが、地丘に表れる紋・マークにも大切な意味があります。ただし、他の丘ではラッキーサインとされている紋・マークであっても、地丘ではアンラッキーを意味していることがあるので注意しておきましょう。
地丘にラッキーとされる紋・マークが出ていれば、基本的に霊感や直感・ひらめきといった第六感が鋭く、先祖からの守護が強いことを意味します。困ったことがあれば家族や親戚を頼ることもできるでしょう。
また、家庭という土台がしっかりしているので精神的にも安定しており、自分の先行きに明るい見通しを持っています。
アンラッキーな紋・マークが出ていれば、地丘の意味を弱めます。しかし、アンラッキーだからといって落ち込むのではなく、なぜアンラッキーなのかを知って改善することで運は間違いなく開けていきます。

スター(星・アスタリスク)がある時の意味と見方

スター(星・アスタリスク)とは、いくつもの短い線が米印のような形を作っている相です。
スターが地丘に出ている時には、霊感や直感・ひらめきといった第六感が非常に強く、普通の人に見えないものが見えてしまうことがあります。先祖の守護も強いので、大きな災厄から事前に逃れることもあります。
逆にラッキーチャンスに偶然出会うといった不思議な体験をすることもあるでしょう。内面的な部分が充実して落ち着きがあるので、ちょっとやそっとではびくともしません。人にだまされるようなこともまずないでしょう。

トライアングル(三角紋)がある時の意味と見方

トライアングル(三角紋)は短い3本の線が三角形を作っている相で、地丘に出ていれ霊感や直感・ひらめきに恵まれることを示しています。チャンスに強くなれるほか、自分の身に降りかかる災厄を自然に避ける能力もあるようです。
地丘から伸びている運命線にこのトライアングルがくっついている場合には、運命線の意味を弱めてしまいます。逆にアクシデントやトラブルに見舞われる可能性が出てくるので、判断する時には注意しましょう。

スクエア(四角紋)がある時の意味と見方

短い4つの線が交差してシャープのような形になったものをスクエア(四角紋)といいます。スクエアは地丘の意味を強める働きがあります。たとえ地丘の膨らみが足りなくても、スクエアがあれば地丘の意味を強めてくれます。
カンが鋭く、人のウソを見破ることもあるので、トラブルなどを事前に避けることができるでしょう。ひらめきがビジネスに結び付くと大きな利益をもたらすかもしれません。
先祖との結びつきも強いので、大きなラッキーや助けられることがあれば感謝することを忘れずに。

十字紋(×印・クロス)がある時の意味と見方

十字紋(×印・クロス)が地丘にある場合には、人を見抜けないためにだまされる・悲しい思いをすることがあるかもしれません。
特にまとまった額のお金を動かす時、大事な決断をする時には自分ひとりだけで判断しないことです。必ず家族や信頼できる人に相談してから決断するようにするといいでしょう。
ひらめきやカンといった第六感に頼るよりも、自分が納得できるかどうか論理的に考える方が何事もうまくいきます。また、先祖との縁を強めるためにも墓参りは欠かさないことです。

格子紋(グリル)がある時の意味と見方

複数の横線と縦線が交差して網目のような形を作っていることがあります。これが格子紋(グリル)と呼ばれる手相です。現れる丘によって吉凶が分かれます。
残念ながら地丘に現れている場合にはよい意味ではありません。自分の血縁者がいざという時にアテにならないことを示しています。逆にあなたが、何らかの責任を負わされるようなことがあるかもしれません。
カンやひらめきをあてにするよりも、自分の目でしっかり見極めることが大きな災いを避け、よりラッキーにつながります。

フィッシュ(魚紋)がある時の意味と見方

2つの曲線が交わって魚みたいな形を作っているめずらしい相をフィッシュ(魚紋)と呼びます。
めずらしいだけに、このフィッシュはラッキーな度合いが強い相です。地丘に現れている場合には、霊感やカンが鋭くなっており、危うく難を逃れたりビッグチャンスに恵まれたりすることを意味します。先祖とのスピリチュアル的なつながりもあるので強運の持ち主です。線に現れるシマ(凶の相)によく似ているので、判断する時には気をつけましょう。

ほくろがある時の意味

地丘にほくろがある場合、自分の血縁者と縁が薄くなることを意味しています。しかし、親に頼ることなく、自分の力で切り開いていくことで運が開けていきます。
何事も自分の目で確かめてから判断することが大切です。根拠のないカンやジンクスといったものに頼らない方がうまくいきます。
逆に血縁者から面倒なことを押し付けられることもあれば、必要以上に依存されて困るようなことがあるかもしれません。心当たりがあれば少し距離を置くことも考えましょう。

地丘の見方・見るべきポイント②丘にある線

地丘は非常に狭いエリアではありますが、人によっては運命線の始まりの地点ともなっており、手相を鑑定する上でも大切な丘です。
また、生命線・知能線(頭脳線)から伸びている線や月丘の線が地丘に入り込んでいることもあります。地丘に表れている線がどこからやって来ているのかもチェックしておきましょう。
地丘にだけ現れる特殊な線もあり、独特の意味を持つものもあります。地丘に表れる線はいずれも霊感や直感や先祖との関わりのほか、洞察力を意味しています。さらに、不動産や自分の体のコンディションについても表していることがあります。
地丘に現れている線によって悪い相が出ているなら、その原因も地丘が現しています。地丘が意味することに、原因や心当たりがあるなら先手を打って対処することで、大きな災厄を逃れることもできるでしょう。

横線がある時の意味と見方

生命線から地丘に伸びている横線があれば、それは旅行線です。その名の通り旅行に関する運を司っています。旅行や長距離の移動などにおいてラッキーなことが期待できる運です。
逆に月丘の下の部分から地丘にかけて伸びている横線は、放縦(ほうじゅう)線と呼ばれます。何ものにも縛られることを嫌い、自由奔放な生き方をしている人に見られる線で、もっと信念を貫くような精神が必要かもしれません。不規則な生活によって体調を崩しやすい時にも現れやすい線です。

縦線がある時の意味と見方

地丘に縦線がある人は霊感や直感が強く、先祖の守護が強いことを意味します。実際に霊能者や占い師といったスピリチュアルな仕事をしている人もいるでしょう。
さらに、我慢強さがあるので動くべき時・そうでない時をしっかり見極めて行動することができるタイプです。洞察力も高いので、人にだまされるようなことはまずないでしょう。内面的な強さは周囲の人にも影響を与えやすく、人をポジティブに明るくするパワーを持っています。

斜め線がある時の意味と見方

地丘の2本の縦線が一本の斜め線と交差して、鳥居のような形をしている相をテンプルと呼びます。地丘は先祖を現すエリアで、そこに何らかの建物が建っているとみなすので、一族の中心的な人物になることを意味しています。
あなたの活躍によって、一族が栄えていくかもしれません。土地・家屋といった不動産運も強いでしょう。霊感や直感といった第六感を備えているので、トラブルや困難を避けることができ、ここ一番という大きなチャンスにも強いタイプです。

知能線(頭脳線)が地丘に伸びている時の意味

知能線(頭脳線)が地丘に伸びている時は、ものの見方や価値観が普通の人とはかけ離れているかもしれません。他人から理解されがたい部分もあり、葛藤することもあれば自分の世界に引きこもってしまうことがあるでしょう。
しかし、クリエイティブな仕事や活動に関わっている人なら、専門性やオリジナル色を強く打ち出すことによって、他者を引き離して大きくリードできる可能性があります。万人受けするよりも、一部のマニアックな人から熱烈に支持されるタイプです。

運命線が地丘から伸びている

運命線が地丘から伸びている人は大変な強運の持ち主です。先祖との縁を意味する地丘から運命線が伸びているので、それだけ先祖との縁が強く、あらゆる困難を乗り越えることができるでしょう。
幼少の頃から誰かにおとなしく従っているというよりも、ひとりで自由に伸び伸びと活動するタイプです。芯が強く、何事も自分の力で解決しようとします。誰かに依存するようなことはまずありません。親元を離れて巣立った時に人生は大きく開けていきます。

まとめ

地丘は霊感やカンの鋭さといったような不思議なパワー、加えて先祖とのつながりを意味しています。また、自分の足元の経済的な部分や不動産といった現実的な部分も意味しています。
ラッキーサインが出ていれば、サインが意味する能力を存分に発揮して、さらなるラッキーを掴み取りましょう。
悪いサインが出ていたとしても、あなたの努力・心がけ次第では運はよい方向に向かって行きます。悪いサインは消えるように念じていれば消えてしまうこともあるようです。
悪いサインで落ち込むよりも、よい方向にもっていこうとするポジティブな考えが一番大切です。どんなによいサインが出ていたとしても、何もしないでいれば運は逃げて行ってしまいます。自分で地道に努力することが大切です。

合わせて読みたい