花言葉

ガーベラの花言葉や由来|色別(ピンク色・オレンジ色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ガーベラの花の特徴や名前の由来

ガーベラの花の特徴は茎先に7cmから10cm程の花が1輪ずつ咲きます。一重咲きと八重咲きがある。100年前に南アフリカで発見されて、イギリスを始めヨーロッパの広範囲で多彩な品種が作り出されている。特にオランダで大きな花が咲き、色も豊富な種類が作り出されてからは切り花としての生産が増加した。そんなガーベラの名前の由来はドイツの博物学者ゲルベルからとった。別名クレオパトラとも呼ばれています。

ガーベラの花言葉の意味とその由来とは?

紫陽花は梅雨時期だけに見れる特別な花なので、誰かから頂く事もあると思います。可憐な花なのでどこに飾ってもインテリアを素敵にしてくれますが、風水的には玄関に置くと金運がアップするそうです。ただ、紫陽花には恋愛運を下げてしまうかもしれないというデメリットもあるそうですので、恋活中の方はご注意を!

≪ガーベラの花言葉≫「究極美」「希望」「常に前進」「勇気」

はなやかで、ぱっと明るく、可愛らしい姿が多くの人に愛されている花である、ガーベラ。そのガーベラは、その見ための印象のままに、とても前向きな花言葉が多く、「究極美」「希望」「常に前進」などとなっています。とても納得のいく花言葉ですね。

≪色別≫ピンク色のガーベラの花言葉

ガーベラは存在感のある花で華やかです。その中でもピンク色のガーベラは可愛らしく、アレンジメントにも利用しやすい花です。
そんなガーベラの花言葉は「感謝」「熱愛」「童心に帰る」です。もともとガーベラは愛と美の花言葉を持つ花ですので、恋愛をより楽しめるために飾るのもいいですね。

≪色別≫オレンジ色のガーベラの花言葉

フラワーアレンジメントでも大活躍のガーベラは、色によって花言葉が違います。オレンジ色のガーベラは「冒険心・我慢強さ・忍耐強さ・神秘的」があてはまり、見た目から元気なイメージがありますが、そのの他に芯の強さを象徴する意味合いもあります。ガーベラらしい、前向きでポジティブな花言葉ですね。

≪色別≫白色のガーベラの花言葉

白色のガーベラの花言葉は「律義さ」「希望」「純潔」です。 白色も同じようなイメージがあるので、その名の通りな意味ですね。付き合って間もない彼女や夢を叶える為に努力している人への花束に白色のガーベラを入れると良いでしょう。

≪色別≫赤色のガーベラの花言葉

ガーベラは色によって花言葉が違い、赤色のガーベラは燃える神秘の愛、チャレンジ、戦いに挑めなどの意味があります。赤のイメージ通り情熱的で力強い言葉が多いです。大切な恋人や就職活動をしている人などパワーを送って頑張って欲しい人に送ると喜ばれでしょう。

≪色別≫黄色のガーベラの花言葉

ガーベラは人気のお花で店頭では一年中見られるお花です。そしてガーベラは色により花言葉が違い、黄色のガーベラの花言葉は究極美や究極愛、優しさ、親しみやすさなどがあります。黄色は優しい色で元気カラーのイメージからこの花言葉になったのでしょう。友達やいつもお世話になっている人へ優しさをいつもありがとうと言う感謝を込めて送ると喜ばれるでしょう。

≪色別≫紫色のガーベラの花言葉

紫色のガーベラは自然には存在しない独自技術で染め上げた色です。なので、はっきりとした花言葉はありません。お店によってはそのお店で花言葉を作っているのもあるそうです。ただ、紫色のイメージから「孤独・崇高・繊細」という言葉が当てはまると思います。しかし、意味を気にするなら、ガーベラ全体としての花言葉の「前向き」というのがぴったりかもしれませんね。

≪色別≫青色のガーベラの花言葉

青色のガーベラは、自然界には存在しない色です。とても特別な存在という意味があります。青色は、誠実や信頼の色です。パートナーのいる方は、相手をとても大切にします。争いごとが起きた時には、相手の立場を思いやり、兼ね備えた知性と教養で、その場をまるく納めます。希望する将来に向かって、前向きな人です。

【贈り方】ガーベラを渡す時のポイントとは?

愛情や感謝を込めるならピンク色

ピンクのガーベラには「感謝」「熱愛」という花言葉があります。ビビッドなカラーの多いガーベラの中でやわらかさの際立つピンクのガーベラは、大切な人への「大好き」の気持ちや、「ありがとう」の気持ちを込めておくるのにぴったりです。

転職する人に贈るならオレンジ色

オレンジ色のガーベラの花言葉は「冒険心」です。見ているだけでも元気がでるビタミンカラーのオレンジ色のガーベラは、転職や転勤など新しい環境に踏み出す人たちに贈るのにぴったりです。前向きになりたいとき、自分を奮い立たせたいときに部屋に飾るのもよいですね。

独立する人に渡すなら白色

白色のガーベラの花言葉は「希望」。白さだけがもつ広がりは、””これから真っ白なキャンバスにすてきな絵が描かれていきますように””とこれからの未来への希望を表します。独立する人や、まったく新しいことに挑戦する人に贈るのにすてきですね。

【風水効果】ガーベラを飾る時のポイント

≪恋愛運UP≫ガーベラ自体が恋愛運UPのエネルギーを持つ

ガーベラは、「陽」の気が強い花で、人とのつながりを強くする力があると言われています。まさに恋愛運や結婚運を強くしてくれる花なので、よい出会いや恋愛、結婚などを望むなら、ぜひこの花を部屋に飾ると良いでしょう。

≪恋愛運UP≫出会いや良縁を引き寄せるならオレンジ色

ガーベラは恋愛運や結婚運を強くしてくれる力を持つ花と言われています。恋愛運を高めたいなら、色は赤や白、ピンクなどの他にオレンジを選ぶのが良いでしょう。オレンジ色自体に人を引き付ける力があるので、オレンジは良い人との出会いや結婚を願うなら特におすすめです。他の色の花や花瓶にオレンジ色のリボンを結ぶだけでも効果があります。

≪全体運UP≫黄色のガーベラなら幸福度がUP

「光が満ちる」黄色は明るさを象徴する色です。また、親しみやすさも感じる色です。黄色いガーベラはその場の雰囲気をパッと明るくします。
「究極愛」そのままできれいな黄色いガーベラは、飾らない自然なそのままの姿が愛らしいです。そのままを愛することが究極の愛です。

合わせて読みたい