花言葉

菫の花言葉や由来|色別(紫色・白色・黄色)の意味から怖い意味まで丸わかり

菫の花の特徴や名前の由来

漢字が難しいけれど日本人にとても馴染みのある「菫(スミレ)」は日本など東アジアが原産で、学名は原産地の一つ満州の名が入った「viola mandshurica」。小さな野の花ですが都会のアスファルトの隙間からでも花を咲かせるほど強い生命力を持っています。3月~5月に咲く花の形が「墨入れ」に似ているところから転じて名前がつけられたというのも面白いですね。スミレ属の仲間は世界に450種ほど自生していますが、日本のスミレと違って西洋のスミレは花の香りたち華やかなのでニオイスミレと呼ばれ区別されています。

菫の花言葉の意味とその由来とは?

≪菫の花言葉≫謙遜

菫の咲いている姿を見たことはありますか?コンクリートの割れ目からも顔を出し、咲いている、生命力の高い野生でも見られる花です。その生命力の強さとは裏腹に、道端の端だったり、草陰であったり、あまり自己主張をしないような場所で咲くことから、【謙虚】という花言葉が付けられました。可愛らしい花の形と、可憐な紫の色が、さらに奥ゆかしさを感じさせ、【謙虚】という言葉がぴったりです。

≪菫の花言葉≫可憐

春の陽だまりにうつむくように花開く菫。そのつつましくも優しい草姿は古来から多くの人々の心をひきつけてきました。山歩きで、いじらしく菫を踏みつけないようにそっと歩を進めたことがある人もいるでしょう。その姿が表す通り、花言葉は「可憐」。いじらしく可愛らしい女性に似合う花言葉です。

≪菫の怖い花言葉≫臆病な人

菫の花言葉には「臆病な人」というものがあります。菫の中でも「匂菫」とも呼ばれる香りの強い菫につけられた花言葉です。貴重なハーブとして扱われてきたこの菫は姿が見えなくとも香りだけでその花が咲いていることがわかるのだそうです。香水の原料としても使われ、華やかなお菓子の香りつけに使用されるほどの香りを持ちながら控えめにひっそりと咲くその姿は、優れているのに自信が持てず臆病にひっそりと身を隠そうとするかのようです。

≪菫の花言葉≫儚さ

春に紫色の可愛い花を咲かせる菫。菫というと紫色を思い浮かべますが、純白、薄紫、赤紫、濃紫、ピンク色など、菫の花の色は多彩。細い茎の上に一輪だけ咲く菫の花は、そっと触れただけではらはらと零れ落ちそうです。そんな菫の花言葉は「儚さ」。道端にひっそりと可憐に咲く菫の短命さをイメージさせる言葉です。

≪色別≫紫色の菫の花言葉

その姿のけなげさ、慎ましさから好まれる菫の花は、キリスト教では、聖処女マリアと結び付けられてきました。そのイメージから言われるようになった花言葉は「貞節」。姿優しくでしゃばらずに花開く菫ですが、わずかな隙間に根を下ろし、冬の寒さに耐えて花を咲かせる芯の強さも持ち合わせています。

≪色別≫白色の菫の花言葉

≪色別≫白色の菫の花言葉道端や草陰、山道などにひっそりと咲いている菫は、その可憐さや小さく慎ましい華やかさから、国内外問わず少女に例えられることの多い花です。白い菫の花言葉のひとつである「無邪気な恋」は、少女と純白からイメージする真っ新な印象を反映した可愛らしい花言葉です。

≪色別≫黄色の菫の花言葉

黄色の菫ならではの「田園の幸福」という花言葉は、田園風景を思わせるような、温かみのある黄色から来ているものと思われます。黄色い菫は、あまり見かけない珍しいものとされていますが、もし見かけることがあれば、田園風景が広がる中で、小さな幸福のシンボルのように可憐に咲いていることでしょう。

≪菫の花言葉≫つつましい喜び

菫には、その愛らしい花姿から素朴で親しみやすい花言葉がいくつかあります。「つつましい喜び」もそのひとつ。日常でのちょっとした幸せを大切にするような、あたたかい花言葉です。道端や山道で、思いがけず小さな菫の花を見つけたら、まさに慎ましい喜びですね。

≪色別≫ピンク色の菫の花言葉

ピンク色の菫の花言葉は「愛」。ピンク色は愛情を表す言葉とされているためです。ひっそりと咲く可憐な姿がよく見られますが、アスファルトにも咲く花です。慎ましく、それでいて強い力をもつ菫は子に強い愛情を持つ母のような魅力を感じますね。

≪菫の花言葉≫希望

菫の花言葉は「希望」です。陽当たりのよい場所ならば何処にでも咲いている、多年草の菫。冬には一旦枯れてしまっても、春になればまたあちらこちらで花を咲かせます。コンクリートの隙間からでも咲くその力強い姿に、希望を見出だす人も多いのでしょうね。

≪色別≫青色の菫の花言葉

青色の菫は、とても高貴で上品な色あいをしています。ちょっとやそっとじゃ近づけないような、落ち着いた貴婦人を思わせる色。そんな雰囲気から「用心深い」という花言葉が連想されるのもうなづけます。可愛らしい他の色の菫とはまた違ったイメージの花言葉です。

合わせて読みたい