花言葉

アザレアの花言葉や由来|色別(ピンク色・赤色・紫色)の意味から怖い意味まで丸わかり

アザレアの花の特徴や名前の由来

アザレア(セイヨウツツジ)はいわゆるツツジ種の総称です。日本でも自生のものも多く見かけますが、世界中で600種以上、日本でも40種以上あるそうです。一般的にはシンプルな花で葉が大き目で柔らかいものが「つつじ」、大き目で八重咲など華やかな花を咲かせ、楕円形で小さめの葉のものが「アザレア」と呼ばれています。どちらも4-5月ごろに一斉に開花するのでとても見ごたえがありますが、どちらかな?と見分けながら眺めてみるのも楽しいですね。

アザレアの花言葉の意味とその由来とは?

≪アザレアの花言葉≫慈悲

西洋ツツジともいわれるアザレア。花言葉は「慈悲」。日本や中国などのツツジがヨーロッパで品種改良されたもので、主に鉢植えで鑑賞されます。八重の豪華な花からは、あふれんばかりの慈しみ、愛情が感じられることでしょう。

≪アザレアの花言葉≫自制心

赤色のアザレアの花言葉は「自制心」や「節制」という意味があります。様々なことに対して、「やりすぎないように控える」といういう意味があります。あまり使うことがないかもしれませんが、禁煙や禁酒などを始めたり、やめようと努力している人に、応援の意味も込めて贈るといいかもしれません。

≪アザレアの怖い花言葉≫危険

アザレアは白やピンクの華やかな色の花を咲かせるかわいらしい植物です。その花言葉が「危険」だというのですから不思議ですね。実はアザレアには毒があるんです。蜜にまで毒があるというのだから美しい見た目にだまされてはいけませんね。

≪色別≫白色のアザレアの花言葉

花言葉は「あなたに愛されて幸せ」。幸せそうな女性のつぶやきが聞こえるように、鮮やかな大輪の花が人の目を引き付ける。そんな艶やかな印象のアザレアの花ですが、品種の名前も「ロザリー」「越の炎雪」「ロマンス・パール」と、とても華やかです。

≪アザレアの花言葉≫充足

素敵な花言葉の意味がある花の一つがアザレアです。特に白のアザレアには「愛される幸せ」や、「充足」という意味が含まれています。今のあなたが相手やパートナーのおかげで満たされた気持ちでいるのであれば、ぜひ感謝の気持ちをアザレアに込めてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

≪色別≫ピンク色のアザレアの花言葉

日本に逆輸入されたアザレアは、赤やピンクの様々な花が咲き乱れ、目にも鮮やかにうつります。「青春の喜び」という花言葉のアザレア。まさに緑に映え、色とりどりの衣装で青春を謳歌している若者の華やいだ様子が思い浮かぶようです。

≪色別≫赤色のアザレアの花言葉

アザレアの花言葉は「節制」です。これはアザレアがとても強い植物で、水や栄養が少なくてもよく育つというころからつけられたといわれています。特に禁酒や禁煙などの娯楽を控えたり、辞めてほしい相手に応援の意味も込めて贈るといいかもしれませんね。

≪色別≫紫色のアザレアの花言葉

初心者でも育てやすくて人気のアザレアは、たくさんのカラーバリエーションがあります。中でもお店でよく見かけるのが、紫色のアザレアです。ただし、紫色のアザレアだけの花言葉は特にありません。アザレア全般の花言葉である「節制」「お体を大切に」といった体をいたわる意味合いがあります。禁酒や禁煙などの努力をされている方に、応援の気持ちを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい