夢占い

【夢占い】蚊の夢の意味7選|刺される・大群・殺すなど状況別に夢診断

蚊の基本的な意味

蚊は現実世界でも、大きな被害はないもののうっとおしい存在ですが、夢の中に蚊が出てきた場合も、うっとおしい存在の象徴となります。蚊の夢は、蚊が現れてどうしていたかがポイントです。
もしも蚊に刺されて痒くてイライラしたり、蚊がブンブン飛んでいてうんざりした夢だったなら、現実でもうっとおしい存在や面倒な出来事に辟易してしまいそうです。蚊を殺してしまう夢の場合は、そんなうっとおしい存在・面倒な出来事から解放され、快適に過ごせるようになることを意味します。しかし蚊を殺そうとしてみても、なかなか殺せない夢の場合は、あなたが問題を解決しようともがいても、なかなか解決しないということを暗示しています。
蚊の夢の場合、確かに蚊はうっとおしい存在や面倒事の象徴なのですが、それらは深刻なものではなく、取るに足らないものであることも覚えておきましょう。

蚊の大群があらわれる夢は新展開への予兆です

知らないうちに、蚊の大群があらわれる夢には、新しい人生の展開がありそうな予感が示されています。蚊の大群が、自分をまだ知らないような場所まで導いてくれる暗示が出ているのです。怖がる気持ちを出来る限り抑えて、その誘いにに乗ってみるのが良いでしょう。不安感が次第に解消されていき、楽しい世界の扉を開くことが出来ます。未来への展望を明るいものにしてくれる存在として、象徴的な姿で夢に現れるのが沢山の蛇なのです。

蚊を殺す夢は暴力の連鎖を意味します

弱い存在である蚊を殺すという残虐な夢は、次々と誰かを傷つけてしまう未来の暗示となっています。少しでも気に入らないことがあると、自分よりも立場や力の弱いものに対しして八つ当たりしてしまう可能性があります。性格的な問題点を指摘する夢でもあり、早急に直さないと信頼を失うことになるでしょう。自分の気分一つで、多くの人々に嫌な思いわさせてしまう未来が映し出されていることから、抜本的な意識転換が求められるのです。

でかい蚊がでてくる夢は強いライバルが出てくる事

蚊は自分とりまつわりつく事から無視出来ず意識せざるを得ない存在として夢にでます。でかいとは強力なという事で、でかい蚊がでてくる夢は強いライバルが出てくる事になります。自分が属する集団に新たに入った人が自分と同じキャラを持ち、より強烈な存在となってしまいます。今まで自分は面白いとか頭が良いとかという評価を得ていたのに、とたんにお株を奪われた状態になります。しかし、無視や反発は禁物で同じキャラ同士仲良くする事が得策です。

蚊に刺される夢は鬱陶しい人に批判を受ける事

蚊は自分の考えとそりが合わない人の事で刺されるとは批判を受ける事です。そりが合わない人は周囲に必ずと言って良い程存在していますが、そのような人から自分の事をとやかく言われる事は気持ちがよくありません。しかし、自分に対して関心を持たれている証拠でもあり、善意に受け止めましょう。そのような人は一度懐に入れば強い味方となる可能性がありますので、腹を割って話しをしてみると意外と話が合う事もあるかも知れません。

蚊を殺虫剤で退治する夢は面倒なトラブルを解決する事

蚊は厄介なもめ事の意味があり、蚊を殺虫剤で退治する事は解決する事を暗示しています。金銭トラブルや人間関係のいざこざなど簡単には解決が難しいと思われていた事も第三者が間に入る事で上手く行くかも知れません。これは利害関係やしがらみのない人が間にいるため、双方が話し易くなり、また、双方の主張も取り上げて貰えるため、妥協点が見い出せるのです。蚊を殺虫剤で退治する夢はもめ事を第三者を間に入れる事で解決する事になります。

蚊取り線香を焚く夢は陰口に対抗する事

自分を中傷したり陰口を言っている人は嫌なものですが、夢ではうっとうしい蚊として顕われます。蚊取り線香を焚くとは、そのような誹謗中傷に対して対抗する事です。具体的には正面切って相手と対峙し、どのような根拠で陰口を言っているのか問い糺す事が大事です。その場合第三者も同席してもらい、どちらの言い分が正しいのか判断してもらうのが好いでしょう。例えばパワハラやセクハラらの噂を流されているのでしたら、事実関係を確認する事で潔白が証明されるかも知れませんしこちらに非があれば謝罪する事が必要ですので有耶無耶にしない事です。

蚊に血を吸われる夢の意味

人間関係の問題が影響を及ぼしている暗示です。もしこの夢を見たら、あなたが人に騙されて、損をしてしまう警告と見て取ることができます。

その動きは予測できないもので、注意をしていないと、見逃してしまうかも知れません。しかし、その損失がごくわずかだということも、夢見から明らかにされています。

小さなことを気にし過ぎていては、何もできないというのも正直なところですから、目障りでないようなら対策を取る必要もないでしょう。

合わせて読みたい