夢占い

【夢占い】トイレ掃除の夢の意味8選|学校・友達・排水口など状況別に夢診断

トイレ掃除の基本的な意味

掃除の夢は浄化などを象徴する吉夢の場合が多いのですが、トイレ掃除も例外ではなく多くの場合吉夢となります。トイレ掃除の夢のポイントは、トイレを掃除していてトイレが綺麗になったか、ならなかったかということです。
トイレ掃除をしてトイレが綺麗になった夢なら、あなたが不要なものと縁を切り、新しい生活を送ったり、新しい人間関係を構築することを意味しています。その先には運勢アップが待っているでしょう。全体的な運勢がアップするので、幅広いことに挑戦する時期のようです。
逆にトイレを掃除したにも関わらず汚れが取れなかった夢の場合は、新しいステップに向かうためには、捨て去らなければならないものがある、片付けるべきことがあるということを教えてくれる警告夢となります。まずは問題を片付けてから、次のステップに向かうことが必要となるでしょう。

学校のトイレ掃除をする夢は献身的な将来の暗示です

学校のトイレ掃除をするという夢には、誰かのために一生懸命尽くしたいという意識が色濃く反映されています。将来に向けて、献身的な努力を続けていくことが幸福感を得る手がかりとなるのです。周りの人々が喜ぶことが、自分の幸福にも繋がるという認識がもたらされ、称賛を受けるでしょう。トイレ掃除は、献身性のイメージとして夢に表されます。学校は多くの人々が集まる象徴なので、自分の善行によって幅広く感謝される将来が映し出されているのです。

もっと詳しく知る:
>>学校の夢の意味

他人がトイレ掃除をする夢は依存心の現れです

他人がトイレ掃除をするという夢には、誰かに依存して、自分の自立心を阻害する未来が暗示されています。放っておいても、いつの間にか誰かが片づけてくれるという安易な想いが透けて見えているのです。面倒事を任せて、自分だけ楽をしたいという願望が、身を亡ぼす要因となるでしょう。トイレ掃除は、誰もやりたがらない物事のシンボルとして夢に出てきています。ある程度は自分の力で対応することも、必要となってくるでしょう。

友達がトイレ掃除をする夢は解放の兆しです

友達がトイレ掃除をするという内容の夢は、嫌なことをせずに済むことの暗示となっています。面倒なことで、嫌悪感を抱いている物事を、上手く避けて通ることが出来るでしょう。その開放感はとても大きく、心置きなく楽しい時間を過ごすことにも繋がります。トイレ掃除は、免れたミッションのイメージとして浮かび上がってきています。誰かが代わりに犠牲になっている可能性も示されているので、後から恨まれないように気を付けなければなりません。

もっと詳しく知る:
>>友達の夢の意味

恋人とトイレ掃除をする夢は現実的な日々を暗示します

恋人とトイレ掃除をするとというシーンが出てくる夢には、ロマンチックではないものの、受け入れやすい将来像が映し出されています。現実思考の強い恋愛が続いていく暗示でもあるのです。トイレ掃除は、面倒で汚いことのイメージとなっていますが、実際の恋愛場面においては、互いの本質的な部分を知ることが出来る機会となっています。丁寧な向き合い方が出来る相手だと認識することが、良好に関係構築に結びついていくでしょう。

もっと詳しく知る:
>>恋人の夢の意味

大便が残ったトイレ掃除をする。

トイレを掃除をする夢はまず良い意味をもちます。掃除をしていて、大便がきれいに落とせた夢であるならば、富が得られる良い兆です。自分の仕事や活動も上手くいくということになります。持っていたトラブルも解決していくでしょう。次の将来のある新しい一歩を踏み出すという意味もあります。しかし、トイレを磨いても磨いても大便が落ちないという場合は、日常において自分が疑問や不安、ジレンマを持っている心理の表れでもあります。

「トイレの中に入ってトイレ掃除をする夢」の意味

トイレの夢というのは決してマイナスイメージのものではなく、むしろこれから運が開けていく予兆であるとされています。トイレという排泄の場を掃除するということは、すなわち、不要なものを排出してクリーンな状態に生まれ変わろうとしている状態なのです。トイレの中にいるというのは、今まさにその場所にあなたがいるということを示します。ですので、この夢を見たときは、状況が好転していっている最中である場合が多いのです。

トイレ掃除で排水口が汚い夢は失望の暗示です

トイレ掃除で排水口が汚いという夢には、思っていた以上の仕上がりが悪い作業のイメージが映し出されています。努力してきたことが今一つ実を結ばず、理想とは程遠い状態で終わってしまう可能性が示唆されているのです。抜け目なく進めてきたはずの仕事や恋愛に、大きなミスが生じてしまうかもしれません。一つ一つの再点検を徹底して、完全な形で完遂することの必要性が暗示されます。最後まで責任を持つことの戒めでもあるのです。

合わせて読みたい