花言葉

セントポーリアの花言葉や由来|色別(ピンク色・青色・赤色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

セントポーリアの花の特徴や名前の由来

セントポーリアの花言葉の意味とその由来とは?

≪色別≫紫、ピンク、青、赤、白色のセントポーリアの花言葉

セントポーリアの花色は紫、ピンク、青、赤、白とそろっています。花色別の花言葉はありません。19世紀末に発見され園芸の歴史としては浅いですが、爆発的人気を誇った花です。セントポーリア愛好家は小さな鉢花のそれぞれの違いや個性を楽しんでいます。そのためマニアックな品種が膨大にあります。品種のルーツからそれぞれの花のストーリーに想いを馳せるのもいいのではないでしょうか。万を超えるといわれる品種に名前があるわけで、品種名自体も楽しみの一つです。

≪セントポーリアの花言葉≫小さな愛

セントポーリアは、室内で楽しむことのできる鉢植えの園芸植物として広く親しまれています。スミレにも似た、可愛らしい花を咲かせます。まるで少女のような愛らしさを持つその花姿から、「小さな愛」という花言葉が冠せられています。

≪セントポーリアの花言葉≫細やかな愛

可憐でエレガントな雰囲気を演出する花として人気が高いセントポーリア。原産地とスミレのような花を咲かせることにちなみ、“アフリカスミレ”という和名で呼ばれています。花言葉は「細やかな愛」で、その由来は小さく愛らしい多種多様な花をたくさん咲かせることからと言われています。そのため、家族や恋人など身近な人の細やかな気遣いに対する感謝の気持ちを伝えるプレゼントとしてもってこいのお花です。

≪セントポーリアの花言葉≫深窓の美女

インテリアグリーンとしても育てやすいセントポーリア。様々に品種改良され、花の色も形も多種多様のものが栽培されています。フリルのある花びら、八重に咲くもの、大輪のもの、斑入りの花や葉など、姿は品種によりさまざまですが、とても女性的な美しさを持つ花であることは間違いありません。直射日光を避け、明るい窓辺で美しい花をつけるこの植物、花言葉はそのものずばり「深窓の美女」といいます。

≪セントポーリアの花言葉≫親しみ深い

セントポーリアは大きいのから小さいのまでフリル状の色とりどりの花を咲かせることからも人気の花です。そんなセントポーリアの花言葉は「親しみ深い」ですが、なんとこの花は夏以外は開花の時期が長いのです。そのことからそばにいつもいてくれる存在となったと由来されています。

≪セントポーリアの花言葉≫同情

セントポーリアは室内で育てる花で、レースのカーテン越しの光で育てます。蛍光灯を花の近くに設置すれば、日光の入らない部屋でも育てることができます。多年草で、暑さ寒さから守ってあげると長く咲き続けます。屋外には出さず手元に置き、ずっと一緒にいる感じから「同情」の花言葉がついたのではないでしょうか。優雅な花に加え、葉には細かい毛がありビロードのような優しい質感を出しています。

ウラソエ限定♡無料オーラ診断

誰しもが生まれ持つオーラからは、運命将来待ち受ける未来がわかると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、オーラから分かる真実を知りたくはありませんか?

そんなオーラ診断が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがですか?
RELATED POST