花言葉

バーベナの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク・紫色)の意味から怖い意味まで丸わかり

バーベナの花の特徴や名前の由来

バーベナは春から秋まで、長い期間花を咲かせます。花の色は豊富で、ガーデニングにも人気です。小さい桜に似た花が20~30個集まって咲く様子はなんとも可愛らしく、別名「美女桜」とも呼ばれます。薬草や魔術に使われた歴史ももっており、学名は良い植物という意味のヘブライ語が由来とされています。

バーベナの花言葉の意味とその由来とは?

≪バーベナの花言葉≫魔力

ヘブライ語で「いい植物」という意味の言葉が語源とも言われるバーベナは、「魔力」という花言葉を持っています。古来より神聖な花として、悪いものを払ったり呪術や予言の効果を高めると信じられてきたところからこの言葉がついたと言われています。

≪バーベナの花言葉≫魅力

小さな花が集まり、カラフルで可憐な印象のバーベナには「魅力」という花言葉があります。実は海外では古くから宗教や魔法の中で使われていて、力を高めてくれる花として信じられていました。魔術に使用することでそのパワーを高めたり、薬草として使用されていたのです。そんなバーベナの効果から、「魅力」という言葉が生まれたようです。

≪バーベナの花言葉≫後悔

一般的に西洋では紫色の花は”悲しみや落胆”を象徴するものとしており紫のバーベナの花言葉である「I weep for you」は直訳すると「あなたのために泣く」という意味になっています。 weepは泣くという意味と共に嘆くという意味もあり、あなたを思って嘆く=つまり‘後悔’をという言葉を花言葉に持つことにも納得がいきますね。

≪色別≫赤色のバーベナの花言葉

小さな花が外側から輪を描くように開花し、やがてドーム状に咲き誇るバーベナ。まるで人々が手と手を取り合っているようです。このような外見が人と人との結び付きを象徴させ、「団結」という花言葉が付けられたと言われています。

≪色別≫白色のバーベナの花言葉

小さな花が集まって咲く、かわいらしいバーベナ。中でも清純な雰囲気が漂う白いバーベナの花言葉は「私のために祈ってください」。白い色の持つ清らかで神聖なイメージとも重なって、心静かに誰かの幸せを祈りたくなる花言葉です。

≪色別≫ピンク色のバーベナの花言葉

バーベナは春から秋まで花期が長く真夏でも生育し、花壇はもちろん鉢植えやプランターとしても人気があります。赤や白・紫などカラフルに咲くこの花はいくつかの花言葉を持っていますが、ピンクのバーベナは「家族の和合」。小さな花が密に固まって一つの花を形成しているように見える様が、家族が一つに繋がっている様子を連想させるところからきているようです。

≪色別≫紫色のバーベナの花言葉

紫色のバーベナは「私はあなたに同情します」という少々ネガティブな印象を受ける花言葉を持っています。ヨーロッパでは紫色のバーベナに「あなたのために泣きましょう」という意味があり、またバーベナ全体が表す印象として「感受性」というキーワードがあります。他者のために感受性をもって泣くという行動から、日本でのバーベナの花言葉が生まれたのでしょう。

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「ココロの泉」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST