花言葉

【花言葉辞典】カトレアの花言葉一覧!色別・怖い意味を解説!

カトレアの花の特徴や名前の由来

カトレアの特徴と言えばまず貴婦人のような優美な姿です。その姿は様々な国でとても愛され、そのため国花としている国もあるほどです。名前はカトレアの発見者であり、初めての栽培成功者とされる植物収集家ウィリアム・カトリーの名前から名付けられました。

カトレアの花言葉の意味とその由来とは?

≪カトレアの花言葉≫最高の栄誉

カトレアは、木の幹や岩の上にどっしりと根を下ろし、堂々とした大きな花を咲かせます。優雅な佇まいや甘い香りから「最高の栄誉」という花言葉を持ちます。ドレスの飾り付けやパーティの花束など、華やかなシーンで重宝される花です。また、披露宴などお祝いの席にもおすすめできます。

≪カトレアの花言葉≫気品

舞台の楽屋花やプレゼントとして定番のカトレア。その魅力は何といっても花の美しさと華やかさです。「気品」という花言葉がぴったりのカトレア。手をゆったりと傾けただけでも甘い魅惑的な香りが漂ってきそうなそんな気品あふれる女優さんのようです。色もゴージャスなドレスみたいですね。

≪カトレアの怖い花言葉≫魔性

カトレヤの花と聞くと、どんな花だっけ?とすぐに思い浮かばない人もいると思います。カトレヤはランの女王として花好きの方に親しまれています。そんなカトレヤには「魔性」という花言葉があります。「魔性」と聞くとネガティブな印象を受ける方もいるかもしれませんが、「魔性のように魅力溢れるように」という意味が含まれています。

≪色別≫ピンク色のカトレアの花言葉

西洋ランの女王として呼ばれている花をご存知ですか。カトレアと言う花で、フリル感があり洋服の襟のような美しい花びらで愛されていますが、そんなカトレアの花言葉の一つに”成熟した大人の魅力”とあり、特に、赤色やピンクの花の言葉として用いられ、情熱を感じる赤い口紅のような色と、その整った優美な形から由来しているようです。確かに、赤やピンクの口紅の似合う人は大人の魅力を感じさせ、情熱の色とされるように何か引き付けるものがありますね。母の日のカーネーションなのどで、鉢植えに一株添え花言葉プラカードも一緒にプレゼントとして贈るのにいいかもしれません。

≪色別≫黄色のカトレアの花言葉

凛として正面を向くように咲く様子は品のある貴婦人を思わせます。また、ひらひらとほうぼうに広がる花びらは、エレガントな女性だけがまとう、優美なドレスのように見えます。まさに「気品ある優美さ」そのものです。

≪色別≫白色のカトレアの花言葉

カトレアは洋ランの女王といわれ、ブラジルやコロンビアなど国花として定めている国もあります。目上の女性や貴婦人に送られることも多いため「魔力」という花言葉を持つのもうなずけます。どの国においても年上の女性は魔力を持っているように美しく魅力的ですよね。

≪色別≫紫色のカトレアの花言葉

カトレアといえば、とても有名な洋ランなので、見たことがない方はいないでしょう。大きな花びらに、色鮮やかな色彩。華やかな姿は豪奢でいて上品であり、「洋ランの女王」と呼ばれているそうです。そんなカトレアの花言葉は「優美な貴婦人」。まさに美しく艶やかな花そのものを表現する花言葉です。

合わせて読みたい