花言葉

レンギョウの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク色・黄色・青色)の意味から怖い意味まで丸わかり

レンギョウの花の特徴や名前の由来

連翹(レンギョウ)は。3月から4月にかけて、葉っぱに先立って黄色い花を咲かせる落葉低木です。枝分かれした先に鮮やかな黄色が咲き誇る様子は、とても華やかですよね。 「連翹」、「支那連翹(しなれんぎょう)」、「朝鮮連翹(ちょうせんれんぎょう)」などの種類があります。

レンギョウの花言葉の意味とその由来とは?

≪レンギョウの花言葉≫期待

レンギョウは複数の花言葉を持ち、「期待」や「希望」、「叶えられた希望」などポジティブな意味合いのものが多いです。レンギョウは3~4月に開花します。冬を耐え、春を待っていたかのように黄色い花を咲かせるさまから、ポジティブな花言葉がたくさんつけられました。

≪レンギョウの花言葉≫希望

春先に、枝にびっしりと目が覚めるような黄色い花を咲かせるレンギョウ。春の来ることを告げる庭木として親しまれてきました。くっきりと網膜に焼きつくような明るいトーンの花が数多く咲くところから、春の到来を確信する希望の象徴のように思われてきたのです。レンギョウの花言葉は「希望」です。

≪レンギョウの花言葉≫集中力

レンギョウは名前を知らなくとも、庭先などによく植えられているので、どこかで見たことがあるはずです。春先に黄色い花を枝にびっしりと一斉に咲かせますが、このことこそ、「集中力」という花言葉にぴったりでしょう。また、花の後すぐの若葉の芽吹きも素晴らしく、この時期のレンギョウの集中力には驚きますね。

≪レンギョウの花言葉≫豊かな希望

レンギョウは公園や庭先によく植えられるもくせい科の低木落葉広葉樹。春の訪れとともに目に鮮やかな黄色い花が、一斉にパッと咲きほころびます。花言葉は「豊かな希望」。穏やかで美しい春の陽ざしの中、勢いよく咲くレンギョウを愛でれば、新生活に向け気持ちも輝きだしそうですね。

≪レンギョウの花言葉≫言いなりになる

春の訪れとともに、元気一杯の黄色い花を空に向かって咲かせるレンギョウ。明るい太陽の色が枝に並びます。冬の重い気分を忘れさせてくれる花ですが、枝に沿って次々に咲いてゆく花の様子から、「言いなりになる」という、ちょっと不名誉な花言葉がつけられています。

≪レンギョウの花言葉≫叶えられた希望

春の庭先で目を引くレンギョウ。跳ねるような軽やかな枝いっぱいに黄色の花をつける姿は、春の喜びを感じさせます。レンギョウの花言葉の一つに「叶えられた希望」があります。黄色は希望の色。寒い冬を越え咲きしなやかに誇る姿は、春から新生活を始める人達の心情を表しているかのようです。

≪色別≫黄、黄金色のレンギョウの花言葉

モクセイ科レンギョウ属の落葉低木。3?4月の開花で春の訪れを知らせてくれるので、原産の中国だけでなくヨーロッパ各地でも人気があります。萌芽するより先に、前年の枝に花を咲かせます。花色は黄色、黄金色で、色別の花言葉はないようです。

2020年の運勢占い
RELATED POST