花言葉

睡蓮の花言葉や由来|色別(ピンク色・白色・紫色)の意味から怖い意味まで丸わかり

睡蓮の花の特徴や名前の由来

睡蓮は池などの水の上に浮かんで淡いピンクや黄色の大きな花を咲かせることが特徴です。その名前の由来については様々ないわれがありますが、朝から昼に花が開き、午後になると閉じてしまう様子がまるで眠っているように見えることから「睡る蓮(ねむるはす)」という意味を込めて睡蓮という名前になったのではと考えられています。

睡蓮の花言葉の意味とその由来とは?

≪睡蓮の花言葉≫豊穣と再生

睡蓮の花言葉は「豊穣」と「再生」です。睡蓮は朝に水面に出て花びらが開き、夕方に花びらが閉じて沈むのを繰り返して何度も咲くことから、「再生」を象徴する花だと考えられています。また睡蓮は泥の中に根を張って水面に出ることから、大地の生命力を宿しているとされ「豊穣」を示しているともされます。

≪睡蓮の花言葉≫太陽の恵み

睡蓮の花は、朝花を咲かせるものの夕方には閉じてしまうという性質を持っているのです。そういった性質から古代エジプトでは、太陽のシンボルとして扱われていました。そのため睡蓮の幾つかある花言葉の1つとして、太陽の恵みという意味を持つ事になりました。

≪睡蓮の花言葉≫甘美

睡蓮は花の色によって、花言葉が変化します。さまざまな色の中でも、明るく優しい雰囲気を醸し出す黄色の睡蓮は「甘美」という花言葉がつけられています。見ているだけでうっとりするような鮮やかな色をしていることが、この花言葉の由来です。見た目も華やかなので、恋人に贈っても喜んでいる花のひとつとなるでしょう。

≪睡蓮の怖い花言葉≫滅亡

睡蓮は美しく花を咲かせる姿から、明るい意味合いの花言葉が多くあります。その一方で隠された花言葉として、滅亡という恐ろしい意味合いも存在しているのです。というのも睡蓮の学名はニンファーであり、これは水辺の妖精であるニンフが由来と言われています。このニンフはギリシャ神話に登場するヘラクレスに捨てられて身投げするという悲劇的な話があるので、そこから滅亡の意味合いが込められる様になったのです。

≪色別≫ピンク色の睡蓮の花言葉

ピンク色の睡蓮の花言葉は「信頼」です。ピンクにもさまざまな濃淡がありますが、淡く透き通るように美しいピンクは、派手すぎず落ち着いた印象を与えます。また濃いピンクは力強さを表し、頼りがいのある印象を与えます。

≪色別≫白、紫色の睡蓮の花言葉

白い睡蓮の花言葉は「純粋」と「潔白」 睡蓮で思い出す色は純白の白のイメージが多いと思います。純白とは清らかで美しい心を表しています。混じりけのない心を「純粋」心が正しいことを「潔白」と言います。ひたむきでまっすぐ昨睡蓮の居目地そのものですね。

≪色別≫黄色の睡蓮の花言葉

黄色の睡蓮の花言葉は「甘美」「優しさ」。ビタミンカラーの黄色やレモンイエローのような優しい色の花があります。
黄色の花は明るい気持ちにさせてくれ、また心地よくうっとりとした気持ちにさせてくれるところから「甘美」そして心も落ち着かせてくれる優しい色合いから「優しさ」と、花言葉がつけられたようです。

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「ココロの泉」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST