花言葉

デージーの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク色・黄色・青色)の意味から怖い意味まで丸わかり

デージーの花の特徴や名前の由来

デージーは、日本ではヒナギクとも呼ばれ、春に愛くるしい花で花壇をにぎやかにしてくれます。太陽の光を浴びるのが大好きなキク科の植物で、花の色は白や、ピンク、むらさきいろや赤など、バラエティに富んでいます。育てやすく、人気のある庭の草花です。

デージーの花言葉の意味とその由来とは?

≪色別≫白色のデージーの花言葉

春のお花の代表格である、デージー。デージーは様々な色の品種が存在しています。小学校の花壇には必ずといっていいほどあった、なじみ深い白色のデージー。この白色デージーの花言葉は「無邪気」です。何色にも染まらず、自分らしく生きている人にピッタリのお花ですね。

≪色別≫赤色のデージーの花言葉

いろいろな色の花が咲くデイジーの中でも、一際華やかな存在感を放つ赤いデージー。素朴さや純粋さも併せ持ちながら、無意識に美しく咲くその姿に「無意識」の花言葉がつけられました。西洋では女性に贈る花としても人気があります。

≪色別≫黄色のデージーの花言葉

黄色のデージーの花言葉は「ありのまま」。小さいながらも鮮やかに存在感を放つ黄色のデージーは、無理に背伸びをしたり自分を良く見せようとしたりしなくても、ありのままの姿が一番輝いていると教えてくれているようです。

≪デージーの花言葉≫平和

素朴でピュアな美しさのあるデージーは、「平和」という花言葉を持っています。花期が長いことから和名では「延命菊」とも言われるこの花が、長く美しく咲くためには平和な環境が必要です。また、咲く姿も穏やかで平和を感じさせるものがあることから、この花言葉を持つことになったのです。

≪デージーの花言葉≫希望

太陽の光が花に当たることで、花を咲かせる性質を持っているデージー。光を浴びて白や赤、ピンクや黄色などカラフルで美しい花を咲かせます。太陽から降り注ぐ明るい光は、希望を示します。その希望である陽の光を浴びて咲くデージーが、「希望」という花言葉を持つというのはぴったりですね。

≪色別≫青、ピンク色のデージーの花言葉

ピンク色のデージーは、優しい色合いで花言葉は“控えめ・希望”です。就職や進学など新しい生活に踏み出す人に贈るのにピッタリです。青色の花言葉は“幸せ・協力・恵まれている”などの意味をもちます。おめでたい席や、大切な人の幸せを願うときに贈ってはどうでしょう。

合わせて読みたい