花言葉

アガパンサスの花言葉や由来|色別(ピンク色・青色・紫色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

アガパンサスの花の特徴や名前の由来

アガパンサスは、6月から7月にかけて、淡い紫色をした漏斗状の花を咲かせます。
茎がスラリと伸びた美しい咲き姿が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。
由来はギリシャ語のagapa(愛らしい)+anthos(花)から。和名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)。また、アフリカンリリー(African lily)。ユリ科アガパンツス属の多年草(分類体系によってはヒガンバナ科)です。

アガパンサスの花言葉の意味とその由来とは?

≪色別≫紫、青、ピンク色のアガパンサスの花言葉

ヒガンバナ科アガパンサス属の多年草で、毎年5?7月に花を咲かせます。原産国は南アフリカで、小さなユリに似た穴を咲かせるため、英名「アフリカンリリー」とも呼ばれます。花色は紫、青、ピンク色の花がありますが、色別の花言葉はないようです。

≪アガパンサスの花言葉≫恋の訪れ

ギリシャ語由来のアガパンスサスは恋の訪れという、可愛らしい花言葉を持っています。この花はヒガンバナ科で開花時期は6~8月、色は白・青・ピンクが主流で小さなユリの様な形をしています。乾燥に強く、日光をたっぷり与えてあげれば植えっぱなしでもすくすくと育ってくれます。

≪アガパンサスの花言葉≫ラブレター

ラブレターの変わりとして渡される事もるアガパンサスは、ラブレター以外にも愛の花という花言葉を持っています。原産地は南アフリカで、小さく可憐な花が愛らしいです。春に花を咲かせ冬には地上部を枯らせて、球根になり冬を越す強い植物です。

≪アガパンサスの花言葉≫知的な装い

梅雨時に青紫色の花を咲かせるアガパンサスには「知的な装い」という花言葉があります。
繊細な色合いとまっすぐに凛と立つ姿に知性を感じさせることから付いたのでしょう。その涼しげな花姿を見ていると、梅雨のうっとうしさも和らぎますね。

≪アガパンサスの花言葉≫愛の始まり

アガパンサスは、春にスッと茎をのばして、その先につぼみをつけ、梅雨時に青や白の花を咲かせます。日陰にも強く、梅雨時のシェードガーデンを彩る花です。いにしえのギリシャの言葉でアガペーといえば、それは愛を意味します。恋人に愛を伝えるために送られることもある花です。アガパンサスの花言葉は「愛の始まり」といいます。

≪アガパンサスの花言葉≫優しい気持ち

アガパンサスは日本名で「ムラサキクンシラン」といい「優しい気持ち」という花言葉を持っています。紫や白い小さな花をたくさん咲かせた様子はまるで小さなブーケのようで、見ているだけで気持ちを優しく和ませてくれます。

≪色別≫白色のアガパンサスの花言葉

アガパンサス(agapanthus)は、ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源であり、「愛の花」という意味を持ちます。花言葉は「愛の花」にちなみ、「恋の訪れ」・「ラブレター」です。なかでも白色のアガパンサスは、「誠実な愛」という色別の花言葉を持ちます。

合わせて読みたい