花言葉

ボタンの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ボタンの花の特徴や名前の由来

初夏にかけて大輪のあでやかな花をつけるボタン。花の色は、赤や紫のもの、黄色いもの、白いものなど様々で、一重で咲くものから八重で咲くものなど、咲き方も多様です。「立てばシャクヤク、座ればボタン」といわれるように、美しい女性をたとえるのにもつかわれます。

ボタンの花言葉の意味とその由来とは?

≪ボタンの花言葉≫富貴

「立てばシャクヤク座ればボタン」という、美人の形容に使われるボタン。この花の豊かで美しいイメージから、「富貴草」という別名があります。花言葉の「富貴」はこの名からきました。ちなみに先の美人の形容は、シャクヤクが長い茎の先端に咲くのに対し、ボタンは葉の上に座って咲くように見えるところからだといわれています。

≪ボタンの花言葉≫王者の風格

華美に、はでやかに大きく咲き誇るボタンの花。ボリュームもあり、ゴージャスな雰囲気の花です。中国では花の王とも呼びならわされているそうです。そのあたりを払う堂々とした花姿に敬意を表して、「王者の風格」との花言葉が冠せられています。

≪ボタンの怖い花言葉≫人見知り

牡丹の花言葉は「人見知り」です。鮮やかな色の大きな花を咲かせる牡丹からは想像できない控えめな花言葉ですね。中国原産の牡丹は西洋人から見たアジア人の特徴を象徴していると言われています。積極的な西洋人から見ればアジア人は控えめで人見知りにみえたのでしょうね。

≪色別≫赤、白、ピンク色のボタンの花言葉

ボタンは中国が原産で日本でも古くから「花の王様」と称し好まれ、豪華さと気品から美人を表現するときに用いられてきた花です。花言葉は「風格・富貴・誠実」などで、色別のはっきりとした意味はありませんが、イメージするなら赤⇒風格、白⇒誠実、ピンク⇒富貴と思い描けちゃいます。

合わせて読みたい