雨を降らせるおまじない

【簡単・超強力】お風呂で行う雨を降らせるおまじないの方法!一目でわかるポイント付き!

お風呂で行う雨を降らせるおまじないの方法

お風呂で行う雨を降らせるおまじないの方法を紹介します。

1.お風呂の浴槽に入っているときに、水面に指で「雨」と3回書く

2.心の中で「〇月〇日に雨が降りますように」と唱える

3.当日雨が降っている様子を具体的に思い描く

4.雨が降ったら浴槽に入って心の中で、「ありがとうございます」と唱える

5.雨が降らなかったらまたお風呂の浴槽に入り、心の中で雨が降らなかったことを報告する

お風呂で行う雨を降らせるおまじないのポイント

お風呂で行う雨を降らせるおまじないは、雨ごいを元にしたおまじないです。

神に雨が降るように祈り、天候に変化が起こることを願います。

そのため神に祈りをささげるマナーとして、身だしなみや心の在り方が重要なポイントとなってくるのです。

悪い気が入り込まないために純粋な気持ちで祈りを捧げ、神に祈りが届きやすいよう準備をしておきましょう。

祈りを言葉に出して唱えない

このおまじないでは神と心を通わせ、祈りをささげていきます。

そのため願いを実際に言葉にしてしまうと、その効力が損なわれてしまう恐れがあるのです。

心で祈りをささげるときについ言葉に出てしまわないよう、注意してください。

言葉に出さないことでおまじないをしていることが、人に分かってしまうリスクを軽減することもできます。

お風呂の浴槽に入る前に身体を清める

お風呂の浴槽に入る前に身体の汚れを取るようにしてください。

神に祈る前に身体を清めることは、おまじないを行う前のマナーとされています。

汚れている体には悪い気が宿りやすくなるので、丁寧に体をきれいにしていきましょう。

時間があるときは塩を体に塗り込んでから洗い流すと、より身体から悪い気を逃がすことができます。

身だしなみを整えてから浴槽の中に入る

お風呂の浴槽に入る前に、きれいに髪を整えメイクをするようにしてください。

神がはねていたりメイクをしていない状態だと、神に対して失礼だと受け取られます。

派手なメイクではなく、自然なナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。

メイクに時間をかけるのが難しい場合は、口元だけでもきれいにすることが大切です。

絶対に雨が降ると信じる

「信じる者は救われる」という言葉がある通り、信じる力はおまじないに大きな影響を及ぼします。

必ず雨が降ると信じておまじないを行い、根気強く続けてください。

信じる心がぶれることがあったら、雨が降っている様子を具体的に思い浮かべます。

雨を降らせたい意志が具体的になるため、おまじないの効果アップが期待できるでしょう。

人の不利益を願わない

雨を降らせるおまじないの目的が人の不利益を願うものだった場合、効果を実感できない恐れがあります。

人の不幸を願うことによっておまじないに悪い気が込められるため、神に願いが届かない可能性があるからです。

雨を降らせたいと思ったときは純粋な気持ちで神に祈り、聞き届けられやすい状況にしていきましょう。

自分の幸せのために祈るのは大丈夫です。

RELATED POST