恋が叶うおまじない

【簡単・超強力】絆創膏を使った恋が叶うおまじない!一目でわかる恋愛成就のポイント付き!

絆創膏を使った恋が叶うおまじないの方法

ごく身近なグッズ、絆創膏。どこでも簡単に手に入り、日常的によく使うものなので、いつもカバンなどに入れて持ち歩いている人も多いでしょう。
そんな身近なものを使って、恋が叶うおまじないができます。
大まかなやり方は、次のようになります。

  1. 手をしっかり洗う
  2. 絆創膏のガーゼの部分に、ペンで好きな人の名前や願いを書く
  3. 左手の指に絆創膏を巻き付ける
  4. 貼ってから3日目に絆創膏をはがす

寝る前に行う恋が叶うおまじないのポイント

用意するものは、絆創膏とペンだけ、といたって簡単です。
どちらも、どこでも売っているようなごく普通のもので構いません。
ただし、何色のペンを使うか、そして絆創膏をどの指に貼るかが大事なポイントになります。
ペンの色がどれか、また絆創膏を貼る指がどれかによって、恋が叶うおまじないとしても、テーマや方向性が違ってくるのです。

≪ペンの色≫赤いペンは情熱的な恋の予感

使うペンの色が赤の場合。
赤というのは情熱をもたらす色です。そのため、絆創膏に赤のペンで相手の名前を書くことで、相手の想いがより情熱的に燃え上がりやすくなる、相手の気持ちを熱くさせる効果が期待できます。
片思いの相手が何を考えているかわからない、付き合っている相手がクールすぎる気がする、という人にオススメです。

≪ペンの色≫紫のペンはおまじないの効果UP

使うペンの色が紫の場合。
紫は、古くから神秘的なエネルギーを持つ色と言われています。この色は人を超えた力に近づくようなエネルギーへのイメージを持っており、そのためおまじないの効果がより強くなります。
片思いでも、両思いになっていても、恋をもっと進展させたい、または安定させたいなど、運気や状態を良くしたいと思っている人にオススメです。

≪ペンの色≫黒のペンは大人の恋をもたらす

使うペンの色が黒の場合。
黒い色のペンは、普段もっとも使う色ですが、事務的なせいか、恋のおまじないなどには向かないと思われがちです。
ですが黒という色は、高級感や重厚感を持っています。そのため、このおまじないをするのに、浮ついた恋愛ではなく大人がするような落ち着いた恋愛をしたい人にはオススメの色となります。

≪絆創膏を貼る位置≫親指は目標実現の指

親指に絆創膏を貼る場合。
親指は、目標を叶えるエネルギーを持つと言われています。もちろん、恋愛実現にも効果的です。この恋に対して、どうしても気弱になってしまったり、私なんてとか、どうせだめかもしれない…と自分を過小評価しがちな人には特にオススメです。そうしたタイプの人たちに、目標を実現させるまでの勇気を与えることが期待できます。

≪絆創膏を貼る位置≫人差し指は積極性をUP

人差し指に絆創膏を貼る場合。
人差し指は、行動力に関係が深い指だと言われています。
この指に絆創膏を貼るのは、好意を持つ相手に積極的にアプローチをしたい時にオススメです。気持ちはあって、アタックしようとするけれど、どうも行動に移そうとすると、気持ちが萎えてしまって消極的になってしまう。行動しようとする勇気がまだもてない。そんな人にも、人差し指がオススメです。

≪絆創膏を貼る位置≫中指は協調性や縁を深める

中指に絆創膏を貼る場合。
中指は、人と人とのつながりを意味する指だと言われています。
好きな人とは会う頻度もそこそこあるし、積極的に話したりもできる。でもさらに共通の話題も会うチャンスも、もっとたくさん作りたいと思っていて、もう少し距離を縮めたい、より親密になりたい。
そんな風に思っている時には中指に絆創膏を貼るのがオススメです。

≪絆創膏を貼る位置≫薬指は愛をつかさどる指

薬指に絆創膏を貼る場合。
薬指は、古き時代から心臓、つまりハートにもっとも近いとされている指です。結婚指輪をこの指にはめるのはそのためです。
ですので、恋愛の願いをかなえるなら薬指が最もふさわしいでしょう。
もし、両思いになったか、両思い手前の段階にいる人で、もっと相手との縁を深めたい…と思っている人にも向いています。

≪絆創膏を貼る位置≫小指は縁を引き寄せる

小指に絆創膏を貼る場合。
そもそも出会いがなくて、片思いでもいいから恋をしたいと思っていても、そのチャンスがないという人は、小指に貼るのが良いです。
小指はチャンスを手繰り寄せるエネルギーを持つ指とされています。
ですので、これから新たに縁を引き寄せようと思っているるなら小指に絆創膏を貼るのがオススメです。

合わせて読みたい