妊娠できるおまじない

【簡単・超強力】満月の夜に行う妊娠できるおまじないの方法!一目でわかるポイント付き!

満月の夜に行う妊娠できるおまじないの方法

満月の夜に行う妊娠できるおまじないの方法を紹介します。

1.満月の夜になるのを待つ

2.「妊娠できますように」と祈る

3.祈り終わったら白い紙に願いを書く

4.白い紙をマッチで燃やし灰になったら、月光が当たる場所に埋める

月が願いを聞き届け、妊娠しやすくなるよう取り計らってくれます。必ず月光が当たる場所を確認してから、灰を埋めるようにしましょう。

満月の夜に行う妊娠できるおまじないのポイント

妊娠できるおまじないを成功させるためには、満月の力を効率的に受け取る必要があります。

満月は願いを叶える強い力を持った存在ですが、力を受け取りやすい環境を整えることは大切です。

月が願いを聞き届けやすくなるよう身だしなみを整え、自分でできる工夫を行っていきましょう。

月と関連性が高いアイテムを使用することも、おまじないを行う上で大切なポイントです。

満月の光が当たる場所で祈る

妊娠できるおまじないを実行する際は、必ず満月の光が当たる場所で祈るようにしてください。

このおまじないは月に祈りをささげることを目的としているので、月の光が当たらない場所だと効果が半減します。

月が持っている力を受け取りやすい窓際か、外でおまじないを行うようにしましょう。

満月を目で見ながらおまじないを行うと、より強い効果が期待できます。

身を清めてから行う

このおまじないは月に祈りをささげる神聖な儀式なので、身を清めてからおまじないを行いましょう。

塩を使い全身の悪い気を落としてから、シャワーで洗い流します。できれば湯船につかるようにしてください。

身を清めたら洗い立ての清潔な服を身にまとい、すぐにおまじないを実行します。

なるべく新品の服を用意するといいでしょう。

白い服を着て祈る

おまじないを行っているときに着る服は、儀式に大きく影響します。

おまじないを実行する前に飾りのない純白の服を身にまとい、おまじないの効果を上げるようにしてください。

タイトなデザインやゴムを使った服装は避け、締め付け感のないふんわりした服が最適です。

ワンピースやチュニックからチョイスするといいでしょう。

満月モチーフのアクセサリーを身に着ける

満月のモチーフを使ったアクセサリーを身に着けることで、月が持っている力を受け取りやすくなります。

たとえば満月のモチーフを使ったネックレスや、ブレスレットが使いやすいでしょう。

服のワンポイントとして、ブローチを選択するという方法もあります。

満月を使ったモチーフが見つからない場合は、三日月モチーフのアクセサリーでも大丈夫です。

妊娠した自分の姿を具体的に想像する

妊娠できるおまじないを成功させるポイントは、強い意思をおまじないに込めることです。

そのために必要なのがイメージの力。イメージはおまじないに力を足してくれます。

妊娠した自分の姿を具体的に思い浮かべ、おまじないの質を上げていきましょう。

たとえば「ベビーグッズを選んでいる自分」のように、イメージを膨らませてみてください。