緊張しないおまじない

【簡単・超強力】試験で緊張しないおまじない!一目でわかるポイント付き!

試験で緊張しないおまじないの方法

大切な試験では誰もが緊張してしまいがちです。事前の準備をしっかりしておくのはもちろんですが、本番で実力を発揮できるように、なるべくなら緊張しないようにできたらいいですよね。そんな時におすすめなのはこのおまじない。試験用紙が配られたら、左手に5回「合格」と書きます。鉛筆などは使わずに、右手の指先ですっすっと。

試験で緊張しないおまじないのポイント

学校での定期試験、大学入試、資格などの試験と、いろいろな試験を受験する機会があります。
そんな時、「緊張してしまうので、どうにかしたい」、「少しでも緊張を解きほぐしたい」と、
考える人はたくさんいると思います。
そんなあなたにぴったりのおまじないを紹介します。

このおまじないには、2つの注意点があります。
それは「タイミング」、そして、「使う指を意識する」ということです。
この2つを意識しておまじないをかければ、効果がUPすると言われています。

テスト用紙が配られてから書く

では、このおまじないは、いつがベストのタイミングなのでしょうか。
それは、テスト用紙が配られたあとのタイミングです。
テスト用紙が配られたら、左手に5回「合格」と書きます。

テストの時、を思い出してみてください。1番緊張するのは、いつでしょうか。
そうです。テスト用紙が配られ、自分の机の上に置かれた時だと思います。
そのもっとも緊張しているタイミングでやると、効果がアップすると言われています。

そうそう、試験用紙に名前を書くのを忘れないようにしてくださいね。

手のひらは風水的に「気の入り口」

このおまじないは、手のひらに5回「合格」という文字を書くことです。

では、なぜ、「手のひら」なのでしょうか。
手のひらは、風水的には「気の入り口」といわれています。
つまり、手のひらからあなたに、パワーが入って行くのです。

「たくさんのパワーを取り入れる」、「綺麗なパワーを取り入れる」と、
いったことを考えると、手のひらも、普段からのこまめにケアをするとよいでしょう。
日頃からきちんとお手入れをすることで、おまじないの効果UPに繋がるそうです。

5は聖数でパワーがある。

タイミングはいつが良いか、そして、なぜ手のひらに書くのか、をみてきました。
最後は、「5回」の意味です。

5は、聖数と呼ばれています。整数とは、聖なるものを表す数字といった意味です。
宗教などでも使われる言葉です。
さらに、5という数字には、パワーがあると言われています。

5のもつパワーを借りて、手のひらに5回、「合格」と書くことで体内にパワーを送り、
緊張を解きほぐしてくれるというのが、このおまじないのもつ効果となります。
ぜひ、試してみてくださいね。

右手薬指を使って左手に書く

このおまじないをかけるとき、一番重要なことをお伝えします。
それは、「右手の薬指を使って、左手の手のひらに書く」ということです。

左手には、エネルギーを受け取る役割があります。
右手の薬指には、心を落ち着かせ自分自身をリラックスさせることで、
自分らしさを取り戻すパワーがあります。

テスト用紙が配られたら、左手の手のひらに、右手の薬指で5回「合格」と書きます。
このおまじないが、本来のあなたを思い出させてくれるでしょう。
そして、実力が発揮できるよう、力を貸してくれるはずです。