好きな人に告白されるおまじない

【簡単・超強力】お風呂で行う好きな人に告白されるおまじない!一目でわかるポイント付き!

お風呂で行う好きな人に告白されるおまじないの方法

好きな人に告白されるおまじないとして、お風呂に入りながらできるものがあります。その方法は、お風呂に入り、髪や体を丁寧に洗います。次に湯船につかり相手と出会った時のことや好きなところを思い浮かべます。そしてお風呂から上がる前に、くもった鏡に相手の名前と告白されるときに言われたい言葉を指で書き、目を閉じ、その言葉を七回唱えます。

お風呂で行う好きな人に告白されるおまじないのポイント

このおまじないの大きなポイントは、好きな人のことを真剣に想って行うことが大切です。ただ順番通り行うことに気を取られていしまわないで、身体や髪を洗っているとき、また湯船につかっているときに相手のことをたくさん考えよう。しぐさや声や話し方など詳細に相手を思い浮かべるようにすると、益々おまじないの効果が期待できます。

相手のことを思い浮かべる

湯船につかっている時に、相手のことをより強く相手のことを想うことが大切です。想うことによって、自分の想いの強さを、自分自身に再度刻み付けることにも繋がりますし、願いを叶えてくださる神様への祈りも通じやすくなります。さらに、目をつぶって想うことで、よりその行為に集中することができるので効果のアップが見込まれます。

名前は間違えず正確に

おまじないを叶えるポイントとして重要なことは、鏡に書く相手の名前を間違えないということ。もしフルネームがわからないときは、相手を思い浮かべながらいつも使っている呼び方(○○さん)を書くようにしましょう。文字には魂が宿るので、最終的に願いが届かないことになってしまいます。入浴前に、相手の名前を確認してから入りましょう。

告白の言葉は簡潔に

大好きな人から告白される場面を想像する時に、できればいろんなことを言われたいと思うのが恋心。しかしおまじないでは、告白で言われたい言葉を七回唱えるので、あまり長い言葉だと忘れてしまったり、言葉が変わってしまう可能性があります。それではおまじないの効果もなくなってしまいます。言葉は自分が覚えていられるくらいの長さのものにしましょう。

告白されている気分に浸ろう

告白の場面は想像するだけで胸が高鳴るもの。告白されるおまじないを叶える秘訣は、その場面をしっかりイメージすることが大事です。特に七回告白の言葉を唱える時は気持ちを落ち着けて、焦らずそっと目を閉じ、相手の顔や声やしぐさなどをしっかり思い浮かべ、相手から言われていることを想像しながら行うことがとても重要です。

効果は長くは続かない

このおまじないの効果は長くは続きません。想い人と会う機会を作るなど、積極的に告白されそうな雰囲気を作ることが大切です。好きな人と会える機会があるならその前日に行うのが効果的ですね。もしそのような予定がなくても、このおまじないを行うことによって誘うことでの期待値も上がるので、1から誘うよりも誘いやすくなるはずです。

合わせて読みたい