緊張しないおまじない

【簡単・超強力】人前で緊張しないおまじないの方法!一目でわかるポイント付き!

人前で緊張しないおまじないの方法

人前で緊張しないための方法を5種類ご紹介しましょう。一つめは、左のてのひらに23回(または13回)「人」という字を書き、それを飲みこむ。二つめは、人のいない所で「アマリリス」と23回(または13回)大きな声で唱える。三つめは、左手の親指をゆっくり丁寧に揉む。四つめは、人前に出る直前に首を冷やす。五つめに、緑色のものを身に着けるなどがあります。

人前で緊張しないおまじないのポイント

左のてのひらに「人」と書いて飲みこむ方法と、人のいない所で大きな声で「アマリリス」と唱える方法は、23回または13回行います。その回数はビジネスに関することなのか、もしくはエンターテインメントに関することなのかで変わってきます。これらの方法で行う場合は、どのような場面で使用するのか確認してから行うようにしてください。

左手のひらに「人」と書き、それを飲み込む

とってもシルプルで簡単なおまじないですが、効果あります。まず、心の中で、『私はできる、私はできる、私はできる!』と強く三回念じましょう!そして、左手の手のひらに漢字の『人』という文字を、右手の人差し指で、10回なぞり書きしていくわけですが、その時に、1つ『人』となぞると同時に、あなたが緊張している原因、事柄、会う相手の事を冷静に頭で整理しながら、また、『私は出来る』と、思いながら書き、書き終えたら、左手を胸に添えて、左手が心臓と繋がっているとイメージ左手が心臓とつながっているとイメージし、動悸を抑えます。

大きな声で「アマリリス」

大きな声ではっきりと、「アマリリス」と唱えましょう。このとき、詰まったりどもったりすることなく、すらすらと話をしている様子をイメージしながら唱えるようにしましょう。アマリリスには「おしゃべり」という花言葉があり、アマリリスの名前を唱えることで、その花言葉どおりにどんな時でも気軽に話ができるようになります。

左手親指を揉む

左手の親指にリラックス効果を発揮できるツボがあります。これから緊張しそうな場面に遭遇すると思われるとき、今、置かれている状況から少し離れて、リラックスしてみませんか。リラックスモードに気持ちを切り替えながら、左手の親指を丁寧に揉んでみてください。そうすることで、自然体で臨むことができるようになるでしょう。

直前に首を冷やす

人前に出なければならないとき、直前に首を冷やしてみましょう。すると、頭のほうに回る血液が冷えることにより、頭がすっきりとし、物事にスムーズに取り組むことができるようになります。また、首を冷やすためのひとつの方法として、冷たい飲み物などを買い、それを首に当てるとよいでしょう。手軽にできるため、お勧めです。

緑色のものを身に着ける

緑色はリラックスを促し、その感覚を増すことができます。緑色と聞き、思い浮かべるものは何でしょう。植物でしょうか。家に観葉植物を飾ったり、出先で植物を探して眺めるなど、普段の生活の中で常に目に触れたり、身に着けたりするとよいでしょう。緑色は、疲れを感じたときなどに気持ちをリラックスさせ、気分転換するための大切な色です。

RELATED POST