友達ができるおまじない

【簡単・超強力】新学期に友達ができるおまじない!一目でわかるポイント付き!

新学期に友達ができるおまじないの方法

フルーツを使った新学期に友達ができるおまじないです。まずはお好きなフルーツと白い正方形の紙とペンを用意します。新学期の始まる日の朝、用意したフルーツをいただきましょう。この時、「気の合う友達見つかれ!」と心の中でしっかりと唱えます。用意したフルーツの絵を白い正方形の紙に書いたら、その果汁を一滴落とします。学校に持って行くハンカチでその紙を包みます。そのハンカチを持って学校へ行きましょう。

新学期に友達ができるおまじないのポイント

フルーツのパワーを蓄え、新学期に気持ちの良いスタートを切りましょう。フレッシュなフルーツは、風水的にも新たなスタートや成長を促し、また朝にもピッタリの食べ物です。良い運気がぎっしり詰まっています。良い運気を体に蓄えて新学期に臨むことで、同じように運気の良い、正に「気の合う」友達が引き寄せられるでしょう。

唱える言葉は自分に合わせて

唱える言葉は、自分の願いに合わせても大丈夫です。「親友が欲しい!」「友達がたくさんほしい!」など、具体的に考えて願ってみましょう。具体的に口にすることで、言葉に宿るパワー(言霊・ことだま)が願い事を叶えるために動き出します。また、自分の潜在意識に働きかけが起きたり、願いを叶える神様にも伝わりやすくなります。

フルーツは柑橘類を

フルーツの種類は、情熱的な花言葉を持つ柑橘類だと良いです。フルーツの持つ花言葉については、インターネットで検索すると、情報がたくさん出てくるので、調べることができます。フルーツのパワーと、情熱的な花言葉のパワーの相乗効果を狙いましょう。食べる時は、後で果汁が必要なため、一口分取っておくことを忘れないで下さい。

絵は丁寧に書こう

フルーツの絵は描き慣れていないと上手く描けないかもしれませんが、下手でも大丈夫です。一番大切なのは、乱雑に適当に描かず、想いを込めて、丁寧に描くこと。お気に入りのペンで描くとさらに効果があるでしょう。使用したペンに想いが宿っているので、そのまま普段使っているペンケースに入れ、学校へ持っていきましょう。

ハンカチは綺麗なものを使う

新学期の朝にやる友達ができるおまじないのポイントです。朝食べたフルーツを描いた紙を包むハンカチは、きちんと洗濯した綺麗なものを使いましょう。おまじないに使う道具は清潔な物の方が、より自分の精神を統一できますし、おまじないも効果を発揮してくれます。更におまじないをする前に、自分の手も綺麗に洗うなどして、清潔な手で道具に触れることを心がけるのも大切です。

ハンカチに願掛けを

新学期の朝、新しいクラスの教室に入るときに、持って行ったハンカチを握りしめながら、「新しい友達が欲しい……!」と強く思いましょう。そして深呼吸を一回して心を落ち着けて、ハンカチを握ったまま教室の扉を元気よくあけ、教室にいるみんなに聞こえる大きな声で、あいさつをしましょう。笑顔だとさらに効果的でしょう。