願いが叶うおまじない

【簡単・超強力】合格の願いが叶うおまじない!一目でわかるポイント付き!

合格の願いが叶うおまじないの方法

おまじないを行うには少し歩きありますが、まずは近くにある山か川に行って、最初に手ごろな小石を見つけて拾いましょう。そして、塩少々と水を加えた容器を用意し、そこに持ち帰った小石を入れ、「べせらほらきや」と唱えながらかき混ぜます。その後で容器から小石を取り出し、丁寧に水をふき取ります。そうしたら赤いペンを持って願い事を口にしながら、小石の表面にその願い事の内容を書きこんでいきましょう。後は、その小石を試験会場に持っていって、試験を受けるだけです。

合格の願いが叶うおまじないのポイント

「受験で合格できるか不安…」という時。「今回は必ず受かりたい…」という時にとてもよく効くおまじないです。小石には、自然の中で宿った特別な力があります。小石の力を借りたおまじないで、受験に必ず合格しましょう。 なお、おまじないの効果を失わないよう、おまじないをかけた小石は合格まで大切に保管し、必ず無くさないように気を付けてください。

小石を拾う場所に注意

小石を拾う場合は、山や川、海などの自然の場所にあった石を拾って利用してください。石を探す際は必死に探すのではなく、あなたの目に飛び込んできたものなどあなたに訴えかけてきた石を利用するとさらなる効果が期待できます。また駐車場にあった石など、自然の場所以外にあった石は『良くないものを運ぶ』といわれているため、利用してはいけません。

しっかりと清める

合格の願いが叶うおまじないのポイントを紹介します。塩水の中で小石をかきまぜる時、拾った石ならば砂や土がついていることも多いと思います。水の中で石がきれいになるまでじっくりかき混ぜながら、呪文を唱えることが大事です。しっかりと石を清めた後に願い事を書けば、効果も得やすくなります。丁寧に心を込めておまじないを行いましょう。これで試験はバッチリです。

なるべく具体的な願いを

願い事を伝える際は「合格できますように」のような漠然としたものではなく、具体的に「○○に合格できますように」と唱えましょう。学部や学科が決まっている方はその情報も合わせて伝えるとより伝わりやすいでしょう。学部や学科がない場合は、受験日などの試験日の日付を一緒に唱え伝わりやすいようにすればよいでしょう。

強い意志を示そう

赤いペンで字を書く時、赤いペンで書くものは、強い意志を示すことが大切です。合格したい、合格しますように、ではなく「○○に合格する!」などと書くのが良いのです。受験勉強は苦しいものです。合格という結果が出るかどうか分からない中、孤独な努力を続けなければなりません。そんな時、合格の願いが叶うおまじないを知っていれば、こころの拠りどころになります。

合格したら小石は埋める

おまじないが成就して試験などに見事合格した後は、おまじないに使用した小石はそのまま放置せず、拾ってきた場所に戻しましょう。小石を戻す時は、合格したことに感謝の気持ちを込めながら、元あった場所に埋めるようにします。合格のおまじないは小石を拾ってきた場所に埋め戻すまでがワンセットなので、願いが叶った後も忘れないようにして下さいね。

合わせて読みたい