結婚できるおまじない

【簡単・超強力】寝る前に行う結婚の願いが叶うおまじない!一目でわかるポイント付き!

寝る前に行う結婚の願いが叶うおまじないの方法

夜に一人で簡単に行えるおまじないです。寝る前にまず布団に入ってから左手の薬指を口に当てます。そのままの状態で、好きな人に告白される場面をイメージしましょう。嬉しい気持ちでイメージし終えたら、好きな人の名前を3回唱えます。終わったら、そのまま眠りにつきましょう。眠る前の儀式のようにして毎日行うのもよいでしょう。

寝る前に行う結婚の願いが叶うおまじないのポイント

寝る前に行う好きな人から告白されるおまじないを行うポイントは、しっかりと自分が理想とする告白イメージを思い描くことです。最低でも3日間、21:00~23:00の間に、頭の中で自分の理想とする告白のイメージを膨らませてから、彼の名前を声に出して唱えるのが効果的です。おまじないを行う時間帯にもルールがあるので、夜更かしなんかも厳禁です。

左手薬指の持つ力を最大限利用しよう

左手薬指には〈愛と絆を深める〉という力があります。おまじないの時に口へ左手薬指を当てるのには、このパワーによって好きな人に告白される望みを現実に具現化するためという理由があります。おまじないを成功させるにはキチンと「左手」の「薬指」で行うことが大事なので、間違えて右手薬指を使ったり、薬指以外の指を使ってしまわないように注意しましょう。

望むシチュエーションや告白の言葉を細かいところまで想像する

好きな人に告白されるおまじないを行う場合は、できるだけ想像するイメージが具体的な方が、その願いに対して恋愛の神様が味方してくれやすくなります。例えばデート中に告白されたいのであれば、デートコースや告白のタイミング、告白の言葉などのシチュエーションや告白内容を詳細に設定して、よりハッキリとイメージを膨らませることが大事です。

亥の刻(21:00~23:00)の間に行うことを勧める

まず寝る前に自分の布団に入ります。次に左手の薬指を口に当てて、その状態で好きな人に告白される場面をイメージしながら行います。告白される場面は学校の屋上、体育館の裏、帰り道などいろんなシチュエーションがあるので自分が好きな場面を選んで想像してみて下さい。告白される場面の想像が終わったら、最後に好きな人の名前を3回唱えて眠りにつきます。

好きな人の名前を唱えるときには声に出しましょう

言霊とは、言葉に内在する言葉通りに物事が実現するパワーの事です。おまじないで好きな人の名前を唱えるときも、はっきりと言葉にすることで言霊の力を最大限に引き出せます。大きな声で言う必要はありませんが、音にすることでおまじないのパワーは高まってくれるんです。そのため、好きな人に告白されるおまじないを行う際にも、ボソボソと彼の名前を呟くのではなく、しっかりと好きな人の名前を声にして発音するようにしましょう。

3日間続けることで叶いやすくなるでしょう

好きな人に告白される願いを叶えるには、おまじないをできるだけ継続して行っていくことが大切です。毎日しっかりと手順通りに続けていれば、最低3日程度でもかなり願いが叶いやすくなります。また、もしもおまじないの効果が感じられないというときには、期間を伸ばして行うのもOKです。思うように願いが叶わないなという場合でも、徐々におまじないの成就に近づいていける筈です。