手相

二重感情線の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

二重感情線とは、感情線の上に沿うように現れる手相です。だれにでも現れるわけではない珍しい手相線の一種です。

この二重感情線は生まれつき出ていない手相の人もいますし、経験を積んでいくと二重感情線が出てくる手相の人もいます。

二重感情線は感情線を強調する線ゆえに、感情面や愛情面の豊かさ、精神力の強さや困難に打ち勝つ意志や情熱を見ることができます。

また、二重感情線が現れた人は複数の対象物に情熱を注ぐことができるバイタリティのため、仕事や家庭を両立する能力にも長けています。

【手相占い】二重感情線の位置や基本的な意味とは?女性・男性の違いは?

二重感情線とは日本人の約三%が持っている珍しい手相線です。二重感情線が現れる場所は、感情線の上です。感情線に沿うように現れたる本目の線を二重感情線と呼びます。

二重感情線の基本的な意味は多才な能力があることです。

生来的に精神力が群を抜いていて、その場に応じた能力を発揮します。仕事と家庭を両立することもできます。

二重感情線というだけあり、他人へ示す理解には深いものがあります。たとえ自分がその立場に立ったことがなくても、他人の立場を配慮する思慮深さや察しの良さを発揮します。

男性に二重感情線がある場合、愛情深く行動力があります。性欲旺盛で人気運もあることから女性関係も多くなります。

女性で二重感情線がある場合、情熱的で愛情豊かな性質と少々の困難ではくじけない精神力を備えています。

明るくて人好きのする性格から、結婚後も異性からのアプローチも多くなります。

二重感情線が現れる場所とは?感情の上から始まり感情線に沿って終わるのが一般的

二重感情線が現れるのは、一般的に主線である小指の下から伸びて中指と人差し指の間まで伸びる感情線の上に沿って出てきます。

主線のほうが濃い場合と、副線である二重感情線が濃い場合もあり、どちらが主線なのか判別が難しい場合があります。

主線と同じくらい副線である二重感情線が太く濃い場合、主線である感情線の意味が強まると見ます。

感情線に寄り添って現れるのが基本的ですが、なかには感情線と二重感情線が交錯していたり、準二重感情線というものが感情線から伸びている場合もあります。金星帯の手相線と二重感情線は間違いやすいので注意が必要です。

人差し指と中指の間から薬指と小指の間の弧が金星帯なので二重感情線とは異なります。

二重感情線の見方・見るべきポイント①線の長さ・短さ

二重感情線の長さや短さによって手相の種類が異なることがあります。二重感情線は長さのあるものを指しますが、感情線の上に沿っていても短い場合は社交線だと見ることもあります。また、長い結婚線と二重感情線も似ています。

結婚線は小指の下、手の側面から伸びている線です。結婚線が長く感情線に沿っていることもありますが、二重感情線との区別はどこから線が伸びているかで判別できます。

二重感情線は手の側面から伸びることはありませんので、手の側面から伸びる場合は結婚線ということになります。

二重感情線と間違えやすい線には職業線があります。これは感情線の下から伸びて頭脳線につながっています。二重感情線は基本的に感情線の上に出るものですので、下に出ている場合は別の線として判別します。

平均よりも長い場合は二重感情線の可能性が高い

二重感情線が平均よりも長い場合であっても、感情線を二倍にした手相であることに変わりはありません。感情が二倍豊かであり、愛情も二重感情線がない手相の人よりも強く深いものであると言えます。

二重感情線が長ければ長いほど、打ち込める対象物が複数もつと情熱や感情を一点集中せず、うまく分散させることができるでしょう。

また、感情が二倍あるということは、それだけ感情の振れ幅も大きくなります。そのため、自分や他人に対する感情も二倍の強さになり、自身の感情に圧倒されることもあります。

平均よりも短い場合は社交線や職業線の場合がある!

二重感情線が平均よりも短い場合、それは別の線である可能性があります。間違えやすい線として、金星帯の線や職業線と呼ばれる線です。

しかし、まれに感情線から準二重感情線が出ている場合もあり、注意深く観察すると判別できます。

準二重感情線とは感情線に一部が重なっていて終点から枝分かれになっている線です。通常の二重線よりも精神力や忍耐力、人気運は落ちますが、それでも人並み以上のバイタリティや愛情があることに違いはありません。

線が伸びてきたように感じる

二重感情線が長くなってきたと感じる場合、どの方向に伸びているかで意味が異なります。人差し指と中指の間に伸びている場合、人間関係にたいして慎重になっていると見ます。

親しい関係になるまで時間をかけるため、恋愛関係も身内からはじまることが多いでしょう。

一度信頼した相手は心から大切にするので、家族にたいしてはとくに愛情を注いで裏切りません。人差し指を目指して長くなっている場合は、成功へと近づいていると見ます。意志の強さを持っていて向上心があります。

愛情面も豊かになり人望を集めて仲間や家族を大切にします。愛情が強すぎて恋愛に盲目的になることもあります。それくらい相手の喜びが自分の喜びとなることを示しています。

二重感情線の見方・見るべきポイント②線の濃さ・薄さ

二重感情線の見方として、線の濃さや薄さもポイントになります。二重感情線が濃い場合は、主線である感情線をより強調する意味合いがあります。

とくに長くて濃いほど、手相を持っている本人のキャパシティーを超える感情を持て余すこともあります。

強い愛情や情熱を注げるものは複数あると大成します。反対に、二重感情線が薄い場合は、手に現れはじめたのが最近である可能性があります。

二重感情線は長い間、ひたむきに情熱を注いできたものがある、困難や障害を乗り越えて精神面が強く鍛えられた人に現れるとされています。

薄い場合も二重感情線であることに違いはありませんが、いままで続けてきたことを継続することで濃くなる可能性があります。

はっきりと濃く表れている時は感情面と精神力が二倍ある

二重感情線がはっきりと濃く現れている場合、仕事や趣味などで情熱を注ぎ続けきたものがあったり、精神的に苦しい状況や障害を乗り越えてきた境遇の人に現れます。

二重感情線が濃いほど、打ち込んできた時間が長い、情熱をひたすら注いできた、困難にも負けず挫折をしても諦めなかったことが如実に刻まれているのです。

それに比例して、情熱や精神力も並外れていることを表していますので、打ち込めるものは複数持つと、二重感情線を持つ人の打ち勝つ能力をいかんなく発揮できるでしょう。

薄く表れている時は新しく出てきたか、薄れた場合

二重感情線が薄い場合、新しく出てきた二重感情線である可能性があります。

打ち込んで情熱を注ぎ続けた結果が二重感情線で出てきたり、精神面の成長を伴う出来事を体験して乗り越えてきた場合に二重感情線が現れます。

また、二重感情線はモテ線とも言われ、異性関係で傷ついて失恋を乗り越えてきたときにも現れます。

いままで濃かったのに二重感情線が薄くなってきた場合、年齢を重ねたり、精神面のコントロールが上達したことを意味します。

二重感情線がない場合が一般的

二重感情線がないのが一般的です。二重感情線は日本人の約三%が持っているとされています。とても珍しい手相なので手に現れてない人もいます。

二重感情線がないからと言って感情がない、愛情面が薄いということではありません。

いまは二重感情線がでていない手相の人も、これからの状況次第で新しく出てくる場合もあります。

逆境にくじけずに精神的に強くなったり、ひとつのことに情熱を注ぎ続けると出てくるとされています。

線が濃くなってきたように感じる

二重感情線が濃くなってき場合、薄い二重感情線だったとき以上の情熱で仕事や家庭などに打ち込んできたことを示しています。

また、逆境に打ち勝ってきて精神面が強くなってくると濃くなることもあります。二重感情線は感情や愛情の深さや強さを表しますから、二重感情線が濃くなってくるほど感情面が豊かに深くなってきたと見ることができます。

それだけに、自身の感情の強さや大きさに振り回される場面もふえてきます。感情のコントロールが難しいと感じた場合、二重感情線がある人は複数の情熱をもてる対象をもつと二重感情線の良さを最大限に活かすことができます。

二重感情線が濃いほどにバイタリティにあふれるので、情熱を注げる分野での活躍が見込めます。

二重感情線の見方・見るべきポイント③左右の手の違い

二重感情線の見方に、左右の手による違いがあります。二重感情線に限った話ではありませんが、左右の二重感情線が一致することはありません。

右手は生まれつきの才能、性質を表します。反対に、左手は日頃の生活次第で千変万化します。

たとえ生まれつき右手に二重感情線がなくとも、生まれてから現在にかけての生き方次第では二重感情線が現れることは珍しくありません。

生まれつきの才能、性質を表す右手に二重感情線がある場合は、生来的にたくましい精神力やバイタリティをそなえていて、困難に直面しても諦めない芯の強さや情熱があります。

日頃の行動で変わる左手に二重感情線がある場合、困難を乗り越えて情熱を燃やし続けた人に現れます。精神的な強さや人を思いやる気持ちがあるため、他人から慕われやすいでしょう。

右手に表れている線は変わりにくい

二重感情線が右手に出ている場合、生まれつきの感情面、精神面を表しています。左手よりも右手に二重感情線がある場合は、潜在的な才能が秘められていると判断します。右手に二重感情線があれば恋愛が順調に進むでしょう。

しかし、あまりに濃く太い場合は気が多くなったり、浮気をしてしまう可能性を示唆しています。マスカケ線と二重感情線が右手にあるときは、大器晩成を意味しています。打ち込んできたぶんだけ、晩年に大きく評価されると判断します。

左手に表れている線は変わり続ける

二重感情線が左手に出ている場合、日頃の生活いかんで変わっていった感情、精神面を表します。一心に打ち込んできたものがあったり、挫折や困難を乗り越えて強靭な精神力を身につけたなど、辛い環境でも負けずに打ち勝ってきた人の手に二重感情線が現れます。

性格も明るくて、愛嬌があります。痛みを乗り越えてきたぶんだけ、他人を思いやる気持ちは人一倍です。何事にも粘り強く、そして情熱的に取り組むので、その姿勢から信頼を集めます。

二重感情線の見方・見るべきポイント④他の線や丘との関係

二重感情線の見方に、他の線や丘との関係があります。手の側面から伸びている結婚線と二重感情線が交差するようにつながっている場合、結婚線の状態によって意味が異なります。

下向きの結婚線とつながっているときは、性欲はたくましいが結婚には消極的であることを示します。

既婚者のときは、配偶者に対する愛情が冷めてきたり、不倫をしたい欲求がでてきたことを示します。

反対に、上向きの結婚線と二重線がつながっていれば、意味は逆転します。未婚なら恋愛を楽しめて、結婚にも積極的です。

既婚者のときは配偶者からの信頼も厚く、円満な夫婦関係を築いていると見ます。

マスカケ線という知能線と感情線が一本でつながり、手の平の端から端まで伸びる線と二重感情線がある場合、大成功をつかみやすい手相です。恋愛面でも異性関係に事欠きません。

線上にスター(星・アスタリスク)がある

線上にスター(星・アスタリスク)がある場合、感情線と二重感情線の手相の状態が吉相なら、感情面や精神面で幸運が訪れます。恋愛や結婚であれば理想的な相手と巡り会えます。

感情線と二重感情線の状態があまり良くない場合、対人関係のトラブルが起きることを示しています。

線上に星が現れる人は繊細で心優しい人が多いため、頼まれごとをされるという面もあり、必ずしもトラブルに発展するとは限りません。

また、線上に星が現れる人は誤解を受けることもままあり、それがすれ違いの末にトラブルになるという可能性もあります。

トラブルになった場合は前向きに明るく取り組んだほうが良い結果を生むでしょう。

線上にトライアングル(三角紋)がある

線上にトライアングル(三角紋)があり、線上に重なっている場合は凶相です。精神面が荒々しくなって落ち着かず、イライラしやすかったり、気持ちが安定しない傾向を示します。予想外の問題や障害が起こることを意味する場合もあります。

また、恋愛運が低下する兆しとみなします。疲れやイライラはためこまないほうがいいでしょう。線上から外れて沿うようにトライアングルが現れていたら、吉相です。愛情面で意外な幸運に恵まれます。

片想いが実ったり、長年付き合った恋人との結婚など、努力や想いが実る暗示です。家族や友人との関係も深まるでしょう。

線上に十字紋(×印・クロス)がある

線上に十字紋(×印・クロス)が線上に重なって出ている場合、凶相です。線上のクロスは感情の乱れを意味します。人間関係がおもうようにいかずに、怒りや悲しみを胸にこもらせてしまいがちで、心は落ち着かないという状況に陥ります。

クロスが薄い場合は気にするほどではありませんが、濃いときや、はっきりとクロスが見える場合は大切な人との別離を暗示しています。

線上の末端にあるバツは異性運に欠けています。男運女運に恵まれないと見ます。しかし手相は日々変化するものです。

生き方を変えれば凶相が消えることも珍しくありません。

二重感情線とますかけ線がある場合

ますかけ線とは、感情線と知能線が手の端から端まで一本の線が刻まれているのを指します。一本のますかけ線に感情線と知能線がどちらも含まれています。

ますかけ線から枝分かれして上に伸びていたり、離れていても比較的長い線があれば、それが二重感情線です。

ますかけ線から枝分かれしている二重感情線の場合、忙しくしていたほうが気持ちが安寧とする傾向があります。大成功と大失敗という両極端な結果を繰り返すようなこともありますが、何度でも立ち上がれるほどに逆境に強く、忍耐力に優れています。

二重感情線の見方・見るべきポイント④線の形状や状態

二重感情線は通常、感情線の上に現れます。主線よりも支線が長い場合、繊細で感受性が高いことを示します。

二重感情線にたくさんの線が細かく支線で出ているときは、気が多く恋愛も短い期間で終わるでしょう。しかしコミュニケーション能力が高く、モテるために相手に困ることはありません。

知能線と感情線が一本線でつながっているますかけ線から感情線が支線で刻まれる場合もあります。ますかけ線から出ている変形二重感情線も通常の二重感情線として判断されます。

線の始点・終点が枝分かれしている場合は、気の多さや性的嗜好を示します。

二重感情線が下向きか、上向きかでも意味がことなり、多重人格を表す場合もあれば、不倫の可能性も見ることができます。

線の始点・終点が枝分かれしている

線の始点・終点が枝分かれしている場合、はっきりと明瞭な線であることが重要です。手をのばすと消え入りそうな線は枝分かれと判断しません。

始点も終点も上向きか横向きなら好奇心の高さを表します。八方美人になりがちですが、結婚運に恵まれています。

線の二股が中指と人差指の下に股がるときは、アブノーマルな性質があるため、不倫をする可能性があります。線の終点の片方が下向きになっている場合、二重人格であることを意味します。見た目と中身のギャップが大きくて驚かれます。

まとめ

二重感情線は感情線に沿うように現れるのが一般的な手相です。生まれつき持っている人もいますが、それは珍しいケースと言えます。

二重感情線は、日本人全体の三%のみが有しているという珍しい線であることが理由です。

状況によっては感情線が現れる手相の人もいます。しかし、二重感情線が出ないことが一般的なため、二重感情線がなくても支障はありません。二重感情線は精神面の強さを表すと同時に、感情の強さも表します。

自身の感情面のコントロールが難しいと感じる場合は、複数の対象物に情熱を注ぐと良いでしょう。それくらい、二重感情線がある人はバイタリティに溢れているので、一点集中するよりは分散させたほうがバランスを保てます。

二重感情線が右手にあって左手にない場合、経験次第で左手にも感情二重線が現れる場合があります。

手相は、生き方次第で変容します。たとえ凶相が出たとしても、自分自身の心構え次第でいかようにも吉相にできます。

合わせて読みたい