風水

風水を寝室に取り入れよう。運気をアップさせる7つのポイント

寝室は風水的に見て非常に重要な場所であると考えられています。人間は人生のおおよそ三分の一を睡眠に費やしますよね。それだけの長い時間を過ごす場所は、寝室の他にないと言っても過言ではないでしょう。長い時間を過ごす場所は、それだけ運気にも影響を及ぼします。

今回は眠っている間に良い運気を取り入れられるように、風水的に良いとされている寝室のインテリアや枕の方角などについてご紹介していきます。運気がアップする寝室を作っていきましょう。

運気をアップさせる寝室の作り方7つのポイント

運気を高めるために必要なポイントは、色々とあります。寝室風水だと部屋の方角や枕の位置に注目しやすいですが、他にも運気をアップさせる効果が期待できるコツやポイントは、様々なものがあるのです。

ここではまず、特に優先的に取り入れたいポイントを7つに絞ってご紹介していきます。もちろんすべてを寝室に取り入れるのが理想ではありますが、可能なものだけを1~2点行うだけでも運気を高める効果は期待できます。簡単に実行することができるものも多いので、できそうなものを寝室に取り入れてみてはいかがでしょうか。

風水的に重要な枕の位置は「北」がベスト

運気を良くする寝室作りにおいてまずチェックしておきたいのが、枕の位置です。枕は北向きにするのがベストです。「北枕は亡くなった人が寝る向きだからよくない」と日本では言われがちなので「枕は北向きにすると良い」と聞くと意外に思えるかもしれませんが、風水では枕を北向きにして眠ると運気がアップすると考えられています。運気のバランスを整えて安定をもたらしてくれるので、安眠にもつながりやすいでしょう。運気を高めたい方はもちろん、寝つきを良くしたい方も北枕を試してみてはいかがでしょうか。

なお東枕は、エネルギッシュに活動したい方に向いていると言えます。太陽が昇ってくる方角である東は、パワーを与えてくれる方角だからです。西は金運と関連が深い方角なので、「とにかく金運を高めたい」「収入をアップさせたい」という方は、西枕を試してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみにあまり向かない向きは南です。「火」の気が多い南に枕を向けてしまうと、気持ちが高ぶって寝付きにくくなってしまうと考えられているためです。

ベッドフレームの素材は「木」が理想

ベッドフレームは、できれば木製のものにすることをおすすめします。木製の家具は自然のパワーを取り入れることができるためです。温かみのある木のベッドは、安眠効果もあると言われています。ベッドフレームを買い替えるときには、ぜひ木製のものを選ぶようにしてみてください。

ちなみにスタイリッシュなイメージのあるパイプベッドは、風水的にはあまり良くないと考えられています。陰の気が強いためです。とはいえベッドフレームは頻繁に変えられるものではありませんし、無理に買い替えを行う必要はありません。現在木製以外のベッドフレームを使っている方は、暖色系のリボンやフラワーモチーフの飾りなどを、ベッドフレームにつけてみてください。そうすることで陰の気を緩和させることができます。

寝室のカーテンは二重にすると運気アップ

寝室の窓につけるカーテンは、二重にすることで運気を高めることができます。通常のカーテンとレースカーテンの二枚をつけるようにすると良いでしょう。こうすることで、眠っている間に良い運気が逃げないようにすることができるのです。なおカーテンは朝しっかりと開けることで良い運気を呼び込み、暗くなる少し前に閉めることで取り入れた良い運気を逃がさないようにすることができると考えられています。ですので、寝室のカーテンは閉めっぱなしにしないようにしましょう。

ちなみに風水では遮光カーテンはあまり良くないと言われていますが、もしも寝室に朝日が差し込んでよく眠れないという場合には、遮光カーテンを選択しても問題はありません。なぜなら、良質な睡眠をとることの方が、健康のためにも風水的にも重要だからです。快適に眠れることを一番に考えて、カーテン選びを行ってみてください。

間接照明を置いて真っ暗な状態を避ける

寝るときであっても、部屋を完全に真っ暗にしてしまうのは、風水ではあまり良くないと言われています。特に金運をアップさせるためには、眠るときでも少しだけ明かりを灯しておくことが重要になります。

もちろん眩しくて眠れないほど明るくしてしまっては逆効果ですので、さりげなく足元を照らしてくれるフットライトや、温かみのある色の小さな間接照明などを使用すると良いでしょう。オレンジなどの暖色系の照明は、金運を高めるのにも効果的なので一石二鳥ですね。

ちなみに間接照明のぼんやりとした明かりを点けておくのが理想ではありますが、適当なものがない場合や何らかの理由で間接照明を設置することができない場合は、シーリングライトの豆電球で代用することもできます。とにかく就寝中に真っ暗にしないことが大切なので、ぜひ今夜から試してみてください。

床にはラグマットを敷いておくと運気が良くなる

風水では足元を温めると良いとされているので、フローリングの床にはラグマットやカーペットなどを敷いておくと運気を高めることができます。寝室の場合は、ベッドから降りたときにラグに足を付けることができるような位置に敷いてあげると良いでしょう。

ラグマットの形状は、円形や楕円形がおすすめです。気の流れを良くしてくれる効果が期待できるので、これから寝室用のラグマットを購入する場合には、円形のものを選ぶようにするとよいでしょう。ラグの毛足は、短めのタイプが良いです。毛足の短いラグマットは、運気を安定させてくれる効果があります。季節を問わず使うことができるので、取り入れやすいのではないでしょうか。またラグマットのカラーは、明るめのものだと良い運気を運んできてきやすくなります。参考にしてみてください。

寝室のテーマカラーは方角に合わせて選ぶ

寝室のインテリアを考えるときに気になるのがカラーですよね。テーマとするカラーは、寝室の方角に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。ちなみに「寝室の方角」とは、家の中心から見た時にどの方角に寝室があるのかによって決定します。

寝室が北にある場合には、温めることをまず考えるようにしてみましょう。北は冷えやすい方角だからです。ピンクやクリームカラーなどの、温かい印象を生み出してくれるカラーを選択するのがおすすめ。ラグマットなどもしっかりと敷くようにしてください。

寝室が「木」の気を持つ東にある場合は、ブルー系の色を基調としたインテリアにすると、バランスの良い空間になります。さわやかな雰囲気でコーディネートしてみましょう。

金運と関連の深い西に寝室があるなら、イエローなど金運アップ効果の高いカラーをテーマにして、金運をアップさせる寝室を作ってみてはいかがでしょうか。ホワイト系の色味もおすすめです。

最後に南に寝室がある場合は、リラックスできるように、目に優しいベージュや生成色などのやわらかい色をベースにしてみてください。観葉植物や生花を置くのもおすすめです。

枕元に水を置いておくと厄を吸収してくれる

簡単にできる寝室風水として「眠るときに枕元に水を置いておく」というものがあります。水はガラスのコップなどに入れればOKで、普通の水道水で構いません。枕元に水を置いておくと、眠っている間に水が良くない運気を吸収してくれると考えられています。水がしっかりと厄を吸収することができるように、コップには蓋などをせずに置いておくようにしてください。

なお厄を吸収した水は、飲まないように気を付けましょう。せっかく水が厄を吸収してくれたのに、それを飲んでしまっては、体内に悪いものを取り入れることになってしまいます。もちろん観葉植物や花などにあげるものNGです。朝になったらシンクなどに水を流し、コップはしっかりと洗って厄を落とすようにしてください。

長い時間を過ごす寝室は常にきれいにしておく

風水では、掃除は非常に大切であると考えられています。こまめに掃除を行って部屋を清潔な状態に整えておくことにより、運気の流れを良くすることができるからです。長い時間を過ごす寝室は、しっかりときれいな状態にしておきたいところ。

特に肌に触れる枕カバーやシーツ、パジャマなどは頻繁に変えるようにしましょう。これらのものは眠っている間に厄を吸収してくれていると考えられているので、こまめに洗濯をして厄を落としてあげる必要があるのです。もちろん清潔に整えておくことは健康や美容のためにも重要になります。

また適度に換気を行うことも大切です。朝寝室のカーテンを開けるときに、一緒に窓も開けて空気の入れ替えを行いましょう。そうすることで寝室の空気を浄化することができます。換気は運気の流れを良くしてくれるので、寝室以外の部屋もきちんと行うようにしましょう。

風水的にNGな寝室のポイントも確認しよう

風水的にNGなものもいくつかあります。寝室から良くない要素を排除するだけでも、運気をアップさせる効果がありますので、チェックしてみましょう。

まず確認したいのが、ベッドの位置です。寝室の入り口から見た時に、直線状にベッドがあるのはあまり望ましくありません。ベッドの位置を動かすことができるようであれば、配置を変えてみると良いです。ベッドを動かせないようであれば、入り口に暖簾などを下げたりするだけでも効果的ですので、試してみましょう。

また寝室に鏡がある場合には、寝姿が映らないように気を付けてください。もしも寝姿が映ってしまう位置から変えることができないようなら、鏡に布などをかけておくと良いでしょう。

さらに風水ではぬいぐるみや人形をたくさん置いてしまうと、運気がダウンしてしまうと考えられています。ぬいぐるみや人形が、運気を吸ってしまうためです。ベッドにぬいぐるみを置いている方は少なくないかもしれませんが、できればやめておいた方が賢明です。どうしてもという場合には、特にお気に入りのものだけを厳選して置くようにしてみてください。

まとめ

運気をアップさせるための寝室作りのポイントを、風水の観点からご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。ベッドフレームを木製のものに買い替えたり、一気に寝室の模様替えを行うことは難しいかもしれません。ですが、寝室をきれいな状態に整えたり、枕カバーやシーツをこまめに洗濯するようにしたり、枕元に水を置いておいたり…といったことは、今日からでも実際に行うことができますので、ぜひ試してみてください。風水的にNGなものを避けるだけでも、運気は高まっていくことでしょう。

繰り返しになりますが、長い時間を過ごす寝室は、人間にとってとても大切な場所です。しっかりと空間を整えて、毎日快適な睡眠をとり、運気をアップさせていきたいですね。

合わせて読みたい