風水

風水はワンルームにも取り入れて。運気アップ部屋作り6つのポイント

リビングや寝室などが分かれていないワンルームや1Kのお部屋だと、広さの関係で家具の配置もあまり自由にできなかったりと、風水を取り入れるのが難しいイメージがあるかもしれません。ですがワンルームであっても、風水の要素を取り入れることは、実は十分に可能なのです。

今回はスペースの限られたワンルームでも簡単に取り入れることができる、運気をアップさせるアドバイスを6つのポイントに絞って行っていきます。難しいものは一つもないので、今日から実践してみてください。ぜひ風水を取り入れて、居心地の良い自分だけの運気アップルームを作っていきましょう。

狭くても玄関は清潔&明るい印象にして運気アップ

風水では、玄関は家の中でもかなり重要な場所であると考えられています。玄関は明るい印象にしておくことと、清潔な状態をキープすることが、とても大切です。ワンルームだと玄関スペースは狭いことが多いですが、靴を出しっぱなしにしないようにしたり、余計なものを置いたりしないだけでも、広々とした印象になります。できるだけ玄関にはものを置かないように気を付けつつ、こまめに掃除をするようにしてみてください。それだけでも運気アップに効果的です。

また玄関から窓が見える間取りだと、玄関からせっかく入ってきた良い運気がそのまま流れて出ていってしまうので、注意が必要です。部屋選びをするときには、玄関から窓が見えるかどうかをチェックすることをおすすめします。なお、玄関から窓が見えてしまう場合には、暖簾などをかけてあげると良いでしょう。ドアを開けた時に部屋の中が丸見えになってしまうのも防ぐことができ、一石二鳥です。暖簾は薄手の生地のものか、レースのタイプを選ぶと良いでしょう。

ベッドは「枕の位置」に注意して設置して

長い時間を過ごすベッドは、心地よく整えたいもの。風水でも、眠っているときの環境はとても大切であるとされています。ベッドを設置するときには、枕の方向をチェックしてみてください。理想は北に枕があることです。「北枕」というとあまり縁起が良くないイメージがあるかもしれませんが、風水では北に枕を向けて眠ると、頭がすっきりとして安眠につながるため、良いと考えられています。寝つきが良くない方は、北向き枕を試してみてはいかがでしょうか。

反対に避けたいのは、南向きです。南はエネルギーに満ちている方角なので、眠るときには向きません。南枕にしてしまうと、気持ちが高ぶって熟睡できなかったり、イライラしやすくなってしまったりするとも言われています。ただし南枕はインスピレーションをアップさせる効果があるので、新しい発想などが欲しいときにあえて枕を南にして眠るのは有りであると言えるでしょう。

観葉植物を置いて手軽に運気アップ

観葉植物は運気をアップさせてくれるアイテムの一つです。ガーデニングなどの経験がなくても育てやすいものも多いので、ぜひ気軽に家にグリーンを取り入れてみてください。インテリアとしても素敵ですよね。ワンルームの場合は、場所をとらない小さめサイズの観葉植物を選ぶと良いでしょう。テーブルヤシやサンスベリアハニー、ポトスなどは、そこまで大きくなりすぎない植物な上にお世話しやすいので一人暮らしの方にもおすすめです。

観葉植物を置く場所についてですが、どこか一か所選ぶのであれば、テレビやパソコンの隣がおすすめです。テレビボードやパソコンを置いているデスクなどに置いてあげると良いでしょう。風水では、テレビやパソコンなどの家電はマイナスの気を持っているとみなされています。そこで観葉植物をそばに置くことによって、気の流れを整え、滞りを解消させるのです。テレビやパソコンは生活に必要なものですから、観葉植物の持つ浄化のパワーを借りて、上手く付き合っていきましょう。

どんな運気をアップさせたいかでインテリアを決める

インテリアのテーマは、どのような運気を特にアップさせたいのかによって、決定すると良いでしょう。

恋愛運をアップさせたいのであれば、ベッドリネンをピンク系のカラーにすることをおすすめします。ピンクは広く知られているように恋愛運に関連している色です。特に女性が身に着けたり近くに置いたりすると魅力がアップする色なので、「新しい出会いが欲しい」「そろそろ結婚したい」という女性は、インテリアにピンクを取り入れてみると良いでしょう。

仕事運を高めたい場合には、家具を木製のものにするのがおすすめです。特にパソコンデスクなどは、角の部分が丸みを帯びている木製のものを選ぶと良いでしょう。家具を買い替えるのが難しい場合には、木製の時計や置物などの小物類をプラスしても効果が期待できますので、ぜひやってみてください。

金運は、西に黄色いものを置いておくとアップすると言われています。西は金運全般を高める効果がある方角だからです。黄色が金運アップカラーであることは有名ですね。西に置く黄色いものは基本的に好みの雑貨などで構いません。黄色い生花(風水的にドライフラワーはNGなので注意)を飾るのも良いでしょう。

ワンルームで風水的に避けたいインテリア

ワンルームでは風水的に避けておきたいインテリアや部屋作りというものもいくつかあります。代表的なものを抑えておきましょう。

ワンルームのお部屋で気を付けたいのが、鏡です。風水では自分の寝姿が鏡に映るのは良くないと考えられているので、ベッドに横になったときに見える位置に鏡があるのはNGです。とはいえワンルームの場合は鏡やベッドの位置を変えられないこともありますよね。そういう場合には、使わないときには鏡に布やカバーなどをかけておくようにしてみてください。あるいは、扉を閉めておくことができるタイプの鏡に買い替えても。

あとは意外に感じられるかもしれませんが、冷蔵庫の上に電子レンジを置くのも風水ではNGとされています。なぜなら冷蔵庫の持つ気が「水」であるのに対して、電子レンジは「火」だからです。正反対の気を持っているため、重ねて置いてしまうとキッチンスペースの気が乱れてしまう原因になります。とはいっても場所が限られているワンルームの場合、冷蔵庫に電子レンジを置くしかないという場合も多いですよね。その場合は冷蔵庫と電子レンジの間に木を挟んであげましょう。これだけでも、大分気のバランスが整います。なお安全性などを考慮して、通気性の良いすのこの台などを選択するのがおすすめです。

部屋をきれいな状態に保つことも重要

運気をアップさせるためには、家具の配置やカラーなどももちろん大切ですが、一番大事なのはきれいな状態をキープすることです。いくら家具の配置などに気を配っても、部屋が汚い状態では良い運気は訪れません。汚れている場所は気が淀んでしまうため、掃除は定期的に行い、常にきれいな状態を保つようにしましょう。

掃除を楽にするためには、物を出しっぱなしにしないことが大切です。物を収納する場所をしっかり決めてしまうことで、物が散乱するのを防ぐことができます。また荷物を家に溜め込むのは運気を低下させてしまうため、定期的に所有している物を見直したり、断捨離を行ったりするのもおすすめです。物が少なくなれば掃除も楽になりますし、スペースが限られたワンルームも広々使うことができます。

まとめ

ワンルームのお部屋に風水を取り入れる方法やNGポイントなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。部屋の仕切りがなくスペースも限られているワンルームだと、取り入れることができない要素もありますが、工夫次第で運気を高める部屋作りをすることは十分に可能です。

ご紹介したようにお部屋に観葉植物を置いたり、こまめに掃除をして清潔な状態をキープしたり、玄関に余計なものを置かないようにしたり、ベッドリネンを変えたりすることは、ワンルームであってもできますよね。風水的にプラスである要素を無理にすべて取り入れる必要はありませんので、できる範囲プラスしてみて、運気の上がる居心地の良い空間を楽しみつつ作っていきましょう。

合わせて読みたい