誕生日占い

【誕生日占い大全】7月26日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは7月26日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

7月26日生まれの人は「公明正大な情熱的リーダー」です。何事にも前向きでパワフルに前進するリーダーを慕う人は多いはず。ただし、表面上では冷静であることが多く、情熱は内に秘められています。行動を共にする仲間を大事にし、必要があれば自分が犠牲になることもいといません。

集団を率いて行動することも得意ですが、一人でいる時間も大切にします。リーダーとしてのイメージが強い一方で、職人的な一面もあり、自分の手掛けることは完璧に仕上げます。

自分のスキル・技術習得にも励んでいますが、プライドが高いこともあってそれを人に見られることを良しとしません。頑固さ・気難しさが見え隠れすることもあります。

自分の理想・こだわりを強く持ってします。しかしながら、それを周囲の人に押し付けるようなことはせず、自分と周囲の考え・意見の妥協点を見つけようとします。どちらかといえば、強力なリーダーシップを発揮するよりも、周囲の意見をしっかり聞き入れて物事を進めていくタイプです。

リーダーとして公明正大であろうと努めます。不正や悪事を絶対に許しません。自分が裏切られるようなことがあれば深く追求し、許そうとしないでしょう。ただし、社会の規則・ルールを厳格に実行することを優先してしまうので、無慈悲で冷徹な人だと誤解されてしまうこともあります。

社会に広く自分の存在を認められたいと思っています。社会的な地位・名誉に関心が高く、さらに上を目指そうとします。人から嫌われたくないという思いが強い時、自分に自信が持てない時には人に迎合してしまうこともあるでしょう。時には人をコントロールしようとも考えるでしょう。

何事にもまじめに熱心に取り組みます。その分だけ人から評価されたいという気持ちが強く、そのための努力も惜しみません。ただし、本来の目的をはき違えてしまうこともあるようです。プライドの高さから、人からのアドバイスや忠告・批判などを受け入れにくい傾向もあります。

観察力・洞察力を持っており、周囲の人の行動をよく把握しています。そのため、柔軟に対応し細かい気配りができます。困っている人を見ればすぐに手を差し伸べようとします。

目的のためには忍耐・苦労することが必要であることを身をもって知る人です。しかし、目標達成に向けて夢中になること・無理をしてしまうことで、コンディションを崩してしまうことがあります。自分の体調を気にかけながら行動するようにしましょう。

7月26日生まれの隠れた本質や使命

何事においても一生懸命に取り組みます。人から自分を評価されたいという気持ちがとても強い人です。しかし、時として「評価されるために」何かをしているという状況になりがちです。

そもそもの目的をきちんと果たした上でついてくるのが評価です。評価・人気を得ることに意識が集中してしまい、果たすべき責務がなおざりになってしまうような事だけは避けたいところです。本来果たすべき目的を第一に考えて行動するようにしましょう。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

いくら頑張っても結果がついてこない時もあります。「これだけ頑張ったのに」というアピールを周囲にしがちですが、努力よりも成果が求められることも少なくありません。

結果を冷静に受け止めるようにしましょう。目標に向かってがむしゃらに突き進んでいくのではなく、より結果を出すための効率的な方法を考えるとうまくいくでしょう。

自分の思い通りに事を進めたいと思うばかりに、人をコントロールしたいと考えます。しかし、そのようなことをせずとも、あなたには人から慕われるだけの実績や人気があるはずです。

人をコントロールしようとするのは、自信のなさからくる行動でもあります。もっと自分に自信を持ち、人を制御するよりも意義のあることに集中するようにしましょう。

7月26日生まれの恋愛時の資質や注意点

人の中にいてはリーダー格であることも多く、人目を引く存在です。さらに、人に対して細やかな気配りができる心優しい人であることから、あなたを恋愛対象と捉える人も少なくないはず。

ただし、あなたの理想が高いこともあって、特定の相手ができるまでには時間がかかるかもしれません。自分が夢中になれる人がいると積極的にアプローチします。その時には内に秘めた情熱があらわになるので、普段冷静なイメージを持っている人には驚かれるかもしれません。

恋人・パートナーに対しては心から誠意をもって尽くします。ですが、相手にもそれを求めようとすることも。特に相手が浮気・不倫をしていた時には絶対に許そうとはしないでしょう。

結婚後は自分の夢に描いたような結婚生活を送ろうと努力します。家族を守るためには自分が犠牲になることもいといません。しかし、心配事があると家族にあれこれと口うるさく干渉してしまうこともあるでしょう。おせっかいが度を過ぎて煙たがられることもありそうです。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

恋愛に夢中になっている時には相手の心境・立場、周囲のことがよく見えなくなっています。アプローチが積極的な分、相手が引いてしまうこともあるので冷静になることも必要です。

自分が相手にしたように、相手にも同じように自分に返して欲しいと思っています。しかし、そういった見返りを求めるのは本当の愛とは言い難いでしょう。見返りを求めない無償の愛を実践することが重要です。

自分が裏切られたと感じたら相手を許そうとはしないでしょう。ただし、相手が心から反省しているのであれば相手を許すことも大切です。そして裏切りの要因が自分にもなかったか、振り返ってみることも必要です。

結婚してからは家族のことにあれこれと口を出したり、世話を焼いたりし過ぎることがあります。しかし、家族それぞれがきちんと自立して動けるようにすることが大切で、そのためにも少し距離を置いて見守る姿勢も必要です。

7月26日生まれの仕事の資質や適性、注意点

組織・グループのリーダーとして責任を果たすこともできれば、一人で職人的な作業を黙々と行うこともできる人です。しかし、本人の中ではできる限り現役で働きたいと考えており、年齢を問わず長くできるような仕事を望んでいます。

また、自分の人生を賭してでも関わりたいことがあれば、それを職業に選ぶこともあります。

組織においては管理職やリーダーとして活躍するでしょう。野心家でもあるので、出世コースにいること・組織の上層部を目指すこともあります。

協調性もあるので集団行動も苦になりません。礼儀正しいこともあってめったなことでは人間関係のトラブルを引き起こすことはないでしょう。

しかし、仕事においてもっと自分で自由に切り盛りしたい・自分のこだわりを追求したいという場合には、独立することもあります。新しいものを世に送り出そうという熱意は、ベンチャー企業家として活躍する原動力にもなるでしょう。

人とのつながりの大切さも知っているので人脈作りも大事にし、仕事が絶えることもないでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

多くの人から注目され、人気を得たいという気持ちがあります。もし、それが実感できない時にはそのための努力を惜しみません。人をコントロールしようとさえするかもしれません。

しかし、会社組織で働く以上は会社の利益を第一に行動することが大切です。自分がどれだけ会社に貢献しているかが自分の評価にもつながっていきます。自分の行動が本来の目的に沿ったものなのかよく考える必要があります。

基本的に仕事に取り組む姿勢はまじめで勤勉です。やや要領の悪い部分などもあって、必要以上のパワーを消費してしまうこともあります。もっと自分の労力を減らして成果を出す方法もあるはずです。がむしゃら・むやみに取り組むよりも、計画的・効率的に進めることを意識してみましょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

お金に対しての執着はさほどありません。ただし、貯蓄・資産運用には関心があるので、それによって財を成すこともあるでしょう。気をつけたいのは、計画性のない大きな金額の支出です。

大きな金額が絡む契約・買い物をする場合には、信頼できる人に事前に相談するといいでしょう。あなたが結婚している場合には、家族の同意なしで行ったことで非難を浴びてしまうことがあるかもしれません。

困っている人にお金を貸すこともあるでしょう。ただし人を見る目があるので、返済の約束を守れないような人には貸さない傾向も。また、ボランティアや社会奉仕活動に寄付することもありますが、自分の評価を高めるための寄付になってしまわないように注意しましょう。

7月26日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月6・17日、2月7・14・25日、3月6・15・22日、4月5・14日、5月4・28日、6月3・26日、7月4・29日、8月2・28日、9月27日、10月8・25日、11月6・25日、12月6日

【仕事・対人関係】

1月6・14日、2月4・15日、3月2・12日、4月2・11日、5月1・15・28日、6月9・13日、

7月8・19日、8月9・16日、9月6・15・24日、10月28日、11月22日、12月24日

【ソウルメイト】

1月13日、2月11日、3月9日、4月1・7・22日、5月5・18日、6月3・30日、7月1・7・28日、8月27日、9月24日、10月13・22日、11月20日、12月18日

7月26日生まれの誕生花と誕生石

  • ヤマトナデシコ
  • 枝サンゴ

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • カール・グスタフ・ユング(心理学者)
  • ミック・ジャガー(ミュージシャン)
  • ケビン・スペイシー(俳優)
  • サンドラ・ブロック(女優)
  • 桜庭一樹(作家)
  • 秋元才加(タレント)