星座占い

獅子座と水瓶座の相性を解説

獅子座と水瓶座の基本的な相性はどう?

獅子座と水瓶座の二人は個性と個性のぶつかり合い

獅子座と水瓶座の二人は、どちらも自己主張がはっきりしていて、自立心に富んでいます。「自分で考えて」進むことができ、周囲の人を惹きつける魅力も備えています。似ている二人の力関係は同等ですが、獅子座の人は「個」としての自分から主張し、水瓶座の人は、「世界の普遍的真理」から主張しようとします。この視野の差を認識していないと、水掛け論になったり、全く相いれない状態が生まれる可能性があります。同じ自己主張でも獅子座の人は横柄な態度で、水瓶座の人はズバズバとした物言いでぶつかり合うこともあります。

獅子座と水瓶座の二人は特別扱いしない

獅子座と水瓶座の二人は特別扱いすることを好みません。誰かを特別に扱うわけではなく、誰に対しても平等に接する傾向にあります。
ただし獅子座は誰かを特別扱いすることはありませんが、自分を特別扱いして欲しいとは思っています。それはプライドが高いからで、他の人とは違う人間でありたいと思っているのです。
一方の水瓶座は自分を特別視して欲しいとは思っていません。しかしながら誰かを特別視することもないため、冷たい印象を抱かれることもあります。

獅子座と水瓶座の二人は見つめ合う

獅子座と水瓶座の二人は、互いのことをしっかりと見つめ合う中で信頼できるかどうか判断しています。偽りのない目で直視出来ているか見極めるスキルが高いのです。少しでも揺らぎがあるようなら、問い詰めて本音を聞き出すようなこともあります。真剣な見つめ合う獅子座と水瓶座の様子は、傍から見ていると鬼気迫るものがあり、あまり評判は良くありません。信頼関係が続いていくかどうかは、こうしたコミュニケーションの結果に委ねられているのです。

獅子座と水瓶座の二人の恋愛相性はどう?

二人の相性は70%

正直に自分の気持ちを伝えられるタイプである獅子座と水瓶座は、常に相手の反応を気にしています。お互いが納得できる形で意見をまとめる能力も高いことから、二人の相性は70%と、とても高いものになっています。獅子座と水瓶座が恋愛関係を続けていく中で、建設的な話し合いの機会が多く持たれることでしょう。その際、言いたいことを言い合うだけではなく、お互いの気持ちに寄り添うことが出来れば更に良好な未来が描けるのです。

うまくいく秘訣は自分に欠けたところをさらけ出す

獅子座と水瓶座がうまくいく秘訣としては、自分に欠けたところを全てさらけ出すことにあります。隠し事は一切しないで、ありのままの自分を見てもらうことから始めることが肝心です。自分からすべてを解放していく姿勢を大事にすることで、安心感を抱いてもらうことが出来ます。互いの良い所と悪い所をしっかり理解するためにも、獅子座と水瓶座はオープンな関係に進化していく必要性があります。こうした取り組みが信頼を育んでいきます。

獅子座と水瓶座の二人が注意したいのは裏表

恋愛するのに際して獅子座と水瓶座の二人が特に注意したいことは、裏表の無い真面目な関わり方となります。表向きの顔が良くても、親密な関係を築く中で徐々に本質的な悪さがにじみ出てくることは多々あります。こうしたリスクを出来るだけ減らす努力をしなければ上手くいかなくなります。信じる力を大切にして、獅子座と水瓶座の恋心が長期間維持できる状況を作っていくのです。互いに思いやりを持って接することが大切であると言えます。

結婚の相性はお互いを刺激し合えるかが鍵

獅子座と水瓶座にとって、結婚の相性はお互いを刺激し合えるかが鍵となります。飽きずにお互いの個性を尊重し、楽しい関係を維持するための工夫が求められているのです。無理のないコミュニケーションをしつつも、様々刺激を求めてリクエストするのも良いでしょう。安心感が大きいに越したことはありませんが、獅子座と水瓶座には沢山の刺激が必要です。恋愛についても、心躍るような出来事が日々起こるような環境を構築していくことが大事になります。

合わせて読みたい