誕生日占い

【誕生日占い大全】12月31日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは12月31日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

12月31日生まれの人は「負けず嫌いな正義感の強い子ども」といった感じでしょうか。負けん気が強く、ライバルの存在が自分のバイタリティーを生み出しているといっても過言ではありません。プライベートでは子どものような身勝手な行動もありますが、公にはきちんと社会の規則やルールを守り、弱い者いじめを決して許しません。

子どものようなイキイキとした感性の持ち主でもあります。この感性が形を伴って現れれば、多くの人に明るさと勇気・バイタリティーを与えるでしょう。注目度が高まり、社会的に認知されればカリスマ的存在としても一目置かれるでしょう。

トレンドにも敏感で、新製品や流行の最先端にはいつも目を光らせ、社会の状況や人々の望んでいるものをいち早くキャッチしています。そこに自分の感性をうまくプラスすることで、多くの人から注目・人気を得られるような商品やサービスを生み出すこともできる人です。

感受性が豊かなこともあって直感力にも恵まれています。直感のお陰でラッキーな事に出会えることもあれば、アクシデントやトラブルを回避できることもあります。すばらしいアイディアやひらめきを得ることもあり、ビジネスに結び付けることで大きな成果を手にすることもあるでしょう。

自分よりも目上の人間の助言やアドバイスを素直に受け取ります。社会はもちろん、会社や組織・グループ内での規則やルールはしっかり守ります。社会の決まり事から外れるような行動をしている人に対して軽蔑のまなざしを向けることもあります。

自分が熱心に傾倒しているカリスマや、身近に尊敬している人の言うことには何の疑いも抱きません。子どものようにまっすぐな心で信頼して夢中になっているだけに、裏切られるようなことがあれば激しく落ち込みます。

また、自分が正しいと信じていることを人にも押し付けてしまう傾向もあり、拒否されれば攻撃に出てしまうようなことも。

子どもが親の保護を必要とするように、自分の一番の居場所である家庭は、この日生まれの人にとって大切な場所。家庭・家族を大切にし、特に経済的な部分を安定させる努力を惜しまないでしょう。

そういった基盤を安定させることで、安心・安定を得て仕事にプライベートに全力投球できるタイプです。

そのため、大きな環境の変化には弱い傾向があります。ライフイベントのような大きな変化をなかなか受け入れることができずに、ひとりでストレスを抱え込むこともあるでしょう。

12月31日生まれの隠れた本質や使命

自分が安心できる場所である家庭・家族は心のよりどころです。しかし、進学や就職・結婚や子どもの独立といったライフイベントで自分の家庭環境が変化することを好みません。いつもそばにいた誰かが離れてしまうことで寂しい思いをすることもあるでしょう。

しかし、そのような寂しさを超えていく必要があります。今自分がやらなくてはいけないことに意識を集中させましょう。アートや音楽、文学といった分野で自分を表現することも寂しさを克服する1つの方法です。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

自分が熱心に信じていることを疑うことはまずありません。そのために、人にだまされていてもそれに気が付かないこともあります。

闇雲に何事も信用・信頼してしまうので、そういった性格を見越して狙われている可能性もあります。もし、そういった事で誰かから忠告を受けたら、素直に耳を傾けるようにしましょう。

自分が信じていることや正しいと思っていることを人に強要してしまうことがあります。特に自分よりも目下の人間・さらには、自分の子どもに押し付けてしまうことがあるので要注意です。

規則やルールをしっかり守るタイプですが、ルールを守らない人に対して批判的です。しかし、故意でルールを破っている人もいれば、そうでない人もいます。一概にすべての人に悪いというレッテルを張ってしまいがちですが、ルールを守れない背景なども考慮することが大切です。

12月31日生まれの恋愛時の資質や注意点

自分の興味や関心のあることにはまっしぐらに向かっていく人ですが、恋愛に関しては逆に消極的でシャイな姿勢です。ストレートに相手に思いを打ち明けることができないので、周囲の人は友人に協力してもらうこともあるでしょう。もしくは、友人として過ごした時間が長い人が恋人候補になることも。

好きになった相手のことを疑うようなことはありません。自分が相手に対して誠実であるように、相手もまた自分に対して一途であると信じています。

二人の先行きには楽天的ですが、相手の不満に気が付かないでいると、突然別れを切り出されてしまうかも。相手に対しても、自分の価値観やライフスタイルに合わせて欲しいという気持ちが強いだけに注意が必要です。

家庭が自分の安心できる唯一の場所ということもあり、結婚後は堅実な家庭を作り上げます。子どもの育児や教育に対して熱心です。しかし、期待しすぎることから口やかましく干渉してしまい、煙たがられてしまうこともあるでしょう。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

人を疑うことなく信じる気持ちが強い人です。しかしながら、自分の期待に反して相手から裏切られていることもあります。

裏切りが発覚すれば、相手に対して厳しい態度で問い詰めることもありますが、相手の裏切りの原因には少なくともあなた自身も関係しています。相手に対して不満を感じさせるようなことがなかったか、自分でも振り返り反省すべきでしょう。

恋人・パートナーさらには自分の子どもにまで、自分のライフスタイルや物の考え方などを押し付けてしまうことがあります。自分の理想や期待を押し付けるよりも、お互いの歩み寄りや理解が必要です。子どもに対しても世話焼きな部分がありますが、依存心ではなく自立心を育てるようにすることが大切です。

12月31日生まれの仕事の資質や適性、注意点

モノづくりの仕事、あるいはクリエイティブな仕事に実力を発揮します。特にトレンドを意識した仕事することで大成功を収めることも。自分が趣味などで楽しんでいることも、向上心を忘れずに専門性を追求すれば立派なビジネスとして成立させることができます。

仕事にやりがいを求めますが、自分の足元の基盤を安定させたい人でもあるので、やりがいと収入のバランスの取れた仕事・職場を選びます。どちらかといえば、収入の安定している大きな会社組織にいることが多いかもしれません。

競争心が強いこともあって、ライバルに負けない仕事ぶりをします。上昇志向もあるので管理職やさらにその上のポジションを目指すこともあります。

トラブルやアクシデントといった事態に対応するのはやや苦手です。さらに、仕事の内容が多岐にわたり、異動や転勤を伴うような職場ではストレスを抱えやすいかも。自分の苦手とする仕事を任されると、ストレスから現実逃避してしまうこともあるでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

自分で独立して起業することもあるでしょう。しかし、利益を追求することにこだわってしまうと、仕事・サービスそのものの質が落ちてしまうことも。お金の問題も大切ですが、「自分のサービスを利用してくれる人」を喜ばせることを第一に考えるようにするとうまくいきます。

正義感があり、善悪をハッキリ区別させないと気が済まないタイプです。しかし、ビジネスの世界では白でも黒でもないグレーな部分があり、そういった部分を認めるような寛容さも必要になります。いわゆる「大人の都合」です。

トラブル・アクシデントへの対処はどちらかといえば苦手です。規則やルールを徹底して守り抜こうとするので、これらの事態にうまく対応できない可能性が大です。大人の都合も考慮できるようになると、柔軟性のある融通の利く対応もできるようになります。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

お金に関心が高いこともあって金運には恵まれています。貯金に対する意識が高く、貯金のためなら少々無理な節約もこなします。貯金をする目的が明確であれば目標額に到達するまでのスピードも早いでしょう。ゲーム感覚で楽しみながら貯金をすることもできる人です。

ただし、怪しい儲け話にはすぐに乗ってしまう傾向があるので要注意です。一攫千金を狙ってギャンブルなどに熱くなってしまうこともあります。負けず嫌いな部分を刺激されると、大きな勝負に簡単に乗ってしまうので自制心を忘れずに。

そのまま何も考えずに、相手を信頼してお金を貸すことがありますが、踏み倒される危険性がないかどうか、相手の人柄をよく見てから貸すようにしましょう。

12月31日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月4・22日、2月7・12・25日、3月2・11・29日、4月1・25日、5月9・27日、6月28日、7月18日、8月6・21日、9月5・23日、10月4・13・31日、11月19・21・30日、12月8・11・29日

【仕事・対人関係】

1月6・31日、2月5・29日、3月4・16日、4月3・25日、5月11日、6月19日、月9・25日、8月8・17・23日、9月7・16・21日、10月6・15・30日、11月14・28日、12月15・22日

【ソウルメイト】

1月22・25日、2月2・23日、3月9・22日、4月8日、5月18日、6月16・24日、7月14日、8月12日、9月10日、10月8日、11月5・19日、12月18・30日

12月31日生まれの誕生花と誕生石

  • カンギク
  • マーカサイト

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • アンリ・マティス(画家)
  • アンソニー・ホプキンス(俳優)
  • 林芙美子(作家)
  • 俵万智(歌人)
  • 江口洋介(俳優)