花言葉

菜の花の花言葉や由来|主な意味5パターンまで丸わかり

菜の花の花の特徴や名前の由来

菜の花は食用の花という意味で名づけられた花です。野菜の「菜」ですね。アブラナ科の黄色い花全般を菜の花と呼びますが、観賞用・食用・油の採取用とそれぞれ品種は異なります。咲き始めるのが2月頃からで5月位まで見かけるので、春の花として私たちを楽しい気分にさせてくれる花です。

菜の花の花言葉の意味とその由来とは?

≪色別≫黄色の菜の花の花言葉

菜の花と言えば万人が黄色、と答えるのではないでしょうか。黄色の菜の花の花言葉は「春の到来」です。黄色は春を告げる色。長い冬から目覚めた虫たちが一番に花の蜜を求めるて集まる色なのだそうです。言われてみれば春一番に咲く花は黄色い花が多い気がしますよね。

≪菜の花の花言葉≫故郷

桜とともに春を告げる代表的な花と言えば菜の花です。菜の花には「故郷」という意味の花言葉があります。黄色いじゅうたんのように菜の花が一面に咲く風景は、例え幼い日に目にしていなくても、「帰りたい」と思わせるようなどこかに懐かしさを感じますね。

≪菜の花の花言葉≫快活

「快活」という言葉は、「明るく、外向きで、元気いっぱい」であることを意味します。 菜の花は、原色に近い鮮やかな黄色の花。葉や茎の緑とのコントラストがとても綺麗です。その鮮やかさは、まさに「快活」というイメージです。

≪菜の花の花言葉≫競争

菜の花は群生することが多い花です。たくさんの明るい黄色の花たちが、青い空に向かって競うように咲き誇っているところからこの花言葉が生まれたようです。よきライバルとしてお互いを高め合う、というような意味合いを持っていると言われます。

≪菜の花の花言葉≫財産

財産とは、太陽の光を浴びて黄金色に光り輝く花が、よせ集まった花畑は、ひと際、鮮やかなきらめきを持ち、見ているものが、その豊かさに心が満たされます。また、この色は、お金を導く幸運の色だとされていて、その様なことからイメージされ、付けられたのでしょう。

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「ココロの泉」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST