花言葉

【花言葉辞典】プルメリアの花言葉一覧!色別・怖い意味を解説!

プルメリアの花の特徴や名前の由来

ハワイでは、ハイビスカスと並んで愛されている花、それはプルメリアです。プルメリアは、フランスの植物学者でアメリカ大陸の植物研究を行ったシャルル・プリュミエ”Charles Plumier-1646~1704″に因んで付けられました。英語では”Temple tree(寺院の木)とも呼ばれており、その名の通り、暑さと乾燥に強い熱帯地域の花だす。だから、ハワイでよく見かけるのですね。5枚の花びらからなり、よく見かける白以外にも、黄色、赤、ピンク、オレンジなど色鮮やかにあります。また、プルメリアは優美で甘い香りがすることで有名で、ハワイのホノルル空港を出てれば、甘い香りがお出迎えしてくれます。

プルメリアの花言葉の意味とその由来とは?

≪プルメリアの花言葉≫気品

皆さんプルメリアという花をご存知ですか。ハワイを代表すような花で、ハイビスカスと並び有名です。甘い香りを漂うわせる花。プルメリアの花言葉の一つに、気品があります。優美な姿の花からは、気品あふれる雅で甘い香りがし、ハワイのホノルル空港を出れば甘い香りがします。花言葉の”気品”はその上品な香りから由来するといわれています。。気品を身に着けるというのは、一つの大人の香りを漂わせるということかもしれません。

≪プルメリアの花言葉≫恵まれた人

プルメリアのもつ、豊潤で甘い香りが「恵まれた人」を連想させます。その香りは、アロマオイルや石けんなど、多くの化粧品などに用いられ、人々を幸福な気持ちにさせてくれます。また、太陽の恵みをいっぱい浴びて育つ様子からも「恵まれた人」という花言葉をイメージできます。

≪プルメリアの花言葉≫陽だまり

プルメリアは、ハワイなどの温かい気候のもとで、太陽の光をいっぱいに浴びて咲きます。そんなプルメリアが美しく咲きほこり、明るく輝いて見えるところから「陽だまり」という花言葉がピッタリ似合います。太陽の似合う花とも言えます。

≪プルメリアの花言葉≫内気な乙女

プルメリアは、その花弁の美しさと上品さから、清楚な乙女を連想させる花です。ハワイでフラダンスをする女性が耳元に飾りとしてつける花であり、その女性がつけたさまは、まさに「内気な乙女」という印象を持ちます。

≪プルメリアの花言葉≫輝いている

ハワイの代表的な花であるプルメリアの花。フラダンサーの色気のある健康的な肌によく映えます。甘い香りの際立つ花は「輝いている」という言葉がぴったりですね。太陽の下で、匂い立つ美しさを楽しませてもらえます。

≪色別≫白・黄色・・ピンク・赤色のプルメリアの花言葉

プルメリアは、白や赤、黄色の花を咲かせます。5枚の花びらが少しずつ重なり、丸みのある可愛らしい花です。ハワイのレイは、プルメリアで作られます。東南アジアでは、神に捧げられる神聖な花でもあります。プルメリアは、フランス人修道士で植物学者でもあったプリュミエを記念して名付けられました。和名は、インドソケイ。16世紀のイタリアの公爵が、プルメリアの香りのする香水を作ったことから、英名ではこの公爵の名前からフラギパニと名付けられました。プルメリアの花は、夜になると、花粉を運ぶガを呼び寄せるほど、香りが強くなります。プルメリアの花言葉は、「めぐまれた人」です。

合わせて読みたい