誕生日占い

【誕生日占い大全】8月7日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは8月7日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

8月7日生まれの人は「ポジティブな思考や夢をひらめきの原動力とする職人」です。情熱と楽観的な思考であらゆることを成し遂げ、自分自身のスタイルを貫く頑固職人な一面もあります。強いこだわりを持って自分自身のペースで物事を押し進めようとするでしょう。一度夢中になると周囲の意見を聞き入れない頑固者タイプ。

生まれた日である7という数字に「完全な調和と完了」の意味が、生まれ月の8に「無限大と情熱」が含まれていて、これが混じり合うことで自分の活動スタイルや作り上げるものへのこだわりや情熱が一層強まります。

子どものころから精神的に自立していて、大人びた雰囲気を持ているあなたは人に干渉されることを嫌い、集団行動よりも単独行動を好む傾向があります。何事も完璧にこなそうと努力するタイプで、頑張っているところを人に見られるのが嫌いなので、陰でこっそりと努力するでしょう。

自分のペースでコツコツと完璧を目指して最後までやり遂げる力を持っていて、自分の情熱を作品にこめることができる能力も持っています。客観的に分析したり、鋭い観察眼を使って物事を見極めたり、冷静に判断することができるのでとても安定した人生を歩むことができます。

細かいところにこだわりつつ、自分自身の信念を貫き、活力に満ちた実行力や行動力を持っていて、負けず嫌いなところがあるのは8月生まれの特徴でもあります。自信とプライドを持って生きているため、自らの意見やアイデアが受け入れられないと不満を抱いたり、時には感情的になってしまったりすることも。

あまりにネガティブな感情をため込みすぎると、ある時爆発してしまうので、適度にリフレッシュしたり、自分の本心をため込まずにこまめに出したりしていくことを心がけましょう。

支配星である「いて座」の影響で恵まれない人に救いの手を差し伸べることができ、素直で正義感の強いところがあります。しかし自らの正義を相手に押し付けてしまう傲慢な部分は考えものです。

15才以降に太陽がおとめ座に位置し、日常生活の中で現実的なものの考え方をするようになります。過去の出来事を分析し、人生をやり直すことができたらどれだけ良いだろうという思いが湧いてくるようにもなるでしょう。この考えは太陽がてんびん座に移る45才まで続きます。そして転換期を迎えると創造的なこと、人間関係のハーモニーを重視するようになります。

8月7日生まれの隠れた本質や使命

思いやりのある性格で自信も備えているため、周りの人に頼られることが多い人です。人にアドバイスすることが得意ですが、自分がいざ実践となると苦手意識が付きまといます。創造する力と直感に優れたあなたは、自分を表現したいという欲望が強い傾向があります。その自己表現を通じて自信を持つようになり、人間関係の不満や失望の良き発散方法になります。

あなたには「職人のようなこだわりを持って人生で出会う人々に対し無償の愛を与え続ける」という使命があります。見返りを求めずに与えることで喜びを感じる愛の人です。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

7月生まれのあなたは分析をするのが得意な一方、自己中心的な態度を取ってしまったり、批判的になってしまったりするので注意が必要です。自己鍛錬に励むことを常に心がけるので、情報収集を積極的に行うためにも読書を楽しむ傾向があります。

宗教に関心を持つこともあり、それらの学びから人生の運を大きく引き上げていくこともできますが、地に足付かないことになると現実世界と精神世界との調和が取れなくなるため要注意です。

人の意見をしっかりと聞き入れる謙虚さが大切になってきます。人間関係を良好なものに保つためにも、自分の信仰心を大切にしつつ、相手の信じるものや意見も積極的に聞き入れることをおすすめします。それを取り入れるか取り入れないかはあなたの自由なのです。

8月7日生まれの恋愛時の資質や注意点

落ち着きのある大人びた雰囲気が魅力のあなたは、恋愛でも自立しており、自分の理想とする恋愛のためにパートナー選びも妥協せず、理想の相手を探し求めるタイプです。

情熱的な部分がある一方で寂しがり屋なところもあります。普段はしっかり者のあなたが見せる弱い一面に相手の心がくすぐられることでしょう。内省的で直感的なところもあり、温かい性格や愛情を上手く表現できるのでとても人気者です。

天性の包容力を持っているため、周囲の人々はあなたのエネルギーを求めてやってくるでしょう。多くの人と接する機会があるため、相手の本心を見抜く目を養うことが必要になってきます。あまりに与えすぎていると疲れてしまうため注意が必要です。

あなたは恋愛に対してとても理想が高く、パートナーも自分と同じように奉仕の精神が旺盛で愛情深い人でなければ幻滅してしまうこともあります。

結婚して夫婦関係になったあとも、お互いが同じように自立して、平等に与えたり与えられたりすることを望むタイプです。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

その場にいるだけで魅力を放つようなあなたは、特に努力しなくても恋愛のパートナーに恵まれるような運の持ち主です。逆に恋人を得ようと躍起になると上手くいかなくなることが多いでしょう。

がむしゃらに行動するよりも、恋人が引き寄せられるまで余裕をもって待つ方が向いています。今この瞬間を楽しむことであなたの魅力は更に上がり、理想の相手から寄ってくるようになるでしょう。自分が楽しめること、好きなことを実践しつつ、引き寄せの法則を学ぶことをおすすめします。

現実的に自分を磨きつつ、精神面も磨いていくことでより素敵な恋愛を体験することができるようになるのです。

8月7日生まれの仕事の資質や適性、注意点

いくつになっても情熱をもって打ち込める仕事を見つけると人生がより素晴らしいものになります。自立する能力に長けているあなたは、自分のペースで働くことができる環境が合っています。

仕事に対する熱い思いと職人のようなこだわりが強いので、自分が選んだ仕事はどこまでも追求していくプライドと技術力を兼ね備え、あなたの右に出るものはいなくなるでしょう。ただし、調子に乗り過ぎると反感を買うため注意が必要です。

仕事での成功体験や評価が自分の人生に豊かさをもたらすことを知っているので、努力を惜しまないタイプです。そんなあなたには宣伝や販売など、人に関わる仕事が向いています。

また、生まれ持った演技力を活かせる演劇やエンターテイメントの分野で才能を発揮することができます。優れた組織力と頭脳を活かすことで大きなビジネスで成功を収めることができる人です。

宗教に興味を持ち、真理を求めるあなたは法曹界も向いています。どのような職を選択しても持ち前の才能を活かして開花していくことができるでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

現実的に物事を考え、何事も真面目に取り組むあなたは控えめながらもカリスマ的な魅力を持っています。芸術的なセンスもあるため、あらゆる才能を上手く活かせるようになると仕事運が徐々に上がってくるでしょう。

忍耐力を身につけ、何事もポジティブ思考で仕事に勤しむことで目的を次々と達成し、やがて夢を叶えるまでに成長します。何か失敗して無気力になったとしても、しっかりと休み少しでも意識をポジティブな方向に向けることで解決へと導かれていきます。

心理学を学び、意識を常にポジティブに保つ努力をすると良いでしょう。ここでは現実的なことと精神的なことのバランスが大事になってきます。学んで満足して終わるのではなく、しっかりと実践するようにしましょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

あなたが金銭や名誉にこだわりすぎると、ネガティブな感情を抱く傾向があり、それが成功やお金を逃してしまうことになるので、ここでもポジティブな思考や楽観的な考えが大切になります。

お金のことに意識を向けすぎないように気を付けつつ、目の前の仕事に集中することが金運アップに結び付くことを知っておいてください。

また、大きな借金をすることは滅多にありませんが、お金にルーズなところがあるので、お金の管理法を学ぶことをおすすめします。自分で管理する自信がない時は、信頼できるパートナーや家族、専門家に相談してみると良いでしょう。

お金に対して常に感謝の気持ちを持ち、自分のために使うことも大切ですが、時には他人のために使うことも大切です。

8月7日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月17・26日、2月7・16・25日、3月15・24日、4月5・14・23日、5月22・31日、6月3・21・30日、7月20・29日、8月1・19・28日、9月18・27日、10月17・26日、11月7・16・25日、12月15・24日

【仕事・対人関係】

1月5・14・23日、2月13・22日、3月12・30日、4月11・29日、5月10・28日、6月9・18・27日、7月8・17・26日、8月16・25日、9月15・24日、10月14・23日、11月4・13・22日、12月3・12・21日

【ソウルメイト】

1月11・16・31日、2月9・29日、3月7・27日、4月5・22・25日、5月3・23・27日、6月1・21・26日、7月19日、8月17日、9月15日、10月13・25日、11月11日、12月9・11日

8月7日生まれの誕生花と誕生石

  • ヒマワリ
  • イエロー・アパタイト

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • 梶原雄太(お笑い芸人・キングコング)
  • 高橋信二(プロ野球選手)
  • 桑名正博(ミュージシャン・俳優)
  • 司馬遼太郎(小説家・ノンフィクション作家)
  • シャーリーズ・セロン(女優)