誕生日占い

【誕生日占い大全】7月7日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは7月7日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

7月7日生まれの人は「自分流を守り抜く一匹狼」です。他人とはちょっと路線の異なる独特の「自分らしさ」を持っています。人からどう見られようともこのスタイルを崩しません。集団行動の苦手な一匹狼ですが、人から離れたところにいることも独自の世界観を保つために必要なのかもしれません。

冷静で落ち着いた雰囲気には子供っぽいものを感じさせません。そのため、周囲からは自立した大人として一目置かれます。一見近寄りがたい雰囲気も醸し出していますが、他の人にはない独自のスタイルや価値観に興味を示されることが多いのも事実です。

しかし、集団から一歩離れたところにいることもあって、他人の言動などをしっかり分析しているような一面もあります。必要最低限の人づき合いになりますが、そういった人間観察をして自分と気が合う人を選んで付き合います。いろいろと干渉してくるような人は避ける傾向があります。

感受性が高く、直感力に優れています。他人には気が付かないような部分にもすぐに気が付き、あわや大惨事という展開を防ぐようなこともあるでしょう。

自分の心の内を表に出すことはまずありません。感情をあらわにすることに対して抵抗感があることも。他人とのコミュニケーションを苦手に感じるのは、こういった部分にも要因があります。

また独自のスタイル・考え方は人にインパクトを与える個性としてもとらえることができますが、一方では独りよがりな面もあることを忘れてはなりません。自分の考え方が一番正しいと思っていると、後々トラブルの元にもなります。もっと枠を外れた柔軟な思考が必要かもしれません。

敏感な部分もあって、自分に自信がない時には自分が他人からどう思われているかが気になってしまうことがあります。

批判的な意見が自分に向けられるとショックで、自分の殻に引きこもってしまうこともあるでしょう。自分の言動で誰かを不愉快にさせていないかなどと心配になってしまうことも。

こういった背景もあって人とコミュニケーションを取りたがらないこともあります。しかし、こういった壁を取り払うことであなたの視野はさらに広がり、人間的にも深みを増すようになります。

社会的に認められたいという野心的な面も持っていますが、その野心を遂げるためにも人とコミュニケーションをとることは重要です。今以上に社交的になることができれば、あなたのオリジナリティや独自の世界観を一気に広めることも可能です。

7月7日生まれの隠れた本質や使命

あなたの中には他には見ることのできない独特の世界観を持っています。しかし、周囲の人や環境に影響されることでこの世界観が危機を迎えることもあります。周囲の人が押し付ける常識・ルールにとらわれてしまうとせっかくのオリジナリティを否定してしまうことにもつながります。

人の輪の中に常にいる必要はありませんが、時には自分の大切なものを守るために、孤立しない適度な距離を保つことが大切です。あとはオリジナリティを表現するにふさわしい場所を選ぶだけです。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

自分の言った事や行動が、誰かの不評を買っているのでは?と気になってしまうことがあるかもしれません。しかし、自分の言動がすべての人に対して受け入れられるということはほとんどありません。

これはあなた以外の人でもあてはまることです。全員に好かれるということ自体が無理な事なので、自分の言動に対してあまり神経質になりすぎないことです。

誰かに誤解されることも恐れています。しかしこれらの問題は、コミュニケーション能力を磨くことでおおよそは解決します。1人でいることも時には大切ですが、人とのコミュニケーションをとることも積極的にトライしてみましょう。あなたの視野が広がることで、人生におけるチャンスをよりとらえやすくなります。

7月7日生まれの恋愛時の資質や注意点

クールな大人の雰囲気、どことなく影も感じる独特の雰囲気が人を惹きつけます。人の輪の中から少し離れたところにいることもあって、あなたに好意を寄せる相手がいても少々アタックしづらいかもしれません。

本人はいつも一人でいることを選びますが、内心では少し寂しい思いをしていることがあります。だからといって自分のプライベートな部分に他人が足を踏み入れることを嫌います。そういった複雑な心境を理解してくれる人を選ぶことが多いようです。

相手とは少し距離がある方がうまくいくようです。依存心の強い、寂しがり屋・甘えん坊は向いていません。心の広い自立している人であれば関係は長続きするでしょう。相手が浮気しているのではないかと疑う時には、相手の行動を制限することもあるかもしれません。

そういった意味では結婚相手選びは慎重になるべきでしょう。結婚後は周囲の人がうらやむような家庭環境を作ろうとします。しかし、自由を好む性格と、秘密主義なところが相手の不信感を買うこともあります。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

意中の人に対しては一途、特定の相手に落ち着いてからは一心に尽くします。しかし、元来のクールなイメージからあなたの本心が相手に伝わりにくい面もあります。相手とコミュニケーションをとるということをこれまで以上に意識するようにしましょう。

喜怒哀楽をある程度表に出すことで、相手にも自分の気持ちを伝えることができるようになります。でも、ネガティブな感情を爆発させるのだけはNGです。

自分のペースを守りたいタイプですが、結婚はお互いが歩み寄る姿勢がなければ成り立ちません。自分のこだわりやライフスタイルを維持したいでしょうが、ある程度譲歩することも必要です。さらに、自分の自由を認めてもらいたいなら、相手の自由も認めるようにしましょう。

7月7日生まれの仕事の資質や適性、注意点

集団の中にいるよりも、自分ひとりで行動することを好むので、そういった一匹狼の存在を受け入れてくれるような環境の職場が理想です。仕事以外の時間でも常に人と行動を共にするような空気の職場では息が詰まってしまいます。

かといって人との交流を嫌うのかと思えばそうでもありません。細かい配慮・気配りなどもでき、口数も少なく秘密を守るので人から信頼されます。任せた仕事も完璧なまでに仕上げるので、目上の人間からの評価も高いでしょう。とりわけ自分のペースで進められる仕事を好みます。

感情的になることは稀なので喜怒哀楽で周囲の人を振り回すようなこともないでしょう。

そうはいっても人からあれこれと命令されることが嫌なので、逆に命令する立場のリーダー・管理職を目指すこともあります。野心的な一面もあるので、出世コースにいることも。

仕事をしていく上で、もっと自分のこだわりを表現したいと考えるようになったら、独立を選ぶこともあるでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

集団行動が苦手ということもあって、会社組織で勤めていても自営やフリーランスに転向する人も少なくないでしょう。会社組織のように定年を気にすることなく、自分が年を重ねてもずっと続けられる仕事を選ぶと将来的にも安心できます。今は勤め人だけどゆくゆくは…と考えているなら、今からでもその準備をしておくことが大切です。

独立すれば人に縛られることもなく、命令されることもありません。しかし、自由であることには常に責任が付きまといます。また、経済的にも不安定な要素が大きくなります。収益性が見込めるのかどうかにも注意すべきです。

会社組織で働くことを選ぶのであれば、周囲の人との協調性を意識しましょう。気持ちに余裕を持って臨機応変に対応できるスキルが身につけば、より仕事の幅も増えるでしょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

お金に対する関心はあまり高くありません。そのため無駄遣いしているという感覚や、貯金に励むといったことにあまり意識が向きません。収入が少ないことが、経済的に豊かになれない原因だと考える傾向があります。お金が無くなったらまた働けばいいという考えです。

しかし、その考えではお金のことで今後も苦労します。まずはお金を大切に使うことから始めましょう。そして収入がもっと増えるように自ら努力することが大切です。

また、まとまったお金は信頼できる人に託すことです。お金の使い道についてあれこれと細かい部分にまで干渉されることを嫌います。しかし、大きなお金を払う場合には、自分ひとりで決断するのではなく、必ず誰かにアドバイスを請いましょう。

7月7日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月12・20・30日、2月20日、3月19・29日、4月18・27日、5月9・17・26日、6月7・16日、

7月5・15日、8月6・14日、9月4・13・22日、10月2・21・30日、11月2・20・30日、12月1・11・28日

【仕事・対人関係】

1月22・28日、2月26日、3月24・29日、4月1・9・28日、5月9・18日、6月8・18日、7月7・16日、8月6・14・24日、9月5・12・23日、10月4・13・29日、11月8・12・30日、12月2・20・25日

【ソウルメイト】

1月2・9・16日、3月29日、4月27日、5月25・30日、6月11・13・23日、7月1・21日、8月19日、9月17日、10月15日、11月13日、12月11・25日

7月7日生まれの誕生花と誕生石

  • ヒオウギ
  • スター・ローズクォーツ

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • グスタフ・マーラー(作曲家)
  • マルク・シャガール(画家)
  • ピエール・カルダン(デザイナー)
  • 堤真一(俳優)
  • MISIA(歌手)