恋が叶うおまじない

【簡単・超強力】寝る前に行う恋が叶うおまじない!一目でわかる恋愛成就のポイント付き

寝る前に行う恋が叶うおまじないの方法

寝る前に行うと良いとされる、恋のかなうおまじないがあります。

そのおまじないの方法を、大まかにまとめると・・・

“”①枕に好きな人の名前を書く
②その上に自分の名前を書く
③上記を3回繰り返す””

・・・というものです。

しかし、このおまじないには手順以外にも
忘れてはならない大切なポイントがいくつかありますので
この後は、それらの点について触れていきましょう。

寝る前に行う恋が叶うおまじないのポイント

寝る前に行うと良い、恋が叶うおまじないのポイントは
全部で4つあります。

それは、おまじないを行う時に
枕やその柄、向きや色なども、とても大切だという事です。

おまじないを手順通り行う以外にも
これら全てのポイントにしっかり気をつけなければ
せっかくのおまじないも効果が薄くなってしまいます。

それでは4つのポイントを
具体的に、一つ一つ説明していきたいと思います。

≪枕≫洗濯してキレイした後で行う

それではまず、おまじないに大切な4つのポイントのうちの1つ目です。

それは「枕はこまめに洗濯して、綺麗な状態で
おまじないを行う」という事です。

きれいな枕を使わないと、良い運気の流れが乱れて
せっかくのおまじないも、効果が落ちてしまいます。

おまじないを行う前に、まず枕がきれいかどうか
チェックしてみましょう。

≪枕の柄≫花柄は二人の距離を縮める

次に大事なのは枕の絵柄、模様です。
恋が叶うおまじないのパワーを高める枕の絵柄は、主に3つあります。

そのうち、まず1つ目は「花柄」です。

お花が描かれた枕には
「愛」や「美しさ」のエネルギーが秘められており、
二人の距離を縮める効果があります。

また、お花の絵柄は大きければ大きいほど、その効果も大きくなります。

≪枕の柄≫リボンの柄は縁を結ぶ

恋が叶うおまじないを行う際に、とても大事な枕の絵柄3種類のうち
2つ目は「リボン」の絵柄です。

リボンとは、何かを“結ぶ”ものです。

つまりリボンの絵柄が描かれた枕には
好きな人との縁や絆などを結んでくれるエネルギーが込められています。

それらのエネルギーがお互いに合わせられる事によって
おまじないの効果は更に高まるのです。

≪枕の柄≫ハートマークは出会いを引き寄せる

恋を叶えてくれるおまじないに大切な枕の絵柄3種類、
その3つ目は「ハート」の絵柄です。

ハートの形は古来から生命や幸福、愛情の象徴であり、
恋愛運を高めるエネルギーが秘められています。

ハートの形をしたものを身に着けているだけでも
良い出会いを引き寄せる運気が上がる、と言われています。

これら「花柄」、「リボン」、「ハート」の絵が描かれた
枕を使えば、眠っている間にも良いエネルギーが体内に取り込まれ
恋愛運は更に上昇するでしょう。

≪枕の向き≫南東がベスト!緑や青と相性◎

恋を叶えるおまじないを行う際に大切なポイント、
「清潔」、そして「3種類の絵柄」の次は「方角」です。

枕は南東の方向に向けるのがベストです。

何故なら、南東は恋愛運や結婚運をつかさどる方位だからです。

そして特に、緑色や青色との相性が良いです。

南東方向のカーテンなどを青色に変えてみるのも良いでしょうし、
緑色のものは、例えば観葉植物などを置いてみるのも良いかもしれません。

≪枕の色≫ピンク色の枕は恋愛運をUPさせる

眠る前に恋を叶えるおまじないをする時、
「清潔」、「3種類の絵柄」、そして「方角」と同じぐらい
大切なのが「枕の色」です。

枕の色は「ピンク色」にするのが良いでしょう。

ピンク色は女性らしさや恋愛を象徴するイメージの色、というだけでなく
身近なもの、身に着けるものに取り入れるだけでも
恋愛の運気をアップしてくれる色です。

合わせて読みたい