恋が叶うおまじない

【簡単・超強力】文房具を使った<恋が叶う>おまじない!一目でわかるポイント付き!

文房具を使った恋が叶うおまじないの方法

シャーペンに好きな人の名前の文字数の芯を入れます。
例)ヒロシ ならば 3本
入れた芯を誰にも触らせることなく使いきれたら、恋が成就するでしょう。

おまじないをする際の注意点としては、使うシャーペンは、文字数の芯を入れる前は、必ず芯が入っていない空の状態にしておくこと。
その芯を使い切るまで、シャーペンを誰にも触れさせないようにすることです。

文房具を使った恋が叶うおまじないのポイント

シャーペンに好きな人の名前の文字数だけシャープ芯を入れます。
そしてそのシャーペンを他の人に触れさせることなく、
自分だけで入れた芯を最後まで使い切りましょう。
その時、おまじないをしていることを誰かに知られないように。
また、その時に入れるシャープ芯は赤色がおすすめです。
情熱的な色を使うことにより、さらなる効果UPが期待できるでしょう。

シャーペンを他の人に触らせない

このおまじないを実行している間は、他の人に触らせてはいけません。シャープペンシルを貸したり、思いがけず使われてしまったりすると最初からやり直しになってしまうので気をつけましょう。職場や学校で、このようなシチュエーションが想定できる場合には、時間はかかりますが自宅だけで使用するシャープペンシルを使って、行うのがおすすめです。

おまじないをしていることを話してはいけない

おまじないをしていることを他の誰にも話してはいけません。好きな人の名前の文字数ですと、5~6本もしくはそれ以上の本数の芯を入れることになると思います。学校などで使っているシャーペンだと「ちょっと貸して」と言われたりして誰にも触れられずに全部を使い切るのは少し大変かもしれません。しかしだからといって、他の人に使われないようにと、おまじないをしていることを話ししてはいけません。

ピンク色のシャーペンを使うのがおすすめ

文房具で恋が叶う「おまじない」のひとつです。シャーペンに好きな人の名前の文字数の芯を入れて、誰にも触れられずに使い切る、というものです。恋愛運をアップさせる色であるピンク、特にパステル系の淡いピンクのシャーペンを使うのがおすすめです。願い事を叶えるためには、「ピンクのシャーペン」を「誰にも触れられずに使い切る」をしっかり守りましょう。

更なる効果UPのおまじない

自分の名前と気になる相手の名前の文字数分だけ、シャープペンシルをノックして芯を出します。そのままの状態でハートマークを描き、マークの中を綺麗に塗りつぶせたら効果がアップします。塗りつぶしている間は、シャープペンシルの芯を折ってはいけません。芯はかなり長い状態なので、折れないよう丁寧に慎重に塗りつぶす必要があります。

合わせて読みたい